ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

Happy Talk

昔、「南太平洋」という映画を観ました。
ミュージカルです。
心に残るたくさんの曲が、心に残りました。
私のWALKMANには、この「南太平洋」が入っています。
NZ出身のオペラ歌手、キリ・テ・カナワとホセ・カレーラが歌っている
バージョンです。大好きなジャズ歌手のサラ・ヴぉーンも。
そのサラが歌っている歌。
Happy Talk.ハッピートーク

happy.jpg


Happy talk, keep talking happy talk,
Talk about things you'd like to do,
You gotta have a dream,
if you don't have a dream,
How you gonna have a dream come true?


ハッピートークをしましょう、ずっとしましょう。
自分でしたいこと、その話をしましょう。
夢を持たなかったら、
どんな風に夢を実現していくの?



そうよねえ。確かに。
昨日、楽しいTALKを
まりちゃんとしました。私と同じ名前のまりちゃん。
楽しかったなあ。
Happy Talk.
Talked about things we like to do!
ハッピートーク。
何がしたいか。何が楽しいかを話しました。




彼女、変なの。変わっているの。
私のように。
彼女は、帰国子女でもないのに、
小学校のときに、帰国子女クラスにいたんですって。
それが、彼女を、日本でいう「変な」人にしちゃったらしい。
帰国子女は、それぞれの違いを認め、それを受け入れて
友達になっているから、とても楽だった。
それにしても、その経験が、彼女の「今」に
つながっているなんて、いかに、子供頃の環境が
大切かって分かりますよね。


日本でいう「変な」人って、人と違う人。
それって、私のように、半分外人になった人には
とても不思議。
人間って生まれたときから、他の人と違うでしょう。
unique, one and only, different
犬だって、同じお母さんから何匹生まれても、
みんな違う。なのに、日本では、皆同じに生きようとしている。
できないよお。そんなこと。
無理するから、ストレスが起きる。それが、色々な
conflict 葛藤につながる。


さて、今、日本には、色々と大変なことが
起きていますよね。それをみたり、聞いたり、
話したりしていると、悲しくなってしまいます。
心が重くなってしまいます。
だから、Happy Talk しましょうよ。
みんな同じになるように努力している。
実は、それこそ変。


それにしても、今、私たち、
特に日本では、悲しい話、大変な話に囲まれて、
ちょっとHappy Talkなんか出来ないような
環境にありますよね。ともすると、すぐ、その
悲しくて、苦しい話になってしまう。
でも、ホントは、そんなときだからこそ、
Happy Talkが必要なんじゃないかな。
って思います。



Talk about the moon floatin' in the sky
Lookin' at a lily on the lake;
Talk about a bird learnin' how to fly.
Makin' all the music he can make.


空に浮かんでいるお月様の話。
池に浮かんでいる蓮の話。
一生懸命、飛ぼうとしている赤ちゃん鳥の話。
その赤ちゃん鳥が、(ああ、怖い怖いって)ピーピーいっている音の話。


そんなとりとめのない話が、実は、私たちには、今必要。
HAPPY TALKをしなかったら、どうしてHAPPY TIMEがもてるの?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://marikodog.blog85.fc2.com/tb.php/1138-07ea62b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad