ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

11/29のツイートまとめ

marikohyland

仕事しながらNHKの番組を聴いて?いるが、みな年を取り過ぎて歌がひどすぎ。声が出ていない。浅丘るり子?あんな下手な歌を人前で歌わないでほしい。自分で自分の力を分かっていない。私だってもう70歳だけれど、私の方がずっと声が出る。懐かしいだけでは聞く価値がない。
11-29 20:09

スポンサーサイト

11/26のツイートまとめ

marikohyland

今日は、シドニーにいる友人のお母さんに会いに行ってきた。彼女は3つのガンを乗り越えて、青春真っただ中の80歳。自分の考えを持つ。信念を持つ。自分の力を必要とする人に手を述べる。彼女の姿勢が生き延びている理由だと彼女は語ってくれた。
11-26 20:52

滞在先にノンタングッズが届く。このノンタンを海外に紹介するのが私の夢。ノンタンは単に可愛いだけではない。霊がある。ストーリーもある。 今海外で売れているハローキティはネコのこけし。私は嫌いだ。 https://t.co/9CnBsxNg71
11-26 20:46

11/25のツイートまとめ

marikohyland

@Gallop_Club 心配ですね
11-25 15:40

11/22のツイートまとめ

marikohyland

@Gallop_Club 意外な組み合わせ。食べてみたいなぁ♪
11-22 18:16

@dukataka1 @adam_sangster 日本人は吉田勝己さんをのぞいてほとんどバイヤーはいないと思いますよ。
11-22 18:13

11/21のツイートまとめ

marikohyland

紫のジャカランダの花に見送られてシドニーから東京に。あ、色がない。
11-21 10:15

11/17のツイートまとめ

marikohyland

まずい。昨日の晩寝る前に開いたKindle でまた本を買ってしまった。ほぼ爆買い。そうか。これは本屋に立ち寄って立ち読みするより危険な行動だった。
11-17 02:56

昨夜は早稲田大学のシドニー稲門会に出席。70歳の長老は私ともう一人。駐在員のオッサンたちに代わり大学院で勉強しに来た若者たちが多かった。早稲田の大学院で学んでオーストラリアで弁護士をしている韓国人夫妻にも会う。バカダ大学変化してるのかな。
11-17 02:51

四時半起き。本読みながら朝風呂。一日の開始。朝陽の映えるジャカランダはひとしお美しい。私は桜を見ると日本人になりジャカランダを見ると南半球人になる。
11-17 02:45

11/16のツイートまとめ

marikohyland

今日はいつも避けている上りの階段を散歩のコースにいれた。気管支が悪く治療薬飲んでいるので大丈夫かな。でも出来た。やってみることが大切。
11-16 15:53

11/15のツイートまとめ

marikohyland

今、シドニーではジャカランダが咲き誇っている。朝の色も曇り空の色も、雨に濡れたジャカランダの色も好きだ。涙の様に輝くジャカランダの雨粒は一番好き! https://t.co/49fBeCtP5o
11-15 06:36

久しぶりにクッカバラが庭にやってきた。生肉のあやつあげたら後は日向ぼっこ。 https://t.co/rq9QtZKVBp
11-15 06:31

11/14のツイートまとめ

marikohyland

今朝も早起き。朝日に輝くジャカランダの花が美しい!この花はアルゼンチンにいる時から私の心を癒してくれた。オーストラリアに来るまでアルゼンチン原産とは知らなかった。風と雨で花びらが落ちると本格的な夏がやって来る。 https://t.co/57QeRzuOlo
11-14 05:39

11/09のツイートまとめ

marikohyland

キンドルを買った。文字が大きくできるので、楽。こんなに楽なんだと改めて思う。ベートーベンの生涯やチェーコフを安い価格で買った。このあとは、手塚治のブッダの生涯を全号買おう。私は漫画ファンではないけれど、子供の頃だけは漫画をみていた。しかし、70歳にして手塚の漫画に戻ろう。
11-09 17:12

そうか、トランプかあ。今朝から色々あり、精神安定剤飲んで、ワンコと散歩。少し心が楽になって、テレビを観たら、そうか。トランプか。頭痛がまたして、頭痛薬を飲んでしまった。もうアメリカのニュースは観ない。
11-09 17:08

おはよう。昨日はアメリカから戻ってきた娘と久しぶりに喧嘩なしにランチした。シドニーに住むのは住宅事情が悪いため諦めて前に住んでいたゴールドコーストに行くという。距離があったほうがお互いにいい。もう違う人生と人生観を持っているから。と、高齢の母は思う。
11-09 05:40

FC2Ad