ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

愛よもう一度!

先週、としこさんと、AWL(アニマル・ウエルフェア・リーグ)という
動物のシェルターに行ってきました。12012012464.jpg

このAWLの、クインズランドにはよく行っていましたが、
シドニーは初めてでした。
としこさんが、まだシェルターに行ったことがないって言うので、
誘ったのです。もっとも、誘った本人は、全く運転がだめ。
としこさんも、シドニーの西の方にはあまり行ったことがない。
というわけで、40分ぐらいで着きますといわれた場所に、
何と2時間近くかけていきました。それも、もうクローズする
ちょっと前。3年前に出来たというシェルターは、まだ新しくて
ピカピカしていました。100頭以上もいる犬達を、ボランティアが、
毎日散歩させています。事務所の前と犬舎の間には、エキササイズヤードが
あって、お天気のいい日はここで犬達が遊びます。12012012465.jpg

暑い日にはプールを持ち込むんだといっていました。
水をバシャバシャさせて、楽しそうな犬たちの姿が浮かびます。
あるヤードに、女性の名前が書かれたプラーク(銅版)が。
これはこのヤードを作るための基金をこの女性が出したのです。
オーストラリアでは、遺産を動物に残す人たちがたくさんいます。
身内がいなかったり、身内がいても、動物が好きだったりした人たち。
動物が、彼らの人生の大きな慰めになっていれば、他の人たちのためにも、また
他の動物たちのためにも、お金を残していきたいという気持ちは、よく分かります。
でも、こんなきれいな場所にいても、本当に、動物達が欲しいのは「家族」です。
愛をもらって、愛をあげる、家族が欲しいのです。
金網越しにみる犬達の目は、いつも「家に連れていって」と言っていて、
全部連れて帰りたいという気持ちになってしまいます。
ごめん、できないの。と謝ってきます。


もし、CURLYとSALLYに出会わなかったら、私の人生は、
とても、寂しい人生だったなと思っています。
セルフィッシュな私ですが、もっともっと自己中心的な自分になっていたと思うのです。
犬たちによって、私の人生は豊かになったし、愛し愛されて、
金や名誉とは関係ないけれど、結構、素晴らしい人生を
送っていると思えるのです。


今日は......................
Household Waste「ハウスホールドウエイスト)と
呼ばれる、日用品の廃棄物収集日だったので、
この前雷で壊れたプリンターを外に出しに行きました。
すると、本当に何年ぶりかで、道で、イアンに会いました。
あらあ、Long time no see! しばらくぶりねえ。
彼とは、うちの前の犬、CURLYが元気だった頃、
近所のオフリードパークでよく会ったものです。
当時、彼はRUG ラグを散歩させていました。
「何歳?」と聞くと「知らないんだ。一緒に住んでいた彼女がシェルターから
連れてきたから」って。「その彼女もいなくなったしねえ」と寂しそうでした。
でも、RUGがいるから、いいじゃん。そうだなあ。にっこり。
そのうち、彼は、時々若い女性と一緒に公園にやってきました。
あっ、新しい彼女できたんだあ。彼女と彼とRUG。幸せそうでした。
あれから、もう何年になるのでしょう...................。
今日の彼は、白髪も出て、結構ノソノソ歩いている。
おっと、人の事は言えない。私も最近、足が痛くて
ノソノソしているから。最後に彼に会ったときには
彼は一人で、RUGは死んじゃったって。私も、CURLYが天国に行っちゃったのって、
道で会話しました。二人ともお互いのつらさが身にしみていました。


そのイアンが、今日はちょっとRUGに似た小さな犬を連れています。
彼は2mぐらいの背の高い人なので、前のときもそうでしたが、
小さな犬を連れていると、目立っちゃうのです。
今回も、すごく小さい。
MOLLYって言うんだ。
Hallow MOLLY !っていうと、MOLLY がやってきて、
私の手をくんくん。
先週、シェルターからもらってきたんだ。
そうなの。That is wonderful!

まあ、よかったわ。あなたのためにも、MOLLYのためにも。

じゃあね。
じゃあね。


としこさんは、私が日本に行っている間に、何度かシェルターに行ってみようと
思っているといいました。この前は、2時間の珍道中で、ゆっくり犬達と話が
できなかったからです。
私が戻るまでに、としこにさんに、新しい家族がいるといいなあ。
愛よ、もう一度。















スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://marikodog.blog85.fc2.com/tb.php/1134-7c4a763b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad