ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

また英語のまつがえ!

30年英語の暮らししていても、毎日間違いしています。
今日の笑い話。
今日は、私がアドバイザーをする
インターナショナル・アカデミー・オブ・ヴぇテリナリー・エジュケーションまで
出かけました。
近所の駅まで迎えにきてくれた学校の理事長。
私の息子ぐらいの年齢の若い理事長です。
彼と、共通に知っている、ある人の話をしていました。


電話したんだけれど、彼の応対って
つっけんどんだったわ。
と私が報告しました。
と、理事長のピーターは
He does not have bedside manner!
と言いました。
私は、ベッドサイドを、寝室のベッドサイドと間違えました。
で言ったのが、そういう人とは寝たくないわねえ。
おまけに彼は私のタイプじゃないし。
と、ピーター、顔を赤らめて、
あのお、そのベッドサイドじゃなく、
ドクターが患者を悪く扱うという意味の
ベッドサイドで、英語では、それを
マナーがないっていう意味で使うんだ。
...............
げらげら。げらげら。



ひひひひひ。
この年して、ベッドインのこと考えちゃった。
ばかばかばか。



前にこんなまつがえをしたことがありました。
英語の表現に、

I scratch your back you scratch mine

というのがあります。直訳だと、私は君の背中を掻いてあげる。君は僕のを掻いてくれ。

つまり、お互いに助けあおうよということなんだけれど、
私は、これを、

I scratch your back, you scrach my backside

私は君の背中を掻く、私はあなたのお尻を掻くわと言っていまいました。
大笑い。ゲラゲラ。そして、はずかしー。


同じことがありましたよね。
驚いて顎を外すと言う意味を、驚いてパンツを落としたと言ったことが
あります。それを聞いた私のクライエントは、「顎ははずしていいけれど、
パンツは人前で下ろすな」って言いました。
これまた恥ずかしいー。


とにかく、英語のまつがえ、いっぱい。
今でも。
英語の表現って難しい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://marikodog.blog85.fc2.com/tb.php/1162-55088685
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【また英語のまつがえ!】

30年英語の暮らししていても、毎日間違いしています。今日の笑い話。今日は、私がアドバイザーをするインターナショナル・アカデミー・オブ・ヴぇテリナリー・エジュケーションまで出かけました。近所の駅まで迎えにきてくれた学校の理事長。私の息子ぐらいの年齢の若い理...

  • 2012/05/23(水) 02:06:03 |
  • まとめwoネタ速neo

FC2Ad