ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

シニア世代こそネット!

うちの主人は、私が散歩している時には
鍵を持っていかなくてもいいように、玄関のドアを開けているのですが、
そしたら、隣のお婆ちゃんが、そのドアから、
何も言わずに家に入ってきたらしいのです。
台所で仕事している主人、
驚いた!って。
そうでしょう。当たり前。
気がついたら誰かが傍に立っているのですから。

彼女は、
私1人で寂しい。話す相手もいない。
と主人に訴え、
一緒に、ウイスキー飲まない?って
言ったそうなのです。
えええ。若い子だったら、これやばい。
でも彼女は、75歳かな。78歳かな。
何年か前に、彼女の年齢を、
少し多めに言ったら
「私って、そんなに年取って見える?」
って詰め寄られたから。
よくわかんないけれど。まあ80歳近い幾つか。


さて、主人が、ウイスキーはないって言ったら、
だったら私、家に置いてあるからって
自分の家に戻って
持ってきたらしい。
主人が、お茶にしましょうよと、お茶を出したら
それも飲んで、
先日観音山の6代目が持ってきてくれた
観音山のイチジク入りブランディーケーキを
ペロリ。(私が残して自分で食べるつもりだったのに!)
美味しいって食べて、
残りも持っていったという。
彼女と二人きりで、1時間半だよ。
まあ、人助けだといえばいいけれど。
主人は苦笑い。でも、これからは
必ず鍵をかけるって。


寂しい?
分かります。でも、彼女はご主人を失くしてから
もう20年以上も経っているのです。
そろそろ自分で生きる道もみつかなくては。
でしょう。
寂しくない人なんていない。
実際は。
彼女を、隣人達が映画に誘っても、
私、映画嫌いって断る。
TVも嫌いなの。
本もあまり読まない。
はあ。それはいいけれど。
誰かと話すと、自分のことだけ話して
開いてのことを聞かない(私も反省)らしい。
彼女は、自分はアーチストだと言っている。
確かに絵を描く。
でも、寂しい。
だったら、繋がればいい。
なのに、シニアが集まる場所は、
年寄りばかりだからと言って行かない。
年寄りばかり?何を言っているの。
かといって、若い人たちのところにも行かない。
だって、若い人が何を好きなのか分からないし。

寂しいよ。


だったら、ネットすればいい。
チャットすればいいのよ。
毎日新しいことしたり、考えたり、
それをネットで発表して、人と繋がればいい。
私は、長い間、寂しい人を可哀想だと思ってきました。
でも、それは、最近、寂しい人の中には、
自分を自分で寂しい人にしている
人が多いと気がつきました。
シニアこそ、ネットで繋がればいい。
繋がって、それを、今度は実際の繋がりにすればいい。
この前、100歳で、日野原先生が、フェースブックを
始められました。
年寄りこそ、フェースブック、ピッタリです。
私のお友達の皆さん。フェースブックして下さい。


そういえば、最近、「私できるかしら」といいながら
始めたMIEKOさん。主人がなぜ、夜コンピューターに向っているか
分かりましたって。そして、彼女の息子は
「そういえば、お母さん。夜1時頃までフェースブックやっている
ことありますよ」って。そして、そのMEIKOさんは、
先日そのフェースブックだちのSATORUさんに、仙台で
会ってきました。バーチャルからリアリティーに。
それが、ネットで繋がるということなんですネット。
ところで、MIEKOさんは、寂しい人ではありません、念のために。
年もあまり私と変わりません。だから、まだ青春真っ盛りです。念のために。
スポンサーサイト

コメント

夫のお祖母ちゃんも2人目の旦那さんを数年前に亡くして以来「寂しい」とか、電話で喋ってるとすぐ泣いちゃうとかあるようで、かといって「どこにも行きたくない」だのいろいろ文句も言ってます(汗)

おかげでお祖母ちゃんと話したがる家族は私の夫くらいなんですけど、たしかに出かけるのが億劫で家に居るのが好きなんならネットはいいですよね!

私もブログ書いて文章を考えてるうちに 頭を使ってるような気がします。ボケ防止にも役立ちますよね、きっと。

boke?

ははは。みねちゃんは、まだBOKEには早いでしょう。でも、指を使うって、つまりキーボードは脳と繋がっているから、いずれにしても、誰にとってもいいのじゃないかしら。

  • 2012/09/14(金) 23:46:30 |
  • URL |
  • MARIKO #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://marikodog.blog85.fc2.com/tb.php/1187-f1a2bea0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad