ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

とある日曜日

昨晩は、とても楽しい時間を過ごした。
女性で大変サクセスフルな事業を展開していらっしゃるYUKOさんが、
ワインを持って私のアコモデーションに来てくださったのです。
彼女は、私がここに越してきてから、タオルだの、枕カバーだの、シーツだの
、色々なものを持ってきて貸してくださったのです。
いくつかをお返しできまーすと連絡したら、だったら、11時ごろでよければ取りに行きます。
いらしたら、何を差し上げようかな。チーズケーキがあるから、紅茶?コーヒー?
それともジュース?と思ったら、「真理子さん、ワイン飲みますか」って、
ワインを持ってきてくださいました。


どうして、YUKOさんが、(株)いマージンプラスという、
こんなに成功裏に事業を展開しているのか、
そんない彼女のサクセスフルな話を聞けばいいのに、
例によって、私は自分の話をべらべら。
未婚の母だったころのあまり自慢できない話や、27歳で起業した時の話や、
まあ、つまらないことを、べらべら。それを、YUKOさんが、一生懸命聞いてくれて。
気がついたら、なんと、1時半過ぎ。明日は、つまり今日は、早くから仕事で~すと
急いで帰られましたが、彼女は、何でも中島みゆきの同窓だということで、
また玄関口で話がはずみ、おっといけない。
7月に、彼女が、女性社長だけを招集してくださるというのですが、
また何てご親切な。
私は、アンサクセル企業家なんだけれど、ランチ、出てもいいのかな。

それにしても、昨日、彼女とゆっくりお話しして、こんなことが分かりました。
彼女のあの素晴らしい人間性が、多くの有能な人を集めるのだって。
彼女が言うのです。「私は大した才能をもたないので、もしかして、それが
いいのかなって」。まさかあ。
彼女が単に、才能がない人だったら、あんなに大きな会社を
成功裏にやれるわけがありません。
世の中には、若くて、才能があって、成功していて、更に、謙遜で、
素晴らしい人格者もいるんだって、何だか、目からうろこでした。


さて、今日はSUNDAY。と言っても、一人で部屋にいたら、ずっと
仕事だけしそうだから、JUNさんに連絡して、奥さんのMEGUMIさんと
一緒に銀座で会うことになりました。実は大昔にウエッブでオープンしていた
「ハイランド真理子のホースグッズショップ」で売れ残ったものや、
今まで色々な方からいただいたグッズがあるので、それを彼にもらって
ほしかったのです。送ろうと思ったのですが、久しぶりに会ってもいいなって。
JUNさんとは、彼がまだ22歳の時に、オーストラリアで一緒に
競走馬を持ってからのおつきあい。今33歳だと言いますから、
あっという間に時が経ちました。
あの頃は、オーストラリアの馬がとても安く、しかも、日本円が強かった。
競走馬の預託料も、十人で持って一人分が一万円。
ああ、古き良き時代でしたねえ。


JUNさんと持った馬は、まあ、全く勝たないのもいたし、
時々勝って喜ばせてもらったのもいました。一番は、MR ZEN。
田舎に預けていたけれど、メルボルンに行って、結局は駄目でした。
今になって考えると、調教師がだめだったなあ。名前のある調教師
でしたけれど。と、まあ、調教師バッシング。馬の能力はさておき、
結局は調教師が悪いことになるものです。調教師はつらいよ。


お茶の後に、銀座の場外馬券売り場に行きました。
写真(35)
実は私、日本の場外馬券売り場って、初めてだったんです。
JUNさんが、場外は、一昔前の競馬場の感じがありますって
言っていました。ちょっとした「博打場」だって。
今日は、宝塚記念。人がかなりいました。
座るところもないし、競馬中継をみる大きなスクリーンもないんです。
これには驚きましたねえ。昔から、JRAは、馬券を買う人に冷たいって
思っていましたが、今日の場外をみると、ますますその感を強くしました。

6階に少し大きな画面があると聞いて行きました。でも、いっぱいのひとだかり。
席に座っている人たちは、「おーい。、なにをしてるんだ」「馬鹿」「のそのそするな」
罵声が響きます。そうか、博打場ってこのことか。ファンファーレがなると、
「おお、大井とはかなり違うなあ」って。笑っちゃいました。
写真(32)

ここに集まる人たちは、かなりお年。つまり、私の年。
12レースみたら、足腰が痛いはず。彼らは一番、金を使う人たちでしょう。
コンピューター使う若い人たちばかりに気を使わず、ぜひ、こうして
昔から競馬を愛し、金を使っている人たちのためも考えてほしい。
と思いながら、これ、土日だけ使うのもったいないでしょう。
できれば、世界中、地方からも映像買って、毎日馬券売ればいいのに。
ええ、知っていますよ。法律の問題でしょう。でも、法律って変わるためにあるのです。
時代とともに。私がおっちゃんたちだったら、こういうな。
「じょうだんじゃねえや。俺たちが、競馬支えたんだぜ。俺らを忘れたら、
競馬はすたれるぞお」


JUNさんと奥さんのMEGUMIさんと別れて、久しぶりの銀ブラ。
三丁目に来ると、ぎょ。なんだ。すごい人だかり。写真(33)

みんな。カメラ持って、写真をとっている。なんだ、なんだ。
気がつくと、その人たちが、看板の上に乗っている猫の写真を撮っているのです。
部屋に戻ってから、調べました。銀座6丁目の猫。あれっ、私が見たのは、3丁目の猫。
移動するのでしょうか。そして、猫に飼い主がいることを知りました。
ウエッブで色々議論されていて、あの猫は、催眠剤を投与されていて、
銀座に連れて来られるというのです。
動物虐待だって。それが、本当だとすれば、もちろん、そうだと思います。写真(34)

何年も前にそんな話がとりざたされているのに、きちんと、誰も調べないのが、
まさに、日本らしい。取り締まる役所がいないのでしょうか。

あっ、馬券買いませんでした。エイシンを買おうかなあってふと思ったけれど。


スーパーで、コロッケ買って、戻りました。
あまり美味しくありませんでした。安かったせいだと思います。
トマトうどんを作って食べました。
これは、まあまあ。えのき、野菜、それにソーセージを入れて、
冷たいトマトのスープ。

さあて、もう少し仕事しましょうか。
と、とあるSUNDAYでした。・
スポンサーサイト

煙草のこと

煙草........私は、大学生の時に吸い始めました。
あの頃は、煙草を吸うと COOLな感じがしました。
何となく、インテリって感じもあったし、
あの頃の言葉で、二ヒルって感じもしました。
ニヒルって、アヒルではありません。
二ヒルって、虚無的と訳されていましたが、
ふん、世間がなんて言っても、自分は自分の道をゆく。
ゴーイングマイウエイ。って感じだったかも知れません。

授業の合間に、パチンコ屋に行って、
煙草をパチンコでとったこともありました。
それが、なぜ、インテリのすることなのか
分かりませんでしたが、まあ、フツーのお嬢さんには
なりたくないなあって思っていたので。
あの頃の煙草のブランドは、メンソルの効いた外国もの。
なんという名前でしたっけ。

そして、大学最初の失恋。
タバコが大活躍しました。
両親が寝てから、マッチを擦ると、
どうやら、父たちに聞こえるらしいのです。
自分が吸っているくせに、娘には吸わせたくなかった。
「おい、煙草吸ってるのか。やめろ」って。

コピーライターをしていたころ。
煙草とコーヒーがなければ、いいコピーが書けないような気がしていました。


それから、ずっと、煙草を吸って、40歳近くになってやめました。
下の娘がお腹に入って、主人が「やめろ。やめなければ、離婚だ」
と言ったからでした。辛かった。
何度、煙草を吸う夢をみたことか。10年位はみていたかもしれません。
そして、夢の中で吸うたばこは、まるで「夢のようでした」
本当に美味しかった。夢の中で、私は、自分に言いました。
「離婚?こんなに美味しいものを止めるぐらいなら、離婚ぐらい平気」
といって、夢から覚めて、「ああ、夢でよかった」と何度も思ったほどでした。

亡くなった父は、煙草を一日60本から80本吸っていたと思います。
そして、肺気腫に。
私は、喘息ですから、当然煙草を吸ってはいけないのですが、
お話ししたように、長く吸っていました。
「煙草を止めた」のは、結構自慢です。
煙草を吸っていたら、今の私の元気はありません。とくに、喘息の身では。


さて、その昔、煙草は体にいいと思われていたようです。
これは、英語の煙草のキャッチコピー。
昔、西洋では、美しい女性は煙草を吸うって感じがあったらしいのです。
ホラ、美人女優はほとんど吸っていたではありませんか。


Come to where the flavour is, come to Marlboro country"
        味のあるところにおいでよ、マルボロカントリーに。
393483623_690d351191_b.jpg

"Fresh is Alpine"
         フレッシュなのは、アルパイン。



近年、オーストラリアでは、たばこ広告が、大幅に規制されました。
煙草を吸うと、病気になります。という告知をパッケージに書かなくてはならなくなりました。
テレビでも印刷媒体でも、煙草を吸うのを止めましょうという広告が多くなりました。
この広告は初期のころは、死神がやってきて、ボーリングをする。ボーリングのピンは、
煙草を吸っている人間..........なんて怖いもの。もちろん、
俳優ユル・ブリンナーが最後に残した画像を使うことがありました。
「僕は煙草を吸っていました。そして、今、最後の時に面しています」
悲しくて怖いものでした。最近は、こんな感じになりました。
24cads13.jpg


煙草を吸っていても、100歳近くまで生きた人もいます。
でも、病気になった人もいます。そっちが多いかも。
できれば、勇気を持って、煙草を止めて欲しいと思います。
また、私の愛する人たちには、本当に、吸って欲しくないと思っています。
でも、上の娘は煙草を吸っています。躁鬱症をやったので、
医者が、イライラするよりはいいと言ったそうです。ほんとかな。

さて、最近、インドネシアの2歳の子供がたばこを吸っている画像が
超有名になっています。下にリンクがありますから、ご覧ください。
What do you think?

2歳の子供がたばこ

老若連携?

私が今、日本で仕事を探したら、恐らく年齢ではじかれてしまうでしょう。
でも、どうして?
若い人たちの中に入ると、浮き上がる?
「昔は」とか、「前はそんなことしなかった」とか、
そういうから?
仕事が遅い?
若い人に文句をンつける。
それより、なにより、
仕事が出来ない?
でも、それ、ほんと?
違うわよねえ。若い人だって、「古い考え」を
持っている人もいるし、若いから仕事が出来るとは
言えないし.....
だったら、どうして、60歳過ぎた人間を、
年齢で外すのでしょうか?


今日は、若くて、頑張っている会社に行ってきました。
ポータルジャパンという会社です。
27年前の上司からの紹介。
午後1時が待ち合わせ時間。
着いたら、エレベーターホールにあった黒板に
「ハイランド真理子様、ようこそ」と書いてありました。
まあ、なんて心が行きどいていること。
そして、社長にお目にかかると、とても、
飾り気がなく、それでいて、私の話を良く聞いてくれて
おまけに nice smile........
.........こんな会社とコラボできればいいなって、
思って帰ってきました。ポータルジャパンの社長は
村山慶輔さん。KEISUKEさんっておよびしていいですか。
もちろん。 これって、多分、日本的じゃないんですよね。
でも、私、日本人ではありませんし。
慶輔さんは、7月5日に、彼の会社が主催するセミナーに私を
招待してくださいました。また、お目にかかれる!楽しみです。
そういえば、彼の会社では日本で一番の「やまとごころ.jp」を運営しています。

やまとごころ」.jp ,これは、日本へのインバウンド観光を誘致しようという人たちのための
ポータルサイト。日本一だそうです。「日本一のポータルを作りたかったのですが、
僕たちが一番早くて、あと誰も続かなかったので、日本一なのです」と、
KEISUKEさん。なるほどね。これが、先見の明というもの。

それにしても、最近は、若い人たちと仕事をすることが多くなりました。
彼らに教わりながら、老若連携。


さあて、今夜は、RIEちゃんとMIKIHIKOさんが、私のいるところに、夕食に来てくれました。
そして、さっきまで、人生の話、仕事の話。いろいろ。
彼らは私の息子と娘の年ですから、まあ、これもまた老若連携。
いやあ、楽しかったなあ。彼らも楽しかったって、帰っていきました。
ね。だから、年寄りを混ぜないって言うの、
やめましょうよ。

To me, old age is always fifteen years older than I am.
私にとって、オールドエージとは、常に、自分の今の年寄り15歳ほど上のことを言うのです。

そうか、やっぱり、彼らからみると、私は old ageか。しゅん。


今日は本当に暑かったですよねえ。おまけに、湿気。
乾いた国、「スーパードライ?」の国から来た、私には、かなり堪えます。
池袋に行って、KEISUKEさんにお目にかかり、駅まで歩き始めたところで、
「ああ、無理だ。もう歩けない」。おまけに、ランチもとっていなかったので、
倒れそう。そこで、
バス停の近くにあった、スペインバーで、
ガーリック&チキンパエリヤを790円で食べて、
渋谷行きのバスに乗りました。終点だから、最後尾に座りましたが、
冷房が利いていて、超快適。そうか、バスを使うといいんだ。
正直、池袋から渋谷まで、新宿抜けてあっという間に着きました。
またひとつ、勉強しました。バスを使えばいいんだ。


さて、明日は、久しぶりに美浦。あんまり暑くなりませんように。
神様、お願いしますダ。

Poor or Rich

まあ、最近の私はと言えば、かなりPOORな状態だと言えます。
もっとも、私の一生は、RICHだったことがあまりないので、
今の状態は、POORER 。つまり、より貧しいと言えるかも知れません。
ビジネスを20年続けてきたんだから、よくやってきたわよ、
と励ましてくださった方もいますが、最近の私はかなり「反省」ムード。
と言ったら、反省してはいけないと言った人もいます。
反省すると、過去にこだわってしまって、前に進めないって。
それも一理。でも、日本に拘りすぎたのは、大きな間違い。
今、反省して、方向転換。


反省の材料は、色々あるのですが、やはり、英語で言うと、私は
"don't put all your eggs in one basket"
という警句と反対のことをしてしまったのかも知れません。
つまり、リスクを分散せずに、ひとつの籠に全部の卵を入れてしまった、
ということでしょうか。
オーストラリアにいて、日本を向いて仕事をしてきた。
私のほぼ、全ての市場が日本だった。
その日本の経済が段々悪くなっていて、
それに気がついていながら、迅速に、方向転換を素早くしなかった。
何とかなるかも知れないと思ってきた。
オーストラリアは、バブルの後、いち早く社会構造の
リストラをしたのに、日本はしなかった。
だめねえ、日本。なんて言いながら、自分もしなかった、
そのつけが来てしまいましたねえ。ということで、
最近は、かなりPOOR!なんです。


ところが、結構このPOORな状態が、面白いこともあるのだと気がつきました。
なんて、まあ、この期に及んで、本当に私は、
いい加減。
おもしろいって言うのは、これまで日本に来ていた時には
まあ、それなりのホテルに泊まり、TAXIで移動して、
実際は、あまり、電車も乗ったことがありませんでした。
オーストラリアでもそうでしたねえ。バスって乗ったことがない。
それが、最近バスに乗るようになりました。
バスに乗ると、コミュニティーが見えます。電車ではそれが
あまり見えない。オーストラリアのバスでは、
お年寄りにも会うし、若い人たちにも「遭う」ことができます。

それから、あまり高くない素材で、どうしたら美味しい食事ができるか.....
それは、うちの主人の役目ですが。彼も結構楽しそうな感じもみえます。
工夫するって楽しいのかも。


今回も、日本滞在中に、色々、経費節約作戦。
コーヒー好きな私は、コーヒーは、ESPRESSOでなければ、
なんて、結構コーヒー代がかさんでいました。1日千円以上は
コーヒー代だったと思います。
よく考えれば、こんなに高いお金出しても、
ESPRESSO、美味しいものを飲んだことがありません。
日本だと、セガフレードぐらいかな。スタバも、他の店もひどい。
あの冷た~いESPRESSOを飲むぐらいなら、ブレンドのブラックを
飲んだ方がいい.......と、最近気がつきました。
今いる場所にはコーヒーを作るものがありません。
写真(24)

そこで、紙のドリップ式のものを、先日ダイソーで買ってきて、
それに、自分の好きなコーヒーを足して、ストロングコーヒーにして
飲んでいます。ダイソーのコーヒーは、ごめん、あまり信じていないので、
あの紙のドリッパーとして使っています。なかなか、いけている。
ところで、ダイソーのこのドリッパーを見つける前には、
カリタのドリッパーを買ったのです。それは、270円。なのに、ダイソーは、
当然100円。


最近、私は、これまでしなかったことを何でも挑戦しようと思っています。
「何でも」
今日は、冷ラーメンで、こんなもの創りました。
まず、キャベツ、もやし、まいたけ、ネギを炒める。
ラーメンをゆでて、一緒に軽く炒める。
そこに、冷ラーメンのつゆをかける。
韓国海苔をちぎって上に散らす。
仕上げはトウガラシ。
写真(3)

............
つまり冷ラーメンと焼きそばのコラボレーションヌードル。
味?いけています(笑)
ぎょっとするような組み合わせで、NEWを創りだすわけです。


こんな英語の言葉をみつけました。
There is no success without hardship.
困難な生活なしの成功はない。

今困難な生活だから、じゃあ、成功が待っているのだろうか。
元気がでるなあ。

そしたら、
I've been rich and I've been poor. Believe me, rich is better.
私は金持ちだったり貧乏人だったりしたことがあるわ。でも、
言っておくけれど、金持ちの方がいいわよ。

...
そうよねえ。ようだわよねえ。しゅん。

......
そしたら、最後に、ベンジャミン・フランクリンが
こう言いました。

Content makes poor man rich;
Discontent makes rich man poor.
「満足」は、貧乏な人を豊かにする。
しかし、「不満足」は、金持ちを貧しい人にする。

.....
私は、これでいいとか、これしかないとか、思っていないから、
「満足」しているとは言えないなあ。
だとすると、私は、何なのだろう???

日本のイノベーション・るんるんバス旅行

最近は、オーストラリアのものを日本に持ってくる仕事から、
日本のものを外国に紹介する仕事が増えました。
海外にはない、あるいは、海外で喜ばれるだろうというモノやサービスないかなあ
..........という目でみると、あるはあるは。
でも、それを、キチンと宣伝したり、
マーケティングしたりしていないなあ.........
だから、それをアシストするのが、
海外が長い私の役目かも知れないって思い始めました。
さて、日本には、海外にはないイノベイティブな製品やサービスがたくさんあります。
京都に行ったのも、その会社との二回目の話し合いに。P1080894.jpg

そこは印刷会社で、特許をとっている3D印刷技術があるのです。
それを、世界に出したい。3Dと言えば、大阪の会社も、
世界には存在しない素晴らしいジオラマによる3Dカードを作成しているところもあります。
ここのお手伝いも今、しています。

**
さて、私は、水曜日の夜に新宿を発って、朝京都に、その後大阪に移動して、
昨夜、大阪の梅田から新宿に戻りました。ウイラートラベルの
女性専用車で往復したのです。このバスはすごい。IMG_0358-1.jpg

女性に対するきめ細やかな配慮があり、それと驚いたのは、出発ロビーの斬新さ。
昔の「バス乗り場」「深夜バス乗り場」という感じではありません。IMG_0365.jpg

飛行場の感じかな。梅田のロビーは、飛行場のそれより、
ずっと近代的なデザイン。働いている人たちのサービスもとてもいい。
説明をしてくれる際も親切。ああ、会社の教育が行きとどいているなあって感じでした。
「バス」で移動って、「飛行機に乗れない」「新幹線でも高い」、だからバスに乗る、
って感じですよね。だから、何だか暗いイメージ。
でも、ここは、ピンクのバス。シートもデラックス。IMG_0360.jpg

しょぼくれたイメージが一変してしまいました。


実は、去年、日本に来た時にテレビで、このウイラートラベルの社長のことを取り上げた
番組をみていました。若い社長。イノベーティブ。売上倍々。
そして、今回、自分で乗ってみて、なぜ、このバスサービスの
人気があるのかって、良くわかりました。

