ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

No Regrets!

この年になると、色々考えます。
そして、最後には、考えてもどうにもならないことが
多すぎることに気がつきます。


仕事のこと。
自分で会社等創らなければよかった........
人から給料をもらっている方が楽だったかも。
会社が儲かっているときにもっと貯めておけばよかった.......
儲からなかったのは、いつも、人を雇っていたから。
人を雇う必要があったのかどうか、それだけのビジネスが一体あったのか、
彼らは会社にビジネスを持ってきたのか。

ついには、日本だけを市場とせず、
オーストラリアを市場としていたら、
今頃、悠々自適だった...........?
英語のことわざに、
Don't put all your eggs in one basket
全ての卵を1つの籠にいれるな.......
ってあります。つまり、リスクヘッジをしておきなさいって
ことですが、それをしてこなかった。


でも、どう考えても、今頃それを後悔しても
全く始まらないと考え始めました。

後悔というのは正直、病気のようなもので、
し始めるとどんどん深くなってしまいます。

さかのぼれば.....
若い頃までさかのぼって、
あんなことしなければよかった、
こんな風にすればよかった。
と、ヘタをすると、小学校の頃まで
さかのぼってしまいます。
と、こんなことに気がつきました。
もし、私が、若いころ、
もっと、ちゃんとしていたら、
オーストラリアに来る事はありませんでした。
馬鹿な男を追ってアルゼンチンまで行く事はありませんでした。
ということは、彼との間に出来た娘は存在
しなかったことになります。
オーストラリアに来ることもありませんでした。
とすると、私は今の主人とめぐり合うこともなかった。
下の娘も生まれなかった。
愛犬サリーがうちに来ることもなかった。


ナイナイ尽くしで、オーストラリアに住んでいるけれど、
優しい家族がいる。オーストラリアにも日本にも。
本当に親切な友人達が、
日本にもオーストラリアにもいる。
今、そうした人々と新しい仕事を創りだそうと
している。
だとすれば、もしかして、後悔する必要はないのでは
ないでしょうか。


後悔はしても始まらない。
今ある状況の中で、
いかに幸せに生きていくかを考えよう。
幸せな状況をヴィジュアライズ。
幸せな気持ちになれる人たちとコネクト。
そうなんだ。
後悔って、過去と、現在と、そして未来をも
否定することなのかもしれない。
悲しいこともあったけれど、楽しいこともあったじゃん。
そうなんだ。


“I have no regrets in my life.
I think that everything happens to you for a reason.
The hard times that you go through build character,
making you a much stronger person.”

私は私の人生を後悔していない。
それは、自分の人生に起きた事は全て
それなりの理由があった体と思う。
大変な時は、それを潜り抜けることで
自分というものを創っていく。
大変な時があってそれを潜り抜けたからこそ、
私は、より強い人になれるのだと思う。

と書いた人がいました。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://marikodog.blog85.fc2.com/tb.php/1151-f58d6d49
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad