ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

私は何が得意なんだろう?

ビジネスのリストラをして、ホームオフィスにしたことは
先日お話しした通りです。
主人も、身体が痛いなんて言いながらも、新しい仕事に精を出しています、

私も、これまで様々なビジネスをしてきて、様々なビジネスで成功したり
失敗したりしてきましたが、最近、私は、一体、何が「最も」得意なんだろう。と、考えました。
そして、私の得意なことは、「日本の人の知らない、オーストラリアを含む外国の情報を
探し出して、様々な形で伝えること」これが、私の原点なのだと気がつきました。

そこでビジネスも引き続き継続させながら、今後は、
取材・執筆活動を大いにしていこうと考えています。
そしたら、先日、辰巳出版の名物編集長から、
オーストラリアの柴犬についての取材依頼を受けました。
辰巳は、今時の大変な出版業界で、かなり頑張っている出版社だと聞きます。
中でも 「Shi-Ba」は大健闘。先日、そのShi-Baの取材をして原稿を書かせていただきました。
いやあ、取材も執筆も、本当に面白かった。「自分が面白いと思って書くと、
いいものがかけますよね」と、先日ROUNDERSの発行人から言われました。
この本も、もうすぐ第二号が出ます。今回このROUNDESでは、
世界の女性騎手について書いたのですが、
調査していて、本当に面白かった。女性騎手だけで、あと3本はかけるぐらい。
というわけで、オーストラリアの柴犬の取材も執筆も、本当に、面白かったです。
あまり楽しくて、お金をいただくのが悪い位......いえ、冗談です。冗談ですよ!!!


さて、オーストラリアの柴犬の取材で「何」が面白かったかって?
飼っている人たちのライフスタイルも面白かったですが、
何より、日本の犬について、あるいは柴犬についてのオーストラリア人の「思い入れ」が
とても強いことが、面白かった!
普通の犬じゃないから好きなんだ。って感じ。30092011426.jpg

柴犬を飼ったら、もう普通には戻れないって感じなんです。
それぞれが、全く違う環境のファミリーに、
やっぱり、全く違う飼われ方をしているオーストラリアの柴犬たち。
でも、ファミリーの「思い入れ」は同じだったことを知って、驚きました。
次号は、キャンベラでブリーディングをしている方の取材。
これも凄い面白いですよ。とりあえずは、ぜひ、今月号のShi-Baを勝って読んでください。

さて、これからも、オーストラリアの犬、馬、人、食べ物、動物、環境、ビジネス、何でも取材して
ドンドン書いていこうと思います。みなさん、ぜびお声をかけてください。


今、シドニー空港です。出がけに、凱旋門賞の「応援馬券」を買って出てきました。
応援になるといいのだけれど.....怖い。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://marikodog.blog85.fc2.com/tb.php/1104-43397413
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad