ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

コーヒーの話

IMAG0402-002.jpg
父はアルコールが一切ダメ。
だから、
子供の頃から、アルコールの代わりに?コーヒーを飲んでいました。
仙台。東北の中心と言っていたけれど、
まだ田舎。だから、ほとんどの人は家でコーヒーを飲むなんて
しゃれた真似はしませんでした。
インスタントコーヒーはまだ出ていない時代です。コーヒーを飲む人は、
それなりの努力をしなければ飲むことができませんでした。
ドリップコーヒーもなかった時代です。

父は、コーヒーを飲んでいました。
自分で、豆を挽いたこともありますが、
たいていは、藤崎デパートで
コーヒーを買ってきました。
好きなブランドは、ブルーマウンテンとキリマンジャロ。
何になさいますか?と店員に聞かれて、一番高かった「ブルーマウンテン」というのが、
母の自慢のようにも思えました。

サイフォンからぶくぶくコーヒーが流れ出すと
いつも、一種の満足感を味わいました。
サイフォンの向こう側に見える父の笑顔。
コーヒーカップは、少し厚手の陶器。
モダンで繊細な父の好みでした。

先日、娘と日本に行ったときに、
銀座で、パウリスタを見つけました。
ここは、確か、母と上京した時に、一緒に行った店だと思いました。
父は、外国から戻ると、内幸町の本社に少し勤めていたのです。
まさに、有楽町で逢いましょうとの時代でした。
パウリスタは、店の歴史を読んでみましたが、ここは、なんと100年以上の物歴史があるのでした。

店の中の調度品は、100年は経っていないにしろ、
なんだか、当時のモダンさを表しています。
古いものが好きな娘が喜びました。

パウリスタには、ジョンとヨーコも来たんですって。
マリコもきたんだぜー。IMAG0401-003.jpg

スポンサーサイト

うんの話

娘と二人連れの旅が終わりました。
最後の晩に、
一触即発になりましたが、
なんとか、ショッピングで(これが、お代官様の気持ちを直す最上の薬のようで....)
爆発せずにすみました。

ショッピングは、
銀座の「花正「でのお買い物。
あそこは、飲食店専用の食料品店です。
娘は日本食が好きなので、
なんやかや言いながら見て回ったら、
ご機嫌がなおりしました。

成田に向かう空港バス。
今までは、リムジンバスが、一人3千円だったのですが、
なんと、最近は、京成や平和交通が、一人千円のバスを出すように
なりました。ラッキー。

ホテルの前にバス乗り場があったので、
「うん」がよかったです。
で、バスに乗ったら、携帯にメッセージがあって、
私たちのジェットスター便がキャンセルって。
きゃっ。パニック。
すぐジェットスターに電話したら、
お泊りの際には、1万円お支払。夕食は三千円。などと言われて
まあ、持ち出しはないけれど、一日遅くなるし。。
まずは、空港に行ってみたよう。

カウンターで、カンタス便がありますので、お振替えしますといわれました。
ジェットスター便は、ケアンズ経由ですから、なんと「うん」のいいこと。
でも、娘と相談して、あまり喜んだ顔をしないことにしました。
「えええ、直行便ですかあ。ケアンズで、買い物したかったんですよねえ」とか、
「ケアンズで人と会いたかったですよねえ」とか、言おうって相談していました。
なんて言ったら、「では、ビジネスクラスにどうぞ」って言われるかもなんて。
さすがに、ビジネスクラスはありませんでした。でも、正直「うん」がよかった。

家に戻ってきて、
私の大好きな洗濯を目いっぱいしました。
私は、これが一番好き。私の最大のホビーです。
ブッシュファイアーが少しおさまり、
シドニーには、青空が戻ってきていました。
洗濯ものを干そうと思ったら、
あっ、洗濯ばさみが落ちました。
拾おうと思ったら、サリーのウンチがもこっとありました。
もう少しで、ふんじゃったかも。
いえ、洗濯ばさみをとるときに、
手を入れていたかも。
でも、洗濯ばさみは、うんちの通り過ぎて、
すぐそばに落ちたのです。

ああ、私は最近なんと「うん」がいいのでしょうか。
と思って、さっき、洗濯ものを取り込みに行ったら、
美しく?乾いた洗濯ものに、鳥の「うん」がついていました。

このジョークは、オーストラリア人にはわかりません。

お代官様、連れてきてよかった

P1080523.jpg
お母さんと一緒に日本に行くと
お代官様が言った時には
正直、冗談かと思いました。

仕事なんだからー
って言って、軽くあしらったけれど、
彼女は何度も繰り返したのです。

彼女が、本当に行きたいのだと思い始めました。
最初は、ちょうど休暇に入った主人もと
思いましたが、愛犬サリーは、目が見えなくなっており、
普通のボーディンケネル(日本のペットホテル)には、
預けられないし、経費の件もあったし、
3人一緒は無理だと思いました。

仕事?
そう、今回の訪日、目的は仕事なのでした。
でも、考えてみたら、私は
これまでも、いつもいつも、仕事を優先していたので、
子供たちと一緒にいる時間が、ほとんどありませんでした。
今まで.......

今やらなかったら、いつやるのだろうと考えました。

最初は、お互いに、一緒にいることに、ぎこちない感じがありました。
喧嘩をしそうになったことも何度もありました。

私の仕事の間には、彼女は、ファームステイをしていました。
その間、何度も電話を私にしてきましたから、
彼女は私を頼りにしているのだと確信しました。

そろそろ、旅も終わります。
今日は、彼女は初めての着物を着ました。

とても素敵でした。
思わず涙がでそうになりました。


お代官様と一緒の旅、これからもまた機会があるのかどうかわかりませんが、
今回は無理しても連れてきてよかったと思いました。

24歳になったお代官様。
24年間の空白が埋まったような今回の旅でした。
【“お代官様、連れてきてよかった”の続きを読む】

お代官様との旅

実は来週から、
お代官様と一緒に、日本に行きます。
ちょっと怖い。
つまり、お代官様に、いろいろお叱りを受けるのが。

しゃべりすぎるとか。
はしゃぎすぎるとか。
洋服はこれにしろとか、やめろとか。

お代官様は、この一年間、仕事をしながら
大学の新しいコースをとって
好きな勉強だけれど、
宿題は多いし、大変らしいのです。
親ばかですが、彼女のデザインしたファブリックは
すごいー。世界的なファブリックデザイナーになるような気がします。

ストレスがたまったから、
一緒に日本に行っていいかしら?
ええ?
お母さん仕事なんだけれど。

でも、よく考えてみたら、
今後、二人で旅をするなんてあまりないかもしれない。

ので、
OKしちゃいました。
ジェットスターの安い飛行機もとったし。
というか、私はどんなに安くてもジェットスターだけは
だめなのです。200ドルぐらい高くても
JALとか、ほかの会社がいい。
でも、今回は二人分だから、ジェットスターになっちゃった。
おまけに、今ジェットスターは、キャンペーン中。
往復の、帰りの分が、
1ドルというんです。
まあ、これにはからくりがあるんですけれどね。

つまり、エクセスのラゲージとか、
席の指定とか、
食事代払ったら、
最終的には、結構な値段になりました。
でもまあ、考えてみれば、2週間分のJRパス買ったら、
飛行機とほぼ同じぐらいえしたね。

主人はちょうど仕事が休みで、
愛犬サリーと、家でお留守番。
もっとも、主人の次の休みには、
ぜひ日本に連れていきたいなあ。

お代官様に、日本では、トトロの森に連れていくように
「指示」されました。
「はい」
所沢に、真っ黒黒助の住んでいる家があるようですから、
一日仕事を休んでお連れしますだ、お代官様。
そして、この日が私の唯一の休日。

それもいいかあ。

FC2Ad