ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

サイバーゾンビ

article-0-14E2BF81000005DC-78_306x423.jpg
サイバーゾンビって、知っていましたか?
いえ、私も今日知ったんです。
実は、今日は、素晴らしくいい天気で、
日本から来たまことさんとあってきました。
まことさんは、私が昨年開いた
「ハイランド真理子の人生が変わる英語教室」で
知り合いました。
彼は、「あの教室で何を教えてもらったか、
覚えていないのですが、楽しかった」って言ってくれて、
その教室のあと、参加者たちと行ったカラオーキ(
カラオケのこと)で、「真理子さんの息子にしてくださーい」
って言ったので、「はーい」と、日本に数いる息子の1人にしたのです。


そのまことさんが、「急にオーストラリアに行くことになりました」
なんて、フェースブックのメッセージを送ってきて、
「いつなのよ」と聞くと、時間的には、今日しかない。
って感じで、今日、会いました。
シドニーのハーバーブリッジを渡って、電車のノースシドニー駅で
待ち合わせ。
私は、今朝、主人と一緒に彼の仕事場に、バスと徒歩で行って、
それから、電車に乗り、彼の待つ、ノースシドニーに行ったのでした。


電車の中には、4,5人の若者達が座っていました。それぞれが、
スマホしている。まあ、日本と同じかな、と思いましたが。
それにしても、昔なら、電車の中で.....
あの娘ちょっとイカスじゃないの。まっ、彼、素敵。
なんて、愛の目線が行き交っていたと思うのですが、
これじゃまあ。目線はスマホ。恋も生まれなーい。


なんて、思っていたら、先述のまことさんを連れて行った
ブルースポイントの岬でのこと。
オペラハウスと、ハーバーブリッジが目の前。
青い空と、青い海。
緑の芝生。
若い二人が、ごろごろと、絡み合って..............
いや、まあ、いいな、若いというのは。
なんて、観て?いたら、な、なんと。
二人の手に、スマホがあるのに気がついたのです。
そんなことがあっていいののだろうか。
抱き合う二人にスマホ。
いいわけがない。
レストランで向かい合わせに座って、お互いに
スマホし合っている若いカップルみますけれど。


この前は、この写真のように
若いお母さんが、歩きながらスマホしているの見ました。
というか、彼女は、道路の真ん中で立っていた。
子供の1人はベビーカー。
もう1人は、3歳ぐらいの女の子。
女の子は、木に向って、歌うように話をしていて、
時々、お母さんを見て、
「ねえ、お母さん」と話しかけるのですが、
お母さんは、彼女を見ないのです。
見ないで何か見ている。あ、スマホ。
信じられますか。
でも、こういう光景。不思議じゃない。何度も見かけます。
おまけに、ノースシドニーからの帰り、
荷物が重いので、タクシーに乗ったら、
アジア系の運転手が、スマホでメッセージ送っている。
おおこわ。
運転しながらテキスト。
あまりひどければ、一言いうつもりだったけれど、
彼は突然、止めました。止めた理由はひとつ。
私が、話しかけたから。話しかけたら、彼、別に
いい人じゃないの。


こうした、スマホにコントロールされている人々を、
サイバーゾンビと呼ぶ人もいるようです。
スマホにコントロールされて、
それなしには生きていけない人間達。
サイバーゾンビ。
オーストラリアのあるシングルマザーは、そのために、
恋人とも別れそうになったり、子供との関係も
壊れかけてしまったと告白します。
................
スマホが出来る前のアデレードでの話です。
川岸を、携帯で話しながらベビーカーを押していた
お母さん。うっかり、ベビーカーから手を離してしまい、
ベビーカーは、川に。赤ちゃんは死んでしまいました。
お母さん達。お願いです。
携帯しながら、ベビーカーを押さないでください。
ましてや、自転車等に乗らないでください。
日本でも、たくさん、自転車乗りながらスマホしている人たち
みました。


スマホ、便利なの、分かっています。
私も、使いますから。
とりわけ、日本出張の時には。
電車の中でメールチェックできるし、便利です。
.........
でも、最近。できるだけ、出先でメールチェックしないようにしました。
だって、つい。しちゃうから。
ついっていうのは、つまり、しなくてもいいのに、するということですよね。
...........
さっきの話に戻ります。
抱き合っている二人の恋人達、
携帯を手に抱き合っていた恋人達。
もしかして、今の若い人たちって、ベッドインする時にも、
スマホ持っているのかも知れない.......って思いました。
怖い話しだ。
あなたも、サイバーゾンビにならないで。
私も気をつけます。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://marikodog.blog85.fc2.com/tb.php/1219-b5ae7f0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad