ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

人生を変える映画

bodaiju.jpg


月曜日にシンガポール経由でシドニーに戻りました。
体の調子を崩しています。気管喘息だと思います。
持病のようなもの。


さて、シンガポール航空は、私本当に大好きです。
このエアライン、皆に人気なせいか、
航空券も安くなりません。今回も、
旅が近づいていたせいか、片道で10万円もしてしまいました。
でも、英語で言うと、worth it! つまり、その価値だけあるんです。
何があるかというと、サービスの良さはもちろん、
私にはエンターテイメントですね。
朝6時の飛行機で眠かったはずなのに、
世紀の悪漢、Jエドガーと、My week with Marylyn
(マリリンとの一週間)。そして、さすがに、途中寝てしまいましたが、
今をときめくAdeleがロイヤルアルバートホールで開催したドキュメンタリー。
全部良かった。
そして、シンガポールからシドニー。
これも眠かったのに、
スペインの、Mar Dentro (内なる海)を観ました。
深い意味を持った映画でした。51FFD0Q5AEL-001.jpg



Mar adentro(内なる海))は、日本のタイトルは、『海を飛ぶ夢』。
2004年製作のスペイン映画で、アカデミー賞外国語賞もとっていました。

25歳の時に頸椎を損傷し、以来30年近くものあいだ全身の不随と闘った実在の人物、
ラモン・サンペドロの手記『地獄からの手紙』
(西: Cartas desde el Infierno; 1996)をもとに、
尊厳死を求めて闘う主人公を描いたドラマでした。


彼の周囲の人たちの愛。
それを知りながら、尊厳死を求めるラモン。
彼の尊厳死の裁判のために立ち上がった
女性弁護士。彼女の病気。
彼女の尊厳死の希望。ラモンは希望は叶ったが、
彼女の希望は叶わない。
たくさんの、回答のない問題がそこには提示されていました。


子供の頃の映画で、ずっと心に残っているのは、
母に連れられていった「野ばら」。img_1163079_21671465_1.jpg

ウイーン少年合唱団のことだったなあ、ぐらいにしか
覚えてなかったのですが、あの美しい歌声が、今も心に残っています。
調べたら、ハンガリー動乱の際、オーストリアに逃れてきた孤児の少年が、 ウ
ィーン少年合唱団員となるまでの心温まる物語だといいます。


これも、母に連れて行ってもらってみた「菩提樹」
これも音楽一杯の映画。子供の頃から、こうして、母に、
素晴らしい音楽を聴かせてもらっていたのでした。
この映画が後年、「サウンドオブミュージック」に
なりました。
これは、西ドイツの1956年の映画だといいます。
ということは、私が7歳のとき。戦争に敗れたドイツから
戦争に敗れた日本に来て、人々の心を慰めてくれたのですね。
考えれば、生活に、音楽があふれていたような気がします。
母も父も音楽好きでした。


他にも、日本映画「愛と死を見つめて」にも連れて行ってもらったことが
ありますし、一緒に母と観た映画では「予期せぬ出来事」も、心に残っています。
母と一緒に観たのかどうか分かりません。
多分中学校で行ったのだと思いますが、ロシアの「ハムレット」
そして、「アラビアのローレンス」
それぞれに、私の人生を彩り、人生に大きな影響を与えました。
私の人生感を大きく変えたのは「アラバマ物語」。



内の主人の最も好きな映画は「HARVEY}です。
今回、アマゾンで買って、主人に持ってきました。
主人が言います。
もし、宝くじが当たって、新しい家を建てるとすれば、
ジェームス・スチュワートが、ハーヴィーと一緒に座っている
べランドのある家がいいなって。
60歳になっても、主人には夢があります(苦笑)。
「ハーヴィー」まだご覧になってない方はぜひどうぞ。
とても、いい映画です。


もうすぐ、3月11日。
多くの亡くなった方々へ黙祷を捧げます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://marikodog.blog85.fc2.com/tb.php/1147-2187d689
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad