ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

悪い予感というのはないのです。

悪い予感がよく当たるっていいますよね。
私も、去年は、台所の棚から落ちる。
庭のベランダのステップから滑る。
そして、先週は、取材してきた写真が入っている
カメラのSDカードを失くす。
昨日は、見つかったけれど、別なカメラを失くす。
実は、全てに、悪い予感がありました。


悪い予感。
もしかして、滑るかも知れない。
過程。
予感があったのに、気をつけなかった。
結果
やっぱり滑ってしまった。


悪い予感
小さなSDカード。
失すかもしれない。
過程
きちんと収納しなかった。
結果
失くしてしまった。


良く考えてみると、
危ないと思っていたのに、
それを避けなかったとか
そのための予防をしなかったとか
「不注意」「ニグレクト(放棄」「レーzネス(怠惰)」
の結果だったことが分かります。
ということは、
悪い予感は、
実は良い予感だったのです。
つまり、予感があるときに、
それを悪い予感にするのも、
いい予感にするのも、
実は、自分しだいだったのでした。


でも、SDカードは痛い。
で、どうしたの?
取材先に謝りました。
そしたら、その方、
「そういうことって、誰にでもある」と
許してくれて、再撮影を許してくれました。
ありがとう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://marikodog.blog85.fc2.com/tb.php/1185-0a99ecec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad