ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

イマジンプラスの笹川祐子社長という人

今回の出張は、いよいよ2カ月に近くなりました。長かったなあ。
7月末には、オーストラリアに戻るつもりでいたのです。
それが、結局、滞在が8月までになってしまいました。
理由は.....笹川祐子さんから、8月2日のパーティーに
お誘いいただいたからでした。
彼女からのお誘いには、yesと言いたい、逃したくない。
そんな気持ちからでした。


笹川祐子さんは、イマジンプラスという会社の代表取締役です。

U R L : http://www.imagineplus.co.jp/
「イマジンプラス社長 笹川祐子の感謝ブログ」
http://ameblo.jp/imagineplus/
「就活専門家 イマジンプラス社長笹川祐子のブログ」
 http://ameblo.jp/job-marche/

今回、私は、彼女の友人で、オーストラリアにいる友人の家に
私は滞在をさせていただいていました。


2か月前に、この家に着いた時に、
シーツも、枕カバーも、ヘアードライヤーも、
ケトルがなく、オーストラリアの友人からのSOSで
祐子さんは、夜、仕事が終わってから、
それらを持ってきてくださいました。
「忙しい会社の社長さんよ」と友人から聞いていたので、
その彼女が、わざわざ、わたしのために来てくださったことに、
大変感激ししました。
と同時に、その彼女の気さくな性格にも驚いたのです。


それから、もう一度、一緒に「飲む」機会がありました。
お借りしたものを一部お返ししようと思ったら、彼女が
また私のところまで来て下さったのです。

彼女の、BYOで.....このBYOとは、オーストラリアの習慣。
Bring Your Own Drink .. オーストラリアでは、レストランでも
このBYOがあります。コルケージという持ち込み料をわずかに払って持ち込むのです。
祐子さんは、ワインだけでなく、チーズまで持ち込んでくださって...
話がはずみました。
驚いたのは、肩に力が入らない、その自然流。
大きな会社の社長.....らくしくない。
もし、これが、同じ規模の会社の「男性」社長だったら、
こうはいかないかも知れない。

彼女の魅力は何なのだろう。
と、 考えながらのみました。
その後、シドニーの別の知人とも、彼女は友達だったと知りました。
そして、その彼も言いました。「僕は、笹川さんを大変尊敬しています」
彼もまた成功したビジネスマンです。
彼女は、当然ながら彼より年下です。私よりも年下です。
しかし、今回初めて、自分より「年齢が若い人に対する。深い尊敬の気持ちがわいたのです。
すごい...と思う若い人にはたくさん会いました。でも、深い尊敬というのは、もしかして、
今回初めてかも知れない....


英語に、  humble   という言葉があります。日本の辞書だと、謙遜、と出てきます。
実は英語だと、日本の「謙遜」とは、ちょっと違うなあと思います。
そこで、英語の辞書を引いたら、、 humble  の形容詞についての説明がこのようにありました。

not proud or arrogant; modest: to be humble although successful.

「自慢しない」「アロガントではない」
例として、成功しているのに、humble であるとあります。
arrogant は  humble  のほぼ反対語。
傲慢とか、「えらぶる」の反対語になります。

イマジンプラス社の社長である笹川祐子さんに
お目にかかって、この humble という言葉が、浮かびました。
この humble  という言葉はちなみに、動詞もあって、
動詞だと、今度は、「自分がいかにだめだったか(知らなかったか)ということを
思い知らされた」という意味にもなります。

私よりもずっと年齢の若い女性。
その彼女が、素晴らしい企業活動と社会活動をして、
更に、個人レベルでも、人助けをしている。
これを見聞きするだけでなく、自己体験して、
......
私は、まさに、彼女に humble されたのでした。


今、私がこのブログ書きながら飲んでいるのは、Rie Coffee!
笹川祐子さんが、私のために用意してくれたランチョンミーティングで
お目にかかった、木原里恵さんが創ったコーヒーです。
フレーバーコーヒーを知らなかった私にRie Coffeeは、新しい世界を
開いてくれました。昨日は、nana booksというところから
「言葉の力は運命の力」という本を出して、言葉の力をj広めている
佐藤由紀さんと食事をしました。勝つ経営者をつくる経営コンサルタント、
子育てをしながら素晴らしい活躍をする、ポケットコンサルタントの
臼井令子さんともお茶しました。また、サイコロ社長として有名な
R3コーポレーションの平松二三生さんにもお目にかかり、海外と日本を
つなげたコラボが始まりました。
この方々との出会いは、すべて、笹川祐子さんが創ってくださったものです。


give and take という言葉がありますが、
イマジンプラスの笹川祐子社長が、なぜ、これほどまで
様々な人たちから尊敬されているのか、彼女の会社が
これほどまでに信頼されて成功しているのか。
それを学んだのは、今回の二か月の出張での最大の収穫でした。
彼女はまず give するのです。そして、 humble.......

私......
「海外生活30年」「花も嵐も乗りこけて」???
人生を知っているような気がしたのは、実は、自分だけだったなあ。
だけど、

Never too late!

笹川祐子さんを知って、私は、また新しい道を歩き始めました。
スポンサーサイト

コメント

御礼

真理子さん!
偶然、このブログを見つけてびっくりしてしまいました。
過分なるご紹介に、デスクの下に潜り込もうかと思ったくらいです。ちょうど、いただいたオレンジジュースを飲んでいて、Facebookにアップしようと思っていたんです。
ありがとうございました!またの再会を心待ちにしています!

  • 2011/09/06(火) 17:29:00 |
  • URL |
  • 笹川祐子 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://marikodog.blog85.fc2.com/tb.php/1085-fc1d3056
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad