ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

言葉の音調・抑揚、石原慎太郎。

30年以上も日本にはおらず、日本の事情を良く理解していない私が、
私が日本の政治のことを、とやかくいう資格はありません。
しかし、まあ、、
その大昔、アナウンサーなどをしていたし、
英語やスペイン語の世界で暮らして、ものの言い方で、
友達ができたり、色々助けてもらったり、あるいは、
離婚しそうになったりした経験があるので、
日本の人たちが、あまり、音調や抑揚に注意して話さないことが、
私は、ちょっと気になります。特に、石原慎太郎のように、ものの言い方が、
extra 横柄という人は、もう、全然好きになれません。、
................というか、嫌いです。
外国では政治家になると、スピーチのコーチがついたりして、
きちんとプレゼンテーションを習うのですが。日本ではしないのですね、きっと。


英語だと、同じ、Yes でも、その言い方によっては、ぶん殴られそうになることもあるし、
仕事がだめになることも十分にあります。
昨晩から、あの・石原慎太郎が、新党作るのかということで、
TVに出ていますよねえ。
ああ、困ったものだ。彼は。
頭がいいのかもしれない。でも、あの「ものいい」は、困るなあ。
まるで人を見下したような言い方。
オイ・コラ・オマエ。
かつての軍隊のようですよね。
言い方も、完全に人をさげすんでいるような言い方。
どんなに高邁な思想を持っている人でも、
私は、とても、とても、好きにはなれません。

それから、彼の、目をパチパチするのも気になります。
あれは、何でしょうねえ。もしかして、彼は、気が小さいのかも知れない。
それを隠そうとしているのかしら。
一つ一つの動作も、目の動きも、私達のコミュニケーションの手段です。
とりわけ、英語を含めて西洋語の世界では。


面白いことがあります。
かつて、世界的なサラブレッドの生産に関わる獣医師に
会議で会ったときのことです。
彼は、日本のある牧場に送った、とても行儀のいい馬が、
日本に行ったら、暴れ始めて、送った国の人が、日本に呼ばれたという話をしてくれました。
ところが、彼ら(たぶん、アイルランド人)が、元世話をしていた馬の許に行ったら、なんでもない。
暴れない。
どうしたの?
獣医師は言いました。「日本語って、喧嘩しているように聞こえるよね」。
馬が怖かったのじゃないのかなあ。
それは、結構意外でした。
だって、私には、韓国人や中国人の会話が、まるで喧嘩しているように聞こえて、
日本人は違うと思っていたからです。

さて、こんなこともありました。
私は、うちの愛犬サリーに食事を出すときに、まず、Sit させて、Stay して、
OK!を言います。たいしたことはありませんが、毎日、誰がリーダーなのかを
ちょっぴり知らせたいというわけでしているのです。
ある日、彼女の目をみずに、気持ち半分で、OKを言ったら、
彼女は動きません。私の顔をみて、ナヌ?って感じ。
つまり、私のOKに、心がこもっていなかったからでした。
音調や抑揚が、いつもと違った。それを彼女は察したのでした。


これと、石原さんのこととは異なるかも知れませんけれど、
彼の、ものの言い方、気になるのは私だけでしょうか。
人柄が彼の物言いには、出ていないでしょうか。
東京都民は、そんな彼を尊敬できるのでしょうか。
実るほど垂れる稲穂かな...........ではないのでしょうか


英語を使って、人生の話をしたいと思っています。
「ハイランド真理子の人生が変わる英語教室」
英語の出来ない人こそ参加して欲しいな。
2月15日は、和歌山の観音山フルーツガーデンで開催。
夕方ですが、
お誘い会わせてどうぞ。人生が変わる味、観音山の蜜柑つき(笑)。
大阪から、1時間もかかりませんから、大阪の方もどうぞ。
児玉さんともお友達になれますよ。これって、すごい。
観音山の児玉さんて、友達になると、運がつきます。
私もつきましたから。


仙台では、2月12日。長町のスタぼーンという会社の会議室で。
これは弟が代表をしている会社。就職救援コースや、
生活支援費用で通える「超塾」を経営しています。
来週にでも、PRを出しますので、仙台の方はぜひどうぞ。
これも、観音山の蜜柑つき。
人生の「酸いも甘いも」知り尽くした、ハイランド真理子の英語教室って落ちがついています。


東京でも開催します。あまり大きな会場ではないので、早い者勝ち?
東京は現在、2月22日の夜に銀座で開催予定です。

さて、宣伝はこれぐらいにして。
声の出し方で、話し方は変わります。
いい話方は、やはり、ある程度の抑揚があり、落ち着いた音調です。
私の大学の同級生に、元NHKの山根基世さんがいますが、
彼女はまさにそんな話し方です。Be a copycat! まねしませんか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://marikodog.blog85.fc2.com/tb.php/1137-f9b545b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad