ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

嫁にいけない!

私達の頃は、女が、4年生大学に行くと嫁に貰い手がない。
短大にしておけって言われた時代でした。
でも、やっぱり、大学に行きたーい。と言っていくつか
受験しました。
外語大学?ロシア語?イメージが悪いといわれました。
まあ、幸いかな、外語大学のロシア語科は落ちてしまい、
親はホットしたようでした。
慶応は、ドイツ文学を受けました。
いい加減なものです。ロシアとかドイツとか。
おい、何でもいいいのか。まあ。
結局は、何とか、早稲田の第一文学部に入学することができました。
専門に進むときにも、本当は、ドイツ文学に進みたかったのですが、
父が「ドイツ語ってちょっと固いイメージがある。フランス語の方が
いいんじゃないか。その方が嫁に貰い手があるよ」って言うので、
これまたいい加減に、そうかなってフランス文学を専攻することになりました。


それって、どう考えてもいい加減ですよね。
私って、よほど、嫁になりたかったのでしょうかねえ。

さて、大学在学中に、二人ほど、彼らのお嫁になりたかった人がいました。
1人は当時同じクラスの友人の彼氏の友人で、東大の人でした。
彼は、女たらしで、不良で有名でした。彼女は降るようにいたようですが、
ちょっと付き合ってもらいましたが、結局は、振られました。
もう1人は、早稲田の商学部の彼。
当時、早稲田が菅平に持っていた施設で知り合った彼。
でも、結局は、彼の家族と友達になってしまい、彼とロマンチックが関係になることは
ありませんでした。
ということで、在学中には、嫁にはなれなかったのです。


早稲田を出て、それから、東北大学の研究生になりました。
東京での就職ができなかったからです。
当時は、就職先を探そうと思っても、
「自宅通勤者に限る」という但し書きが多かったし、
JALとNHKを、容姿と優の数で落ちたので、仙台に戻ることにしました。
東北大の研究生は、大学院ではないけれど、その前段階の精度。。だったよう。
そして、研究生の間に、宮城テレビを受けて、
アナウンサーになりました。
最近は、女子アナって、タレントなみなんだそうですが、
私達は、アナウンサーって、ジャーナリストだと思っていました。

もっとも、していたことは、ジャーナリストと言うよりは、
暇ねたのニュースや、天気予報、番組宣伝や、CMの音入れが主な仕事。
後は、コンピューターに入れ込むQシートと言われるものを書いたり、
キー局から送られてくるフィルムのクリーニング、検尺(長さを測ること)
そしてQシート記入、なんて地味な仕事ばかり。事務の仕事がほとんどでした。
テレビ局は当時、かなりの確率で社内結婚が多かったのですが、
これまた私は、誰にも好きになってもらえず、嫁にいけなかったのでした。


それから、嫁にいけない状態は、38歳まで続くのですが。その話はまた次の機会に。
この前、テレビ東京の「海外行くならこーでねーと」という番組のオーストラリア編に
主演?しました。40年ぶりのテレビ出演です。ご覧にならない方は、Youtubueで
ご覧いただけます。ご覧になった方からは、とても楽しかった、面白かった、
ゲラゲラ笑った、役に立ったって言われました。嬉しいです。昔の女子アナ、
まんざらでもないね(苦笑)
http://youtu.be/gU7OFTp5PQQ

http://youtu.be/HeXjGZL8yS0

http://youtu.be/FuoCubd96lQ

http://youtu.be/qrj0g8Mq46I

スポンサーサイト

成功、失敗、そして成功

この前、隣人のおばあちゃんに、小さなクリスマスツリーをあげて
喜ばれたってお話しましたよね。
なのに、この前は、彼女と喧嘩しちゃったんです。
私の住むシドニーは、この前、なんと、46.5度という
記録的な気温になりました。乾燥していたので、
何とかエアコンなしでも何とかなりましたが、
ふと、庭に出てみると、
隣のお婆ちゃんが、フェンスから身を乗り出して
植木を切っているではありませんか。
彼女はこの前庭仕事していて、骨折したばかり。
しかも、その日は46.5度。
あああ。なんていうこと。
と思ってつい、隣まで走っていって、
彼女に言いました。
「必要だったら、植木を切るの、私がしてあげてもいいけれど、
でも今日のような日にするのは嫌だわ。
記録的な猛暑なのよ。
こういう日はカーテンを締めて、家の中にいるべき。
倒れてしまうでしょう」。

確かに、正しかったのですが、
私の話すトーンがきつかったようです。
おまけに私はこんなことまで
言ってしまいました。
「あなたの首に下げている救急対応ベルがあるでしょう。
それは鳴ったら、私のところに電話が来るようになっているの。
だから、私のいう事も聞いてちょうだい」。
彼女は頑固者だから、
「こんなもの首につけたきゃないわよ。ああ、嫌だ。」
「いずれにしても、こんな暑い日に、
庭仕事するなんて、普通の人でも倒れるかも知れないのに」と、
私は続け、彼女との厳しい応酬がありました。


家に戻って、口の中に、苦いものがいっぱい。
ああ、余計なこと言ったかも。
見て見ぬふりをすればよかったかも知れない。
そして、暫くして、彼女のドアをノック。
おやつを持っていってあげました。
私がドアをあけて、「ソーリー」。言ったとたんに、
彼女の罵声。「ソーリーと感じて当たり前よ」。
むむ。
私はまた言ってしまいました。「ソーリーと言ったのは
私の言い方が少しきつかったことについで。でも、言ったこと
自体に間違いはないわ。ところでこれおやつ」
と言って、飛び出しました。
心は高ぶって、もう二度とあの人と会いたくないって思いました。


昨日のこと。
私が、サリーと散歩をしていると、タクシーが止まって、
中から彼女が出てきました。まだフラフラしている。
つい傍に寄って「大丈夫。手がいる?」。
彼女は「大丈夫よ。ところで、この前は、おやつありがとう。
お礼の手紙を書こうと思っていたわ」。
「いいわよ、そんなこと。でも、体が少しよくなってよかったわね。


成功、失敗、成功。でも、また失敗するのかも。
私も余計なことする人だもんね。

シニアになって嬉しい。

IMAG0440_20130117210954.jpg
64才になって、もう十分シニアといわれる年になりました。
なんだか嬉しい。
若い奴らをみながら、「ふん、ナニ言っているのよ。私はシニアよ」
って感じかな。そして、あんた達には負けない。
肌のつややかさや、ウエストの細さや、皺はあるかも
知れないけれど、体力だって、負けない。
えっ、
スマホ?持ってるわよ。
ツイッター。しているわよ。
フェースブック。もちろん。
オフィス10?
あるよ。使い方はこれからだけど。
ウエッブデザイン?できないけれど、勉強中。
ウィンドーズ8?
これも、これからやるわよ。


シニアになって嬉しいのはシニア割引。
日本でも、ホテルや飛行機で、シニア割引もらうと、
やったね。って思っちゃう。
65歳になると、つまり来年なんか
日本の国内航空なら、全部1万円だって言うじゃないの。
もう新幹線はやめる。
オーストラリアでも一杯割引、あるでー。


でも、正直言えば、もっといけてる、シニアむけの洋服の店作って欲しい。
日本では特に、シニアというと、茶色だのグレーだの
所謂「とっしょりカラー」になってくる。
また、デパートの、叔母ちゃん用バーゲン会場に行くと、
スカートとパンツが一緒になったもの(何て言うんだっけ)や、
ウエストが隠れる、着物模様のようなブラウスとか、
もう、確立した?叔母ちゃんルックしか売っていない。
やめようよ、そういうの。
若いときには地味なもの着てもいいかも知れないけれど、
年取ったんだから、派手なもの着ましょうよ。
そういうオーストラリアでも、とっしょり向けの店は
カラーはともかく、やっぱり、いけてない。
だからいかない。


オーストラリアには、シニアのためのシニア新聞があります。、
もっぱら旅行の記事ばっかり。
シニアは時間も金もあると思っているのね。
私みたいに、時間も金もなく、
まだ働いてる人もいるんだから、もう少し
仕事の記事もあっていいと思うな。
いずれにしても、シニアになって嬉しい。

燃えるオーストラリア

_65256358_016909752-1.jpg

43度の熱波が、シドニーでは去り、
今日は19度まで気温が下がりました。
メルボルンでは14度まで下がったと聞きました。
43度の後の19度は、ちょっと肌寒いほどです。
しかし、町は涼しくなっても、
ブッシュファイアーは終焉していないのです。
内陸部はまだ気温が高いし、
しかも、ここ数日風がかなり強い。
日曜日に雷が原因でNSW州だけでも170以上の
火事がおきているといいます。
今最大なのは、Warrumbungles 国立公園、
クナバラブランといわれる地域では、ほぼ4万ヘクタールが焼き尽くされる。
この写真は、そのブッシュファイアーでダメージを受けた
オーストラリア最大の天文台。
ビジターも、スタッフも命からがら逃げたといいます。


落雷によるブッシュファイアーもありますが、
放火もその原因です。
主に、精神的な病を持つ人間たち(犯罪者)が、
火事という状況に一種の憧憬を持って
放火をするのだといいます。
今日、ビクトリア州のベンディゴでは、
先日放火をした16歳の少年のヒアリングが
ありました。
両親は、「知能が遅れている」とか「記憶が無くなる事がある」
とか少年をかばっていたらしいのですが、両親が認めたのは
「彼は、ブラックサタデーと言われる巨大な山火事に惹かれていた」
ということ。え、だったら、火事の季節には、両親が
もっと目を光らせるべきだったのでは。と思いました。
数年前のブラックサタデーでは、200人以上の人々が亡くなったのですから。
それに惹かれていたなどと、今頃言うのは、親の義務放棄なのではないでしょうか?


いずれにしても、オーストラリアのブッシュファイアーの季節は、
まだ終わっていないのです。
クインズランド州も気温が高く推移し、危険性が一杯。
今日は、ビクトリア州から応援にいった消防隊のメンバーが1人、
タスマニアで亡くなったという悲しいニュースが入りました。
消防隊のほとんどは、ボランティアの人たちなのです。
自分の家族や仕事を放り出して、危険を顧みず消火に当たります。
頭が下がります。

「一日一笑」オーストラリア流

オーストラリアにきてから
特に、主人と一緒になってから
笑うようになりました。
毎日、ゲラゲラ笑っています。
だから、主人が傍にいないとき、
例えば、日本出張の時には、
自分ができるだけ「笑い」を
作って、笑っています。index.jpg  「そうか、コアラはバーに入っていったんだ」



オーストラリアで最も尊敬される人は?
ユーモアのある人です。
それ位、オーストラリアでの生活に
ユーモアが大切。

こんなジョークはいかがでしょう。
My wife changed gynaecologists when she found out
he was seeing other woman.

うちのワイフさあ、しょっちゅう婦人科の医者を変えるんだよ。
彼が、他の女と会っているってさあ。

.....分かりますかね。seeingというのは、デートしている意味も兼ねて
います。婦人科の医者だから、女性と会うのは当たり前でしょう。
奥さん、頭がパー。これを人に言う旦那もパー。あはは、というわけ。

じゃあ、これは?
I am worrying about my pit bull - all the bones he is burying
in the back yard are wearing shoes.

俺さあ、最近、うちのピットブル(犬)のこと心配してるんだよ。
あいつが裏庭に埋めている骨がさあ、靴を履いてるんだよなあ。

これもお分かりですよね。つまり、あいつ人殺ししてるんじゃないかなあ、
っていうことを言っているのですが、正に、ブラックジョーク。


こんなのうちでしょちゅう。
主人の言い方。
「俺は、世界の他の男性を救うために結婚したんだ」
うん?つまり、うちの女房はひどい女で、他の男性達を
うちの女房から守るために結婚してやったんだぜ。

「ちょっとお腹すいてきたなあ」と私。
「そうだよなあ。分かるよ。さっき食べてから
まだ1時間しかたってないもんなあ」

「ねえ、愛している?」
「うん、いつもと同じぐらい」
これには、実は、裏があるのです。
彼は、私を愛していない。
だから、いつもと同じぐらいって言うのは、
愛していないっていうこと。


笑いがない?
だったら、笑いを創りましょう。
笑いは、本当に、凄い力です。
何年か前に、私日本で倒れたことが
ありました。信じられないでしょうが。
韓国出張をキャンセルして、ホテルで寝ていなくては
なりませんでした。
できないよ。そういうの。そこで、銀座のホテルから
ヤマハまでのこのこ歩いていって、
綾小路君麻呂のCDを買ってホテルで聞いていました。
すると、病気はみるみるうちに治ったのです。
あの人の言葉好きです。
一番励まされたのは、
「貧乏人って年をとらないんです。今日のことしか
考えられないから」
あああ。君麻呂ちゃん。良く言ってくれました。
そうか。私が人より少し若いとすれば、
それは、貧乏のせいだったんだあ。
ありがとう。


さて、最後に、
Another way to get unwanted guests to leave:
to eyelids inside out.

嫌な客を追い出すベストな方法?それは、まぶたをひっくり返すこと。

あら真理子さん。。。


P1060322_20130109211111.jpg

今日、郊外に仕事で出かけました。昨日の気温は43度。今日は25度まで下がりました。
電車を待っていると、日本語で「あら、真理子さん」って
声が聞こえました。誰か友達かな?と、赤ちゃんを連れた若いお母さん。
「真理子さんですか。テレビ観ました」って。
あれ、オーストラリアで?「ええ、私海外旅行等の番組が好きなので、
日本の母に送ってもらったんです。面白かった」。
あまり面白かったので、主人にも見せました。って。
ご主人は中国の人なのですが、日本語ができるのだといいます。
まあ嬉しいとその方。まあ、嬉しいと私。P1060307.jpg



私、真理子さんって言われるのが一番好きです。
年もとっているし、ちょっと偉そうなことも言うから、
「先生」なんて呼んでくださる方がいるのですが、
オーノー。
私は先生じゃない。先生といわれるほど人間が出来ていない。


オーストラリアでは、ほとんどがファーストネームで呼び合います。
その昔主人に聞きました。
どういうときに、ミスターやミセスをつけるんだって。
そしたら主人が、相手がミセスとお前を呼べば、
ミセスとかミスターといえばいい。
相手がマリコって呼んだら、彼らのファーストネームを
呼べばいいって言われました。
ということは、相手が首相でも?
オブコース(もちろん)


したがって、日本でも、
ほとんど私は、皆さんをファーストネームで呼びます。
外国人だし、年もとっているから、
ごめんください。というと、大抵の方は
どうぞどうぞって言ってくださいます。
大企業の社長も、大病院の院長も、
私は、ファーストネームで呼んでいます。
日本流でなくてごめんなさい。

PS  大阪のU夫妻からメール。昨年は会えませんでしたが、ブログは楽しみにしていますって。
Uさん、YOKOさん、ありがとうございます。昨年はフェースブックをしていて、ブログあまり更新
しませんでしたが、今年はがんばりまーす。

Life is.....

明けましておめでとうございます。
2013年もよろしく。
私も64才になりました。
暴走老人と言う言葉がピッタリに合う年です。
あの方のように目パチこそしませんが、
かなりシニアと言う名称が似合う年になりました。
1114942.jpg

電車やバスの優先席というサインがすぐ
目に付きます。
もう私も優先的に座らせてもらっても
いいのではないかと思います。
若作りしていても、年は年ですからねえ。
妊娠している女性には、何かそれを知らせることのできる
カードがあるようですが、
私も、「若作りはしていますが、実際の年は、
64歳です。席を替わってくださると嬉しいです」という
ようなカードが欲しいと思っています。
それから、来年は65歳だですから、今よりっもっと割引が色々もらえるので
嬉しいです。

The key to successful aging is to pay as little attention to it as possible. ~ Judith Regan

エージングの秘訣は、できるだけ年を考えないようにすることだって、
言う人もいますが、私は、それが、得になるのだったら、
いくらでも、大声で言いたいと思います。
64歳なんだから、大切にしてよね。
それ、もう少し安くしてよ。年取っているんだから。
親切にしてよね。私、64歳なんだから。あとそんなに、
長くはないかも知れないんだから。
意地悪したら、化けてでるわよ。

~ Life is hard. After all, it kills you. ~ Katharine Hepburn
キャサリーン・ヘップバーンは言ったようです。
「人生って大変よ。最後にはあなたを殺しちゃうんだから」
あはは。
こういうの好きです。笑いながら年をとりたいな。
この熊、何を考えているのでしょうね。
くまっているのかな。

FC2Ad