ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

めぐるめぐるよ、時代はめぐる。

014793-campbell-newman_convert_20120326182642.jpg

週末、クインズランド州政府の選挙がありました。
2期続いた労働党のアナ・ブライ政権に終止符が打たれました。
しかも、労働党議員がほとんどいなくなるという結果を残して。


クインズランド州は、もともと保守党が強い政権で、
ジョー・ビヨキピーターセン首相が長い間、保守王国を
築いたあと、労働党政権になり、それが、短期間また保守になり、
それから、暫くアナ・ブライ元首相の前任者が3期勤めて
いました。労働党政権がかなり長く続いていたのです。


私は、1995年ぐらいから、クインズランド州の政府と共同で
競馬の学校を開いていましたから、この政治の波に
かなりもまれました。創立当時は、労働党、その後、
すぐに保守党。そして、また労働党。政権が変わるたびに
学校が政治の紛争に巻き込まれました。
保守党の政権とスムーズに仕事をしていたときには、
私が、まるでクインズランドのサクセスフルなビジネスを
他州に売り渡そうとしているなどと、当時野党になった
労働党議員に、あることないことを議会で言われたほど。
そして、今度労働党になり、その学校を私が辞任して、
隣の州のNSW州の民間の競馬学校に移ったときには
労働党政権下にいた競馬関連の公務員たちが、
日本にまで私の悪口を広め、名誉既存行為にでました。
まあ、その政権の下で働いていた官僚が、私をもともと、
彼のファミリーのビジネスに巻き込もうとして、私がそれをNOと言ったことが
きっかけでしたけれど。


さて、私はクインズランド州に戻り、3番目の民間の競馬学校で働き始め、
成功し始めると、政府からまた様々なインターフィアレンスが出て、
もう、潰れかけていた自分達の州立の学校の生徒には出すけれど、
私たち、民間の学校の生徒には、騎手免許を出さないとか、様々なひどい阻害行為をされて
我々の学校は、州政府を裁判にまで持ち込んだほどでした。
うやむやになり、結局阻害行為は止まりました。


それらの人と一緒になっていて、クインズランド州の競馬をほぼ、1人で
仕切っていた人間が、昨日辞任しました。というより、彼を含めて多くの
公務員が首を切られたと聞きました。
私に当時、名誉既存行為をした人間は、この辞任した人間と組んでいました。
でも、彼は、今回の選挙の結果を知りません。
聞いても理解できないと思います。少し前に、認知症で病院に入っていると聞きました。
これで、あの頃ぐるになっていた二人は、表舞台から完全に消えたのです。
保守党になったときに、私は当時、競馬大臣(オーストラリアにはそんな
大臣がいます)に、その公務員の悪事を伝えましたが........
今でも、覚えています。
保守党の大臣の秘書から電話があり、悪事を露呈した書類は全て焼却する
ようにと指示されました。野党に関わる悪事なのに、正しいことを表にださなかったのです。
恐らく、自分も、いつか、そんなことをするかもしれないと思ったのかも知れません。
まあ、同じアナのむじな。かな。


長い間、独裁を誇った(といわれている)その人間が辞めて、クインズランドの競馬界には、
大きな拍手が起きたというニュースが報道されました。
これから、保守党政権になって、しかも、恐らくこの保守党政権は長く続くだろうと
言われており、とすると、また、水が澱んでしまう。
この繰り返しなのでしょうか。
............
もっとも、日本の国政のように目まぐるしく変わるのもどうかと思いますが。


長く生きていると、色々なことがありますね。
今、私は州政府が絡んでいる競馬学校に
対抗してできた民間の学校で仕事を始めました。
願わくば、その州政府の絡んでいる学校から
阻害行為がないように。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://marikodog.blog85.fc2.com/tb.php/1150-1ff49894
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad