ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

New dog for old people 年寄りにこそ新しい犬を

ダウンロード
実は、サリー、今のラブラドゥードルの仔犬が縁あってうちに来るまでは、
主人と、様々な話をしていたのでした。

シニア犬はなかなか引き取り手がないから、
うちではシニアがシニア犬を飼おうか。
数年の間かもしれないけれど、でも、幸せにしてあげられれば。

ところが、縁あって、うちにやってきたのは、仔犬でした。
元気のいい、いたずらな仔犬。
メガネは壊すし、靴は傷だらけだし。
壊されたものは数知らず。
とにかく、英語だとhandful 手がかかります。

今日も歩いてきたら、リードをぐんぐん引っ張る。
見ている人が、
「あら、散歩に連れてきてもらったのね」ですって。
確かに、そう見えるかも。

でも、彼女からもらう元気は尋常ではありません。
何だからこのまま何中年も生き続ける気がしています。
おまけに
気難しい主人が、変わり始めました。電話を受けるしかしないiPHone5で
写真を撮り始めたのです。
何枚も。寝てる姿が可笑しいともう何枚撮ったことでしょう。

この前、仕事部屋で仕事している私に
隣の部屋の主人から電話がかかってきました。
????なんなのよ。
「そっときてみろ。サリーがディズニーを観ているから」
確かに。サリーは一生懸命、ディズニーのBambiを観ていました。

ああああ。

でも、サリーがいるから、私も病気に気を付けて
頑張らねばと思います。
主人も同じ気持ちです。

全くの仔犬は大変かと思いますが、
我々のように年をとったカップル、
あるいは、一人暮らしのお年寄りは、
やっぱり犬と、あるいはペットと暮らした方が、
いいのではないかと思います。

大変だったら、あとはケアラーさんやペットシッターが協力をすればいいのです。
そういうビジネスもぜひできて欲しい。

自分が死んだときのことを考えると新しいペットは飼えないという人がほとんど。
いえ、違います。彼らが私たちを長生きさせてくれるのです。
スポンサーサイト

テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

Clapping の訳

clapping.png

主人と昨日の夜話をしていました。
主人と「一緒」とは、いっても、主人は「俺は聞くだけで、お前が話すだけ」だと
言っていますけれど。
しかし、昨日は私がこんな話をして、主人が最後に「上手に」まとめてくれました。
「まあ、私のお喋りでも、面白いとか、元気をもらったっていう人が
いるのよね。だって、セミナーの終わりにはみんなでclapping (拍手)してくれるもの」

と言ったら、主人は
「お前のつまならない話が終わって嬉しかったんだろう」
って。
ばか。

さて、このclappingは、日本人にとってなかなか難しい言葉。
とくに、日本人はLの発音が苦手。注意をしないと
どうしてもcrapping になるのです。
Crapping? これは、ウンチをするとということ。

前に、オーストラリアの本人社会でこんな話が伝わりました。
小学校の子供のクラスにボランティアでヘルプに行った
日本人のママさん。
みんなで、「さあ、手をたたきましょう」と歌っていたのですが、
ある瞬間シーンとなったのに、日本人ママさんが気が付きました。
子供も含めて、皆、彼女を見ているのです。えっ、どうしたの?
彼女は、大きな声で「うんちしましょう、うんちしましょう」って歌っていたのでした。

ほんと?
I don't know but.....ありそう。

皆さん、LとR気を付けましょうね。

テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

犬はいいけれど。。。

images (19)
こんなサイン見つけた。
おもろい。

「犬はいつでもどうぞ。
人は、とりあえずアポとってからきてね」

こんなサイン日本にあったらどうだろう。
え?
人権侵害?
なんていう人もいそう。

この前、
私が卒業した早稲田大学を
馬鹿だ大学と言ったら、
「早稲田卒業した人に失礼ではないでしょうか」
と言われたことがありました。

あのお。
とりあえず、早稲田出ているのですが。
でも、自分で言う分には?
おまけに、それ冗談なのですが。。。

それにしても、その早稲田出身の森元首相が、
オバマ大統領に、How are you?(お元気ですか?)
というつもりで、Who are you? (おい、お前は誰だ?)
って聞いたといいます。オバマ大統領は、一瞬ぎょっとして
それから、I am Michelle's husband ミシェルの旦那ですって答えたらしい。
何という、ユーモアのセンス。
そしたら、早稲田大学、いえ、バカだ大学卒の森さんは、
Me too! 俺もって答えたらしい。ぎょっとしたオバマ大統領。
そのあと、会談はシーンとして終わったのだといいます。
森さん、あなたはやっぱり、バカだ大学卒。

さて、ワンちゃんのこと。

犬はねえ。人を批判することもないし。
騙すこともないけれど。
人間は批判したり、騙したり、
娘にあっては、せびったりするものねえ。
やっぱり犬がいいなあ。い

犬はいつでもどうぞ。
人間は、とりあえず、アポをとってからきてね。

テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

Future 未来を目指す若者たち

images (3)
未来は、
夢を持つことの素晴らしさを信じる人たちに
やってくる。

20年前のことでした。
JRAの騎手学校を目指した若者たちが
何百人もいて、
わずか10人しか受からない。
試験に落ちた何百人もの若者たちは
一体どうするのだろうと考えました。

そして、学校を作ることにしたのです。
その学校に多くの若者たちがやってきて、
また次の学校にも多くの若者たちがやってきて、
そして次の学校にも若者たちがやってきました。

彼らは騎手になり、
厩務員になり、
調教師になり、
攻め馬手になりました。

4つ目の学校?
無理だ。
と思ったのに、
競馬の管理母体の方から
日本人はオーストラリアで活躍している。
実績もある。
オーストラリアの若者たちは、
競馬学校に入って来ない。
競馬を目指さない。
日本人を連れてきてくれないかと頼まれたのです。

そうか。
やってみるか。
珍しく、私にしては、嫌々ながらのスタートでした。

しかし、この学校に、
今年2人、もしかして3人やってきます。
騎手を目指しています。

前と違うのは、英語ができなければ
騎手の学校には入れないこと。
壁が高い。
オーストラリアは物価も高くなり、
授業料も高いし、生活費も高い。
でも、この若者たちは、やってくるのです。

よし、彼らのために
私ももう一頑張り。
彼らが、オーストラリアで成功するのを応援しよう。

夢を見ることの素晴らしさ。
私はそれを信じています。

テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

Breathe, 大きく息を吸ってリラックス

images (2)
実はここ数日心が騒いでいて、
眠ろうとしても、様々な思いや心配事が
思い出されて眠れませんでした。

起きていても、
ため息が出て、
様々なネガティブな思いが次から次に
浮かんできて、
ああ、このまま消えてしまいたい。
などと、ふと思ったりして。

いけない。
いけない。

そこで、大きな息をして、
ぐちゃぐちゃになった頭を抱えながら、
出かけることにしました。
仕事に。

バスと電車を乗り継いで
仕事場まで。

バス停でバスを待っていたら、
近所の叔母さんが話しかけてきました。
こんにちわ。やっと雨が収まったわね。
叔母さんは、私に
「あなたは、いつも素敵にドレスアップしているのね」
実は、昨日は、何も考えずに、化粧もほとんどせず、
ただカラフルなジャケットを着ていただだけなのです。
彼女の言葉は、心を温めてくれました。

彼女は40年前にマレーシアからオーストラリアに移住して
きたのだそうです。
今度、お茶飲みましょうか?と私。
そうね。それはいい考えね。
私の名前はパッツイー。
何中年も彼女の顔を見ているのに
昨日初めて名前を知りました。
彼女の電話番号を、トトロの手帳に書いてもらったら、
彼女は、
まあ、可愛い。にっこり笑って、
日本製でしょう?そんなに可愛いのオーストラリアにないもの。

仕事から戻り、
主人に、美味しいカレーを作ってもらったら、
私は、また
いつもの、超ポジティブな私に戻っていました。

大きく息をして、また頑張りましょう!

テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

FC2Ad