ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

年をとることのアドバンテージ

e4_old.jpg
年をとるのが嫌だ?
私は好きだな。
若くなりたいとは思わない。

年取って結構いいことばかり。
だから、私は、必ず年齢を多く偽る。
今70歳っていっているけれど、
70を過ぎたら、80って言う。

結構みんな大切にしてくれるし。

いえ、70歳には見えないですよ。
ほほほほ。
そういえば、最近も、ターコイズカラーのマネキュアして
金色と赤とブラウンの実にカラフルな髪に染めて。
40歳?
それはないよね。
ほほほほ。
50歳?
あるかも。
ほほほ。

なんていいながら、
年をとっているというアドバンテージは、
この英語のように、

笑って、咳をして、
くしゃみして、
それからついで、おしっこも一緒にできることかな。

ほほほほ。
スポンサーサイト

テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

日本の悪いところ。いいところはあっても、

images (10)

久しぶりに大学の先輩と会いました。
後輩とも一緒でした。
3人とも、シドニーでお互いに何中年も住んでいます。

大学同窓会の改革についても話しました。
ただ、飲んで騒ぐだけでない会にしようじゃないか。
飲んで騒ぐだけでいいと人もいます。
同窓会なんてそんなもんだと。
でも、我々3人の意見は異なりました。
改革をしよう。
こんな話を一緒にできるのは嬉しい。

話は色々なところに向かいました。
政治。
海外にいると、外から日本を見ます。
恐らく、我々が日本を視る目は違っています。
平和は、与えられるものではないのだということも
我々3人の共通点でした。

さて、日本人の悪いところの話がでました。
3人とも日本人はいいところもあるけれど、
悪いところもあると理解しています。

とくに、
日本人の、見ざる聞かざる言わざる的な態度は。
Hear No Evil See No Evil Speak No Evil

これでは、海外から信用をされません。
日本の人たちの中で仕事をしていると、
こうした(見ざる聞かざる言わざる」的な態度をとる人たちを多く見ます。
自分の意見を持たない人。
信念を持たない人。
こうした人たちがビジネスや、そして政治をつかさどっている限り、
日本人は信用されません。
日本人のお・も・て・な・しは評価されているなどと、自分たちだけで
自画自賛せずに。。。。
自分たちの悪いところも指摘してもらい、
直してもらいたいものです。

テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

Forever young! いつまでも恋していたい

ダウンロード (10)
今日も、愛犬サリーと散歩しました。
あ、メークアップ。
私はいつも散歩するときに、
メークアップを忘れません。

どうしてなのよ。
お代官様こと、娘。
だって、誰に会うか分からないじゃないの。
特に、素敵な男性に。

まあ、いや。
いい年して。

なんていわれても、私はかまへん。
70歳になったって、80歳になったって、
恋をしていたい。
ドキドキしていたい。

今日も、若くて素敵な男性に会いましたよ。
まあ、孫ぐらいの年かも。
ハンガリアンビシュラーという
素敵なハンティングドッグを連れていました。
うちのサリーと気があって、
転げまわって遊んでいました。
その間に、彼とチャット。
ああ、私がもう少し若くて、
独身だったらなあ。
なんて、思いました。

犬と一緒に婚活って、
アメリカで流行っているらしいけれど。
それ、絶対いけると思う。
犬は、人と人とをコネクトしますからね。

これだけ年取ると、
若い男性は単にみるだけ。
あるいは、話をするだけだけれど。
やはり素敵な若い男性と話をすると、
ドキドキする。
優しくしてもらうと、もっとドキドキ。

もっとも、年寄りに優しくしようと
思ってるのかもしれないけれど(苦笑)

昔聞いたことがあります。
80歳になっていても、フランスの女性は、香水をつけるって。
だって、
何が起きるか分からないでしょう?

分かる。
フォーエバーヤング。
私のポリシー。

テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

夏がくれば思いだす

ダウンロード (9)

オーストラリアはまだ冬です。
でも、少し春がきているような感じです。
花のつぼみも膨らんできました。

日本は夏ですよね。
それも、大変暑い夏なんだと聞いています。
こちらのSBSテレビは、移民のためのテレビ局。
様々な国の言葉で番組が作られています。
日本のHNKテレビも観ることができます。
毎日、今年の厳しい夏の様子が伝わってきます。

夏って、、
子供の頃は特別な思いがありましたよね。
夏休みのせいかもしれません。
学校にいかなくてもいい。
勉強しなくてもいい。普段できない特別なことができる。

私は、おばあちゃんや、嫁いできたおばさんの実家に行きました。
おばあちゃんの実家は、宮城県北部の佐沼。
おばちゃんの実家は、白石方面の川崎。
田舎の夏は、本当に魅力的でした。

様々な色と音に囲まれていました。
せみの声。川の流れ。
スイカの赤。とんみぎ(とうもろこし)の黄色。
きゅうりの緑。
青い空。白い雲。

絵日記。
盆踊り。
そして、あ、宿題。
まだやってない。

夏は、子供にとっては、天国でした。

オーストラリアの夏と、日本の夏は、やっぱりどこか違います。
アルゼンチンにいたときも、そう感じました。
アルゼンチンも、オーストラリアも、
季節に突入するって感じがします。
でも、日本は、季節が巡ってくる。

日本の皆さん、夏を存分にお楽しみください。
暑そうですから、お身体にきをつけて。

テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

まだだいじょうび。笑っていきています。

Age-Quotations.jpg

しばらく更新しなかったブログ。
死んでるんじゃないかなあ。
なんて思っている方がた。
いえ、大丈夫です。
まだ生きています。

色々あるけれど。

笑っています。
笑いはあります。

この前のこと。
仕事に出かけるのに、社会の窓をあけてでかけました。
社会の窓がわからないかたへ。
ズボンの前のジッパーのことです。

仕事先について、あら。
あいてたわ。
でも、最近は、オーストラリアでも皆スマホ。
どんなに美しい女性の顔も、
どんなにハンサムな男性の顔も、見ていません。
みんな下を見ています。

だから、だいじょうび。
叔母さんのズボンの社会の窓なんか開いていても、誰も気が付きません。
胸だしても、見ないのではないかと思います。
ははは。

履いているズボン。脚の部分が膨らんでいる。
仙台弁で、「いずい」。つまり、もこもこしていました。
で、触ってみたら、
ズボンの中に何か、はいっています。
あ、靴下。パンティというか、パンツが入っていたこともあります。
便所にいって、ズボンの中から靴下をレスキューしました。

まあ、こんなこと数ありますよ。
笑いが私の力です。笑いが、若さと馬鹿さの秘訣です。

「笑いは時間を超える。
想像力には年齢がない。
そして、夢は永遠。

ディズニー」

想像力?
そう。100歳まで生きて仕事をしたい。
そして、今、している私を想像しています。
夢?
たくさん。書ききれません。

テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

FC2Ad