ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

オーストラリアのVISA について

明日、私は、オーストラリアの移民局に行ってきます。
1984年にこの国に入国を許されてから、
五年に一度ずつこの永住ビザの更新にいきます。
というか、永住ビザはきれないのですが、
国を出たり入ったりするための
リエントリービザを更新するのです。

ああ、また5年経ったなって、
いつも思います。
84年、誰も知らずに、
娘と二人でやってきたオーストラリア。
もうかれこれ30年経つのです。
この国に住まわせてもらって、
本当にありがたい。
30年間、幸せだったもの。
主人にも会えたし。
娘もできたし。
友達もできたし。

まあ、だまされたり、
うらぎられたり、
色々ありますが。
まあ、そんなことがあって、
それを何とか乗り越えたからこそ、
今の幸せがあるのだとすれば、
だました人にも感謝し(ちょっと難しいけれど)
だまされこともありがたく思い(それも、ちょっと)
...........
だからこそ、今の幸せがあると
思うことにしようと、
思っているのです。

アルゼンチンで、ヴィザを申請した時のこと。
「そうですか。ところで、ヴィザを貰って
オーストラリアに行くとすれば、
いくらお金を持っていくのですか?」
上の娘の父親は、
外交官で金を持っていたのに、
大変けちな男で、全く私に、養育費を払うつもりは
ありませんでした。だから、私は、
移民官に、
「ゼロ」と答えました。
と、移民官は、椅子を転げ落ちそうになるほど
驚いて、
「僕は20年ほど移民官をしていますが、
ゼロと言った人はあなたが初めてです」。
しまったと思いましたが、
それ以上いいようがありません。

移民官は、それから1週間後に、
永住ビザを私にくれました。
私は、「一生懸命働いて、
お国のバーデン(負担)にはなりません」と
答えました。
それから、二年後、
私は会社を創り、人を雇い始め、
オーストラリアのために
自分のためにがんばったのでした。

ビザを更新するたびに
私は初心に戻ります。
オーストラリア、ありがとう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://marikodog.blog85.fc2.com/tb.php/1196-f21e309b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad