ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

ブラックキャビア

blackcaviar-inspired.png
雨で、しかも、道悪だったら、絶対に走らせない。
と、調教師のピーター・ムーディーは言い切った。
しかし、ずっと雨続きだったシドニーは、
今週になっていい天気が続いていて、
土曜日もどうやら、とてもいい天気だという。
新装成った四度イーのランドイック競馬場で、
ブラックキャビアが、無敗で、25戦目に挑む。


ブラックキャビアは、2006年の8月18日生まれ。ビクトリア州の
ナガンビーというところにある、ジルガイファームで生まれました。
その後、近くにある、スエットナムファームに移り、
イヤリングセールのための馴致をされて、それから、
イングリス社のメルボルンのセリ、プレミアセールに出されています。
価格は、わずか?21万ドル。
そして、お聞き及びかも知れませんが、
先日、シドニーで開催されたイングリス社のイースターイヤリングセールで
ブラックキャビアの半弟が、500万ドル。今の為替で言うと、5億円を越える
価格で取引されました。139165-yearling-sale.jpg

なんというか。ううむ。と言うしかありません。
バイヤーはBC3.
かつて、私が、日本のセリに連れて行ったことがあるグループです。

もっとも、私が日本に連れていったグループには、
パティナックファームもあり、彼らは先日
バンクラプトしました。300億ぐらい使って、
ダーレーやクールモアに負けないブリーダーに
なるって言っていたのですが.............
願わくば、BC3は成功しますように。


イヤリングを500万ドル。
5億円で購入。
牡馬のまま走らせて、
2歳で、重賞勝たせて、うまくいけば、
3歳まで競馬して、
種牡馬になる。
そんなシナリオなのでしょうが。
シナリオどうりに行くのかどうか。


今日、去年イヤリングセールで100万ドル以上で落札された
ブラックキャビアの半妹のいる厩舎で働くJINさんは、そうですねえ。
やっぱり、気を使いますよね。今回の馬はうちの厩舎に
入るのかどうか分かりませんが、きたら、かなり神経使いますね。
当然ですよね。


ブラックキャビアについては、
シドニーの後、
もしかして、英国に行って、
再度G1に挑戦して、南半球時間で
フランケルの種付け等とも言われているし、
来年まで、引き続き、記録を書きなおし続けるという
話もあるし。


いずれにしても、強い馬が出るのは、競馬にとって
とてもいいことですよね。
最近は、あまり競馬に関わっていない私でも、
ブラックキャビアのことを考えるとどきどきします。
そうそう、今回の弟のこともありますが、
その兄の、オールツーハードが、今3歳で、
先日、重賞レースを2勝しました。
ブラックキャビアファミリー。
マーチャンダイズが出たり、本が出たり、
メディアにも追いかけられて、暫くは、
フィーバーが続きそうです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://marikodog.blog85.fc2.com/tb.php/1226-b2854161
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad