ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

私は人種差別主義者?中国の人のことについて。

昨日、クインズランド出張を終えて
シドニーに戻りました。
クインズランド、ブリスベンに住むVICKI BENNETTの
ワークショップを受けに、日本から美江さんがいらしからです。
私は、長い間、VICKI BENNETTの本のエージェントをしていて、
日本で、既に5冊の本を出しています。
しかし、彼女のメッセージは、どうしても、現実として伝えることが
必要だと思っていました。つまり、誰かが、理想的には
VICKI自身が彼女のメッセージを伝えることが必要だと
思っていたのです。しかし、英語の壁、国の壁があり、
なかなか実現しませんでした。
それを、何とかしようと思っていたときに、美江さんに会いました。
美江さんは、早速、オーストラリアにやってきました。

この話はまたいずれ、お話したいと思います。


さて、昨晩のこと。
ゴールドコースト空港で、
非常に複雑な人種どうしの
交錯がありました。
それは、オーストラリアではよくあることで、
1つの家に、様々な人種が交錯しているからです。
うちの家族も、主人の一番上の姉が英国生まれのオーストラリア人。
二番目が、イタリア生まれのオーストラリア人。三番目の主人が
私、日本人と。そして主人の弟がオランダ生まれのオーストラリア人と
結婚しています。こういうことはよくあることです。


でも、昨夜は、少しテンション(緊張のある形で)として
起こりました。
まず、出発時間が近づいていました。
私は、そばに立っていた白人の女性に
「飛行機は遅れるのですかね」と聞きました。
普通は、にっこりと笑顔が戻ってくるのに、
昨夜は、非常に冷たい声で「べッグユアパードン?(
なんですか)」と返ってきました。つまり、あんたの英語が
分からないわよ。何よ。という感じでした。
そこで、私は、正しい?英語でもう一度聞きました。
と、彼女は、「さあねえ。わからないわ。きっとそうでしょう」と
いい加減に答えました。あら、なんだろうと思いました。
オーストラリア人は普通、大変親切なのに。


と、人々が並び始めました。
私も並びました。
私が並ぶと、
ぞろぞろと、中国人の女性達が
並び始めました。大きな声を出して
中国語で喋り捲っています。つまり、まくっていました。
それだけではなく、私の後ろから押すのです。
平気です。
そこで、私は振り返っていいました。
「すみませんが、押さないでください」
分かったのか分からなかったのか分かりません。
彼女は押すのを止めました。
列の間を人々が「エクスキューズミー」と言って
通っていくので、私は、隙間を開けました。
中国人がまた押してきます。
と、先の白人の女性が、
私たち?に向かって「ここは通路だから空けるように」と
言いました。私は下がりました。すぐ後ろにいる
中国人は押し返します。
と、中国人の何人かが、
私の顔をみて、「こいつは、馬鹿だ。変な奴だ」と
言っているように、へんな顔を作って、私をあざ笑うのです。

.................
と、今度は、アラブ人のような男性が、通ります。
そして、私に「エクスキューズミ。中国人の馬鹿もの」と
言って通り過ぎました。私は、立ちすくみました。
追いかけて、何か言ってあげようとしましたが、
止めました。


そのうち、搭乗時間が来て飛行機にのりましたが、
あの中国人のグループと一緒になりませんように、
ひたすら祈っていました。
席に座りました。
と、アジア人がきます。中国人?
どきっ。
と、その女性は英語で「すみませんが、そちらの席に
行ってもいいですか」と丁寧に聞いてきました。
「もちろんです、今席を立ちますから」と英語で答えました。
この中国人は、香港の中国人だろうか。台湾だろうかと
考えました。彼らは、メインランドの中国人を差別している
節があるのです。彼らはマナを知らない人たちだといって
いるのも何度も聞いたことがあります。


飛行機を降りました。
と、さっきまで私の傍に座っていた女性が、
友人の女性と日本語で話しています。
あっ。
彼女は日本人だったのだ。だから、マナーがよかったんだ。


私は、20年ぐらい前に、お行儀の悪い日本人観光客をやビジターに
会ったことがあります。とても恥ずかしかった。
だから、中国人を非難できないと思ってきました。
でも、今回は、彼らがとても嫌だった。
この前、メルボルンに行ったときにも、
「ここは、カフェです。公衆のトイレではありません」と
書いていあるところに、多くの中国人観光客が
詰め掛けていました。
彼らは、そのカフェの客ではありません。また、水の少ないところなので、
トイレに紙を捨てずに、そばにある入れ物にいれてくださいと
ありました。私は、トイレから出てきて、
長蛇の列を作っている中国人観光客に、
「紙は捨てないのですよ。分かりますか?」と言ったら、
彼らは、ポカーンとした顔をしていました。
余計なことを言ったのでしょうか。


私は人種差別が大嫌いでした。
お婆ちゃんが、私の座り方が悪かったときに、
朝鮮人のようだといったことばが大嫌いでした。
私は自分が人種差別主義者ではないと思ってきました。
しかし、昨日の晩の出来事は、私を、一瞬、人種差別主義者に
しました。
願わくば、私が継続的な人種差別主義者になりませんように。
中国の人たちがもっとマナーを守り、世界の人たちから
もっとリスペクトされますように。



私はオーストラリアに30年近くいますが、このような嫌な
経験をしたことがありません。あったのは、一度だけ。
公園で、お前達アジア人はここには必要ないといわれましたが、
それがスペイン語だったので笑いました。私はスペイン語がわかり、
彼らは南米から来たのだと分かったからでした。
スポンサーサイト

コメント

mariko様
わたしも人種差別は嫌いですが、20年前の日本人団体観光客と現在の一般中国人のマナーを一緒にしてほしくないですね。同じレベルで語れる差ではありません。また観光客ではなく、中国本土での一般のマナーも同じようなものですよ。とくにトイレの使い方のひどいことに、私はショックを受けました。メインランドの中国人のマナーが世界レベルになるにはまだ40年はかかると思います。

  • 2012/04/29(日) 23:21:05 |
  • URL |
  • kazumi #-
  • [ 編集 ]

そうですか

出来るだけ、差別感を持たないようにしているのですが。やっぱりそうですか。そういう、考え方は日本的かも知れませんね。そういえば、唾をペッペッと吐き散らす中国人をオーストラリア人は、やっぱり嫌いだと言っています。

  • 2012/04/30(月) 15:11:51 |
  • URL |
  • MARIKO #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://marikodog.blog85.fc2.com/tb.php/1157-61ee08aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad