FC2ブログ

ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

日豪の間を行ったり来たり。膵臓のないアラエイト。仕事もフル回転。

エコノミストの効用?

IMAG0813 (2)
この前仕事に行こうと思ったら
駅のニュースエージェントで
この雑誌がふと目に留まりました。

中国は何を欲しいのか?
知りたい。
もちろん誰もが知りたいと思っているはず。

エコノミストなどという雑誌は、
今までほとんど読んだことがありません。
雑誌は昔から大好きで、
大昔の話ですが、コピーライターをしていた時代には
ひと月20誌ぐらい読んでいました。
そういえば、当時は本もたくさん読んでいましたねえ。
(.....あまり仕事以外の本を読まなくなってから久しい....)

しかし、エコノミストは読んだことがありません。
当然ながら経済は私の弱い分野でもあります。

海外に出てからも、アルゼンチンではスペイン語の、
オーストラリアでは英語の新聞や雑誌を読みますが、
エコノミストは....

タイトルって大切ですよね。そのタイトルだけで買ってしまいました。
しかし、読み始めて、少しスローダウン。
字が目茶苦茶小さいのです。
老眼の私には苦痛でしたかありません。
読もうか読むまいか、ハムレット的な心境でいます。

しかし、この雑誌を買ったらこんなことがおきました。
買ってからバスを待っていました。
老年の紳士が私に
「あなたはインテレクチュアル(高い学問を習得している)に違いない」
と話しかけてきたのです。
「えっ?」
「なかなかそういう雑誌は普通は読みませんからねえ」
「あら、私はインテレクチュアルではないですよ。ただタイトルに魅かれて」

彼は私が中国人と思ったのかあるいは.....
「それにしても、あのクライブ・パーマーはバカだ」
クライブ・パーマーとはオーストラリアの実業家で政治家で、
最近、中国のことを「バカ呼ばわり」したのです。

で、彼は
「あなたはどこのお生まれですか?」
「日本です」
「日本人とは思わなかった。英語に日本のなまりもないですね」
私は笑って「そうですか。でも、海外に出ると、私はオーストラリアなまりで話すと言われますよ」

バスがきてバスにのっても延々と話は続いた。

そうか。エコノミストにはこんなご利益があったか。
でも、話しかけてもらうなら、もしかしてイケメンの若い人が良かったかも。

さあ、いったい中国が何を欲しがっているのか、
大きな虫眼鏡でエコノミストでも読もうかな。
これじゃ、若い人に声かけてもらえないか(苦笑)
スポンサーサイト