ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

You are not the only one! たった一人ではできないことも。。

ドリーマー

やはり人と人との出会いしか、私たちが夢を実現する方法はない。
そう思ったのは、実は最近のこと。
そう思い始めてから、人との出会いを大切にし始めました。

どうしてできないのだ。
どうしてできなかったのだ、と悩む前に
まず、自分と「違う」人たちと出会うことが必要なのです。

私は、これまで、全て自分だけで決めて自分だけで行動してきました。
人に任せるとか、人と繋がることを、潔しとしませんでした。

しかし、1人では夢は実現できません。
繋がることで、夢が実現できるのです。
もうすぐ70歳になる私ですが、
私には夢があります。

夢を語れる人たちと出会って、
夢の実現に向かいたい。


You may say I'm a dreamer
But I'm not the only one

単なるドリームに過ぎないよと
人はいうかもしれない。
しかし、僕は一人ではない。
夢は、人と繋がれば、実現できるんだ。
スポンサーサイト

テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

Happy death! 人生の生と死の意味

quote-img-01.gif

ダヴィンチが言っています。
As a well-dpent day brings happy sleep,
so a life well used brings happy death

一日が充実していてゆっくり眠れるのであれば、
充実した人生というのは、幸せな死、人生の終わりの時をもたらす。

.......レオナルド・ダヴィンチ

まさにその通りですね。
死を怖がらずに、毎日を充実して生きる。
そうすれば、いつか、幸せな終わりが来る。

大晦日に92歳で亡くなった主人の母は、
まさに、その通りの幸せな死を生きました。

テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

Faith 自分の信じること

faith.jpg

自分の信じることを貫くというのは
自分が生きる証だと思います。

自分の信じることを貫かず
自分の信じないことを行ってしまうえば、
息を引き取るときに
必ず悔いが残ります。

若い時のことです。
就職試験の話が出た時に
試験の係官に
「仕事を上げると言ったら
自分の靴底を舐めるか」と聞かれたそうです。
その話を聞いて、私は思いました。
そんな会社はろくでもない会社だ。そんな質問をする人間もバカだ。
そんな会社では仕事をしたくないと。

あなたならどうしますか?
靴底を舐めろ?
もっとも、知り合いの会社の社長は、
その知り合いに、土下座をしろと言ったそうです。
いまどき。
いずれにしても、そんなことまでして、そんなところの仕事をしても
決していいことは何もありません。

給料がいい?
待遇がいい?
それがあなたの幸せ?

それが、あなたの信念であれば、私は何も言いません。

しかし、人間の一生は、言葉通り一回だけです。
金を持っていても、地位があっても、
死ぬのです。

であれば、自分の信じることを貫いたほうが、
幸せな一生になるのではないでしょうか。

こわい?どうして?
なにが?

原点に戻りましょう。
自分の信念を曲げてまでやったことは
必ず悔いが残ります。
死ぬときに。

Let your faith be bigger than your fear!
あなたの信念が、恐怖を乗り越えていくことができますように!

テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

NO new year resolution! 一年の計はなし。

shutterstock_62795851.jpg
一年の計のことを、英語で 'new year resolution'と
いいます。
このresolutionは、必ず失敗するのだと言っている人がいます。
それは、一年に一度だけするからだと。

思いだせば、
私は、この年になるまで一年の計を
考えたことがありません。
もともと計画をしないで生きてきたのです。

計画を立てないということは、いいことも悪いこともあります。

それで、この年で?一年の計を立てる?
いいえ、立てません(苦笑)
でも、今年の計画はあります。
去年一年、心と頭の中に渦巻いていた計画。

つまり、今年の計画は、
これまでやろうとしてやらなかったことを実行すること。
やれなかったというより、やらなかったが正しいのですが、
それをやり遂げるという計画です。
やれないというのは、
やらないからです。

やらなかったことが沢山あって、
それが全部実行できるかどうかは分かりません。
でも、やってみます。

まずは、本を書くこと。
長い人生ですから、
どの部分を書こうかと迷いましたが、
自分が一番、書きたい部分を書こうと
思いました。

書きたい部分は、
今まで書きたくなかった部分。
書けなかった部分です。

でも、心の扉を開いて
書くことにしました。

それは、私が未婚で子供を産んで
結婚するためにアルゼンチンに行って、
軍の独裁政権に苦しむアルゼンチンの人々の生活を
見聞きしながら、
結婚するために行ったが、
実は不可能だと分かった時。
絶望。

しかし、ラッキーにもそれを乗り越えることができて、
アルゼンチンを出て、
偶然にもオーストラリアにやってくることができた。
今の幸せは、過去の間違いからきている。

その話を様々な人々にすると、
多くの人が、口々に、
元気が出ると言ってくれて........。

だから、その話を、
話で終わらせずに
本として残してみたいと
考えました。

それが今年の計画の一つ。
新年になる前に、その思いが強くなり、
その思いを支えてくれる人々と出会い、
やっと本が実現できる自信がでてきました。

他にも.................
「ハイランド真理子の人生が変わる英語教室」を
もっと内容を充実して、
若い人から
高齢者まで
新しい人生を歩むことができるように
日本全国に広げること。

このセミナーは、
今まで単なる、私のお喋りで終わっていましたが、
これからは、
もっとオーガナイズして、
多くの人の役に立つように、
実施したいと思っています。
英語は、勉強の手段や目的だけではありません。
英語は、人生が変わる魔法の杖なのです。
そうそう、これもそれを実現するチームができました。

一人では何もできないのです。
様々な人々の力を借り乍ら
今年は、
更に頑張ります。

アラセブンでも、変われる?
変われます。アラエイトでも。変わろうとさえ思えば。

一年に一回だけの計ではなく、
今日から、明日になれば明日からでも......
毎日がフレッシュスタートです。

毎日、毎朝、新しいresolutionを持ちたいと思います。

テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

FC2Ad