ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

日本とオーストラリアの関係

1984年にオーストラリアに移民してから、
そろそろ30年近くなります。
最初の頃は、日本人も少なくて
私は、当時わずかな数の会員が集まっていた
日本人の会に入りました。ずいぶんお世話になりました。
企業の方々が集まる日本人会と言うのも
ありましたが、最初の2年間は、
会社勤めで、企業の方が入る会には
入ることができませんでした。
個人会員というのもあったのですが、
子連れの普通の女性では、
まあ、恐れ多くて。IMG.jpg
この写真は、当時、サウスクージーというところにあった
マイグラントセンターです。派手な格好をしていたのは、
私ぐらいでした。


移民センターには一週間ほどいました。
一週間で出たんです。
何という事を。どうして、そんなに早く出るのだと
センターのオフィサーが驚きました。
当時政府から支給されていた
新移民のためのお金は週90ドル。
移民センターではこの週90ドルで
三食食べることが出来ました。
だから、何年もここに住んでいる人たちが
大勢いたのです。幼稚園も、センターの中にありました。
でも、私はここを1週間で離れました。
金もないのに。。。
ここに長くいたら、何だか外の世界には
ずっと出られないような気がしたのです。


ある日、センターの庭で、スペイン語で
こんなことを聞いてきた人がいました。
「どこから来たんだい」
日本人は、南アメリカのインディオに似ています。
きっと、私をインディオだと思ったのでしょう。
「デ・アルヘンティーナ」「ペロ、ソイ、ハポネーサ」
アルゼンチンから来たのよ、でも、私は日本人。
..........と、その男性がこういいました。
Que suerte! ケ・スエルテ!
なんてラッキーなんだ。


それから、30年近く、私は、この幸運さを満喫してきました。
オーストラリアで日本人と言うと、皆にとても
親切にしてもらいました。日本は、オーストラリアの敵国だったのに。

......
今回、「コーギースタイル」という雑誌の取材で、クインズランドを
歩いた時でした。皆、友達の友達。ほとんど私のことを知らない人たち。
おまけに最後に取材したブリスベンの人は、電話帳から探した人。
その時には、3番目の取材者と
連絡がとれず、急に新しい取材者(犬)を探さなければならなくなって、
ウエッブで検索したリストを頭から電話した結果でした。


リストの最初。
りんりん。
私は、シドニーに住むハイランド真理子です。
長くシドニーにいますが、日本人です。
雑誌の取材で。。。。
すぐに、okがでました。
住所をメールで送ってもらって、
出かけました。
まるで、長い間の友人のように扱ってくれて。
本当に恐れ入りました。
結局3番目の人からも電話があり、
ここもいくことになりました。
息子が日本に行ったことがあるって。
本当に親切にしてもらいました。


実は一番目も、二番目の取材の時に、
日本と日本人が、皆に、親切にしてもらうキーワードだったのです。
一番目の人。お父さんが日本から器械の部品を輸入していたって。
二番目の人。日本人のクライエントがいる会社に勤めている。
..............
知らない人を、家に入れるって、
最近のような物騒な世の中では、
本当に大変です。
だから、こんなに親切にしてもらえるなんて、
本当に有難かった。
これは、ひとえに、日本人だからに違いないと思いました。


日本人が、かつて、世界から尊敬を得ていたことを
思い出しました。
日本人は、礼儀正しく、丁寧で、親切で、正直で、頭がいいって。
日本の技術も素晴らしいって。
オーストラリア人はこれをずっとずっと信じてきているのです。
先日、オーストラリア人で中国で仕事をしている人が
こんなことを言いました。
..........
中国をベースにする日本企業の人と仕事をした時に、
とても、丁寧で、まじめで、親切な中国人に会いました。
彼が、実は日本で教育を受けたと後で知りました。


オーストラリアでは未だに日本語を習っている人たちが
たくさんいます。
日本を素敵な国だと思っている人たちがたくさんいるのです。
この人たちをがっかりさせないように、
日本人も、これまで築きあげてきた
レピュテーション(評判)を,
大切に守っていきたいものですよね。

スポンサーサイト

コメント

オーストラリアは親日家が多いんですね。
嬉しくなる記事でした。いつまでも敬意を持って接してもらえる様な人でありたいですね。

努力が大切ですね

吉川さん、日本人の悪い癖は、すぐ自分は駄目だと思ってしまうこと。でも、世界の人はそう思っていないんですよね。自信を持っていいと思います。それにしても、リスペクとを勝ち得るためには、やはり、日常の努力が必要だと思いました。

  • 2012/05/28(月) 17:00:54 |
  • URL |
  • MARIKO #-
  • [ 編集 ]

探してます。

そちらで、医療支援をされている「藤城正人」をご存知ですか?詳細を教えていただけませんでしょうか?

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://marikodog.blog85.fc2.com/tb.php/1163-2a0a14c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【日本とオーストラリアの関係】

1984年にオーストラリアに移民してから、そろそろ30年近くなります。最初の頃は、日本人も少なくて私は、当時わずかな数の会員が集まっていた日本人の会に入りました。ずいぶんお世話になりました。企業の方々が集まる日本人会と言うのもありましたが、最初の2年間は、会?...

  • 2012/05/27(日) 20:02:22 |
  • まとめwoネタ速neo

FC2Ad