ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

09/08のツイートまとめ

marikohyland

あさっては、コンチネンスファウンデーションでのセミナー。その後は、アクアティック・ハイドロセラピー、神経系統の病を持った人たちのための水中理学療法の勉強です。みんな、水着持ってきたのかしら?さて、そろそろ寝ましょう。Everybody, have a sweet dream!
09-08 22:38

ベッドのわきに、愛犬サリーのベッドが。でも、朝方、小鳥の声が聞こえ始めると、サリーが私のベッドにやってきます。膝枕。スースーといういびきを聴いていると、至上の幸せを感じます。東京の暮らしにはこれがない。いや、今を楽しもう。
09-08 22:35

上の娘に言われました。お母さんは20歳の時、お母さんと話をしていた?答えはNO.私は、ほとんど親と話をしたことがありません。少なくてもほとんど覚えていないのです。だから、下の娘が「食ってかかっても」それは、実に当り前のこと......とかつて食ってかかった上の娘がいいます。はい。
09-08 22:33

そうそう、オーストラリア人は大変COMEPETITIVEでもあります。オーストラリア人はだからスポーツが好きなのです。負けてもぐずぐず言わない人のことを、オーストラリアではGOOD SPORTと言います。スポーツに勝ち負けは必ずついてくるからです。
09-08 22:31

オーストラリアで、もっとも尊敬されるのは、ユーモアのある人です。オーストラリア人のユーモアを勉強すると、オーストラリアが見えてきます。オーストラリア人のユーモアは、ドライで、ブラック、そしてセルフ・モックリー、つまり自分を笑うこと。私にぴったりです。
09-08 22:30

やっと明日の私の英語のクラスの準備ができました。英語は、文化の背景を理解しないと、理解することができません。意味のないことを英語で話しても意味がありません。ユニクロや楽天は、英語という言葉がきた文化背景をも社員に理解させるのでしょうか。あるいは単なる英語使いを育てる?
09-08 22:29

オーストラリアのコンチネンス・ファウンデーションは、インコンチネンスを持つ家族、介護者、またケアラーたちが、失禁について理解し、状況をマネージすることができるように助けるのです。
09-08 19:45

明後日は、「コンチネンス・ファウンデーション」でのセミナーです。私も、下の娘を40歳で産んで以来、インコンチネンス(失禁)があります。失禁は、一般的には尿失禁ですが、弁失禁もあります。日本の介護施設でも、すぐオムツを使わずに、理学療法をとりいれるといいと思います。
09-08 19:42

今日のダライ・ラマ。「コンパッションは、グッドハートの基礎になるものだ。他の人を助けたいという必死の気持ちからなるグッドハートである」と言っています。コンパッション.......自分のことだけ考える人っていますよね。ホームレスを見て、あなたは胸が痛みますか?
09-08 19:39

クリスティーンは「今週3頭のがんを持った犬たちが来ました」肺がんを持っていて、余命1カ月だと6カ月前に言われたプリンス。彼女からマッサージを受け、鍼をうってもらい、気持ち良さそうに寝ていました。QOLのある生活は、余命をも延ばすのだと思いました。
09-08 19:00


「動物理学療法士になって、よかったと思っています。老いた犬、痛みを持っている犬たちを直してあげることができるからです。年老いると、痛みやつらさは、仕方がないものだと諦めます。でも、理学療法で、直したりやわらげたりすることができます」クリニックに来た犬全部が、老犬でした。
09-08 18:58

さて、今朝6時に、河崎リハビリテーション大学のチームがシドニーに着きました。理学療法の新しい分野を模索する研修です。今日は、クリスティーンのところで、動物理学療法のセミナー?「なぜ動物理学療法士に?」「動物が好きだったからです」
09-08 18:54

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://marikodog.blog85.fc2.com/tb.php/1022-2f21e33b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad