ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

なんとかリョクねえ。負けないな。

images (16)
最近日本では、何とかりょくって流行っているのね。
あんまりあり過ぎで、うんざり。
私たちの頃は、体力だの、資金力だの(もったことがないけれど)、能力(これもない)だの、
魅力(あ、これも全くない)だの、眼力だのと言っていたものですが。
今は、女子力だの、叱られる力だの、うんぬん「りょく」だの、かんぬん「りょく」だの。


しかし、よく考えれば、私も色々なところで「りょく」があるな。
と思い始めました。

まあ、おしゃべり「りょく」
いびき「りょく」におなら「りょく」
これは、絶対に負けない。
おしゃべり「りょく」はすごい。私は、8時間でもしゃべっていられる。
ギネスブックに挑戦してみたい。

それから、先日シドニーの家に戻ったら、
翌日の朝、主人が言いました。
「しかしなあ。いびきを一晩中かかれて眠れず、しーんと静かになったから
寝ようかと思ったら、今度は、ブーっとすごいファート(おなら)。
そのタイミングには驚いた。お前はすごい能力がある」って言われました。

そういえば、帰りの飛行機で無料のアップグレード。
なんと、ビジネスクラスに乗ってきたのです!
お金がなくなってから、かなりたっていますから、
ビジネスクラスに最近はほとんど乗ることがありませんでした。
が、人柄のせいか、見栄えのせいか。
ビジネスクラスになったのです。

隣のオジサン、といっても、私より若いのよね。きっと。
外資の人だといっていましたが、
私が「私トイレが近いので、ご迷惑をかけるかもしれませんが」
と言ったら、にっこりして「どうぞどうぞ」と言っていました。
なのに、ビジネスクラスの美味しい夕食を食べてから(強調)、
横になって寝て(これができるのですよ、クラスが上がると。これも強調。)
朝、起きたら、その人の顔つきが変わっていました。
話しかけても、そっけない返事。

そこで気が付いたのです。
私、そういえば、自分のいびきで起きちゃったな。
で、もしかして、その上に、ファートなどして
彼にご迷惑かけちゃったのかしらって。
彼はおそらく、正規のビジネスクラスの切符を買ったに違いありません。
まあ、会社がということですが。
なのに、いびきをかいたり、おならをしたりするおばさんと一緒なんて。
なんてアンラッキーなこと。

こんなこと、娘の時にしたら、自分に失望して、もしかして自殺などしていたかもしれませんが、
まあ、今は。ソーリー、ソーリー、ひげソーリー。って感じ。

あ、私は、おそらくシニア「りょく」があるのかも。
何をしてもめげない。すべては年のせいにしてしまうシニア「りょく」
これだけは人に負けないです。
今度どこかの出版社に本を書かせてもらおうかな。
スポンサーサイト

勝てない戦いはしない!

昨日、シドニー空港に着きました。
今回は3週間ほどの長い仕事でした。
一日も休みがありませんでした。
しかし、多くのものを達成し、
今後の大きな方向性も見出しました。

3週間の間、
仕事仲間のスティーブといろいろ話をして、
あることに集中することにしました。
勝てる戦いをすること。

スティーブも
勝てない戦いはしない。
自分たちが、いくら考えても、
説得しても、
きちんとした仕事をしたくない人たちを仲間に入れるのは無理だ。
と言いました。
あるいは、よりよくなろうという気持ちのない人たち。
安くあげることだけ考えて、
質の高いサービスを必要としていない人たちを
無理して説得するのは無駄な努力だということに
私とスティーブの意見は一致しました。

さて、今後の方向性を、
絵にする仕事が待っています。
がんばります。



悪魔的?ああこわい。

捻挫した足を引きずりながら先週一週間仕事をしました。
足?そうですね、まだ腫れています。

それから、先日手術をしたはずの耳が痛い。
そしたら、先日、「ためしてがってん」というテレビ番組で
、悪魔的という中耳炎の話をしていました。
ホテルに戻り、偶然つけたテレビでした。
ラッキーとしか言いようがありません。
そのあと、妹からも電話がありました。

悪魔的。
この中耳炎は、なんでも、私のように喘息を持っている人がかかる中耳炎なのだそうです。
私は、子供の頃よく中耳炎を病んでいました。

これは治ることがなく、50歳以上の人が多くかかるもの。
しかも、まったく聞こえなくなることもあるのだそうです。
怖い。

そういえば、耳が痛くなったころに、
喘息が出始めました。
オーストラリアの耳鼻科の医者は
これを知らないはずです。

人より元気だと大きな顔をしていましたが、
捻挫といい、
喘息といい、
中耳炎といい、
満身創痍。

年をとるということは、
こんなことだったのか。
あまりいい気になるなよ、
真理子。

テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

どうなることやら

先週、人生で初めて足をくじきました。
ほんのわずかなステップを踏み外したのです。
で、
捻挫。
足は二倍ぐらいに腫れて
毎日足を冷やし、
杖を突いて歩いています。

いえ、腫れはかなりひいています。
が、
杖はまだ、離せないかも。

なのに、
明日から日本出張。

スーツケースをつめました。
この足で、杖を突きながら
いけるのかなあ。

いけるさ。
いかなきゃないから。

誰か、イケメンの若い男性が
「あ、大変そうですね。お手伝いしましょうか」
なああんて、言って助けてくれるかなあ。

無理よね。
皆スマホして歩いているもの。

では、皆さん。
日本でお目にかかりましょう。
足の話で、
あしからず。、

テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

FC2Ad