ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

ブルーバッファロー

3日前にシカゴに来ています。
今年4月に20年ぶりにアメリカに来て
今回は2度目。頻繁に来ている感じです。
最初にアメリカに来たのは、私が25歳の時。
ロスとサンフランシスコ。最初の海外旅行です。
というと.何年前?.....数えたくないなあ。
それから、上の娘とアルゼンチンから日本への
帰路。ニューヨークに。日本経由で
オーストラリアに移民する前のことです。
それから、バブルの頃。
オーストラリアに会社を作った日本企業の人たちと
一緒に、アメリカにゴルフコースの視察。
そして、今年のサウスカロライナでした。


サウスカロライナ訪問は、まさに、
eye opening 目からうるこ。
あっ、私はアメリカを知らなかったんだって感じでしょうか。
とにかくアメリカは広い。深い。
食わず嫌いで、アメリカ嫌いなんて言ってきていましたが、
来るたびに、面白くなりますねえ。



シカゴのペットショ―に、クライエントであるフロントベル社の
社長と一緒にきました。ペットショ―をみると同時に、
大切な会議があったのです。
そlれは、同社が今度、日本の正規代理店となった
ブルーバッファロー社の副社長との会議です。
会議は大成功。お互いに信頼関係を築いたと
自信があります。
ペットショーには、犬がいっぱいいて、すごーく
嬉しかった。展示をする側の犬も、
訪問者側の犬も、実にみなおとなしい。
つまりそれだけよくトレーニングというか、しつけがされていると
思います。喧嘩のケの字もありません。
それから大型犬が多い。実に多い。
先ほどのブルーぱっファロー社のブースには、
この会社のPCA(Pet Cancer Awareness)という
ペットのガンについての予防についての啓蒙活動をする
PRドッグ、ブルースターという大型犬に出会いました。


ブルースターのペットペアレントは、サンディー。
グレートデ―ンである、ブルースターの伯父さんと前に暮らしていて、
その伯父さんは、ギネスブックで、世界最大の犬と認証されたんだそうです。
でも、その伯父さんが癌に罹り、本当に悲惨な状態で死んでしまった。
それから、ペット関連のガンの研究所にボランティアで仕事をしていて、
ブルーバッファロー社のPCAと出会ったというのです。
今では、PCAの仕事で、教育施設などを回り、ペットのガンの予防について啓蒙活動をしているんだそうです。
もちろん、ブルースターと一緒に。P1090399-2.jpg

日本に行きたいわあと、サンディー。ブルースターも一緒に来てくれればいいなあ。
ブルーバッファロー社は、日本円で何億円もアメリカ中の獣医学研究所に寄付をしています。
その姿勢がいい。


ブルーバッファロー社は、ガンにならない食生活を標榜していて、
クオリティの高い食材を使い、今、アメリカでドンドン伸びている
ペットフード会社です。P1090404-2.jpg


創立者のビル・ビショップさんが、自分の犬のブルーが癌に罹ったことから
何とかして、ガンになりにくい身体を作るためのペットのためのフードを作りたいと
始めました。
ところで、さっき、ペットペアレントと言いましたが、この会社は、飼い主と言わないんです。
ペットは人間に属するものではなく、家族の一員だからです。
たかが「言葉」と思わないところが、とても素敵です。
「言葉」は、人を変え、社会を変えるからです。
日本では今でも、「飼い主様」とか「オーナー様」なんて、
飼い主に「様」をつけていたりしますよね。変。
日本でもペットペアレントという言葉、流行らせませんか?


さて、そろそろ、シカゴ最終日。ちょっとだけ、シカゴのダウンタウンに行ってきます。
まあ、凄い勢いで仕事してきましたね。
仕事の合間にまた仕事。
来週から、私、UMAJINのウエッブマガジンに毎週登場しますよ。
競馬ブックも、優駿ももちろんですけれど、新しい競馬メディアに登場。
それから、次号の SHI-BAも、オーストラリアの特集。キャンベラの柴犬ブリーダー
を書いています。これもぜひ買って欲しいなあ。
婆さん、よくやるでしょう。自分でも感心。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://marikodog.blog85.fc2.com/tb.php/1108-cfe816f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad