FC2ブログ

ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

日豪の間を行ったり来たり。膵臓のないアラエイト。仕事もフル回転。

愛していると言っておけばよかった。

昨年の今日、たった一人の弟が、天国に旅立ちました。
私は、長じてから、ほとんど、家におらず、
弟とは、ゆっくり話をしたことがありません。

でも、思い出せば、両親が仙台に戻り、
八王子で、私と弟は、一緒に住んでいました。
彼はギターを習い始め。
二人で、ピーター・ポール&マリーや、
当時流行った歌をデュエットしたことがありました。

私は彼がどんな青春を送っていたのか、
彼がどんなことを考えていたのか、
ほとんど知らないで今まで暮らしていました。

彼の考えていることが少し分かったような気がしてきたのは、
ブログやフェースブックを通じてでした。

私が、日本に頻繁にやってくるようになり
話す機会も会ったのに、
弟は私を批判しているようで、
私は避けました。

今、私の携帯には、2年前に、
弟が、私を心配して送ってきたメールが残っています。

これを読みながら、
読み返しながら、気がつきました。
弟は私を愛していたのだと。
......
私も、弟に、
愛しているといえばよかったと反省しています。

私が、それにもっと早く気がつかなかったことを詫び、
彼が私にしてくれたことを感謝し、
そのことを彼に告げ、
愛していると、彼に言ってあげればよかったと
悔やんでいます。

家族。
一番近いのに、血のつながりに甘えてしまいます。
だから、時には、家族が、一番遠く感じることがあります。
家族が家族であるためには、努力をしなければならないのだと、
思います。

今、弟のことを思い、
一杯涙を流しながら、
弟が天国に旅立った夜を過しています。
Miss you, Toshiki.
スポンサーサイト