ウイラートラベル村瀬社長


ウイラートラベルは、アジアにもこのネットワークをと思っているようですが、
ぜひオーストラリアにも来てほしい。それから、アメリカでも、
ヨーロッパでも........このコンセプトとサービスは超人気になると思います。
グレイハウンドの比じゃないなあ。ウイラートラベルが進出したら。
村瀬社長、ぜひ、私にご連絡ください(笑)
ウイラートラベルの成功のポイントの一つは、バスの車両そのものの改革。
それから、ターミナルの重要性を認識したこと。このコンセプトは、まだ、
オーストラリアには全くありません。でも、若い人から年寄りまで、
長期に旅行する人多いですから.........
市場大きいですよ、村瀬さん。


大阪では,今回乗馬クラブのクレインにお邪魔しました。東大震災の話が出ましたが、
仙台の海岸近くにあったクレインでは、従業員の方も、メンバーの方も、
そして、馬たちも........
皆、無事だったと伺いました。津波は、午後、皆が、乗馬をしている時に
来たのだそうです。「人のことが先だろう」って、良く言われるって、
クレインの方は言っていましたが、動物を扱う方々が、動物の命も
人間の命も、命に変わりがないというとことを知らない人々から
いわれのない非難を受けているようですが、本当に、同情を禁じ得ません。
動物の命も、人間の命も、ともに「かけがえのない」命です。
動物を大切にしない人は、人間をも大切にしないものなのです。

がんばれって、わからない

27年前にオーストラリアに行きました。それから2年後に会社を創りました。
オーストラリアに行った時には、あまり日本人がいなくて、日本人は駐在員か、
あとはわずかの旅行関係の仕事。
日本人の観光客はまだオーストラリアを「発見」していませんでしたから
、ほんのわずかな数の日本人観光客しかきませんでした。
おみやげ屋にわずかの日本人がいたと思います。
あとは、駐在員相手の引っ越しの会社。そんなものだったかも知れませんねえ。
なにせ、シドニーに日本食レストランが2軒しかなかった時代でしたから、
日本食レストランでの仕事の数だって限られていた時代だったのです。

そんな時代に、上の娘と一緒にオーストラリアに移住して、仕事を探しましたが、
お土産やでは、over qualified だと言われて断られました。
つまり、学歴が高い..............仕事だったら何でもよかったのですがけれど。
引っ越し屋では、車の運転が出来ないからと言って、断られました。



何とか、最初はJTBで仕事をいただきました。Thanks!!
まだJTBのインバウンド(オーストラリアに来る人)とアウトバウンド(日本に行く人)を入れて、
20人位しか社員がいなかったと思います。実はその時、シドニーの副支店長だった
鈴木勝氏は、今、桜美林大学の教授です。シドニーから中国に行き........
なんと50歳で大学教授に。「50歳で大学教授になる方法」という本も書かれました。
さて、私は、JTBから、カンタスの子会社に移り、その後、一年間務めて、小さな翻訳会社を創りました。


それから、ずっと翻訳をしてきました。翻訳会社から、マーケティングの会社になってからも
国を越えて仕事をする場合には、必ず、翻訳が出てきます。
それにしても、色々、難しい翻訳がありましたねえ。
オーストラリア政府は、かつて「マルチファンクションポリス」つまり、多機能都市を
日本のお金で創ろうとしたことがありました。
そう、日本はお金持だったのです。その時に、翻訳の仕事をたくさんいただきました。
日本語で「夢の多機能都市」とあった文章を、今度は英語に直す。英語に訳した文章を
今度は、日本政府はまた日本語にする。翻訳代で3回儲けました!
そんな時代もあったのです。
さて、その「夢」ですが、これは、翻訳が大変難しい。外国の人にとって、「夢」は、非現実的なもの。
実現の可能性の少ないもの。したがって、dream は、必ずしも日本人が考えるような
「素敵な」言葉にはならないのです。
そんな話、馬鹿げた話だよ。なんて言う時に、dreaming という言い方をすることがあります。
翻訳では「夢」は外しました。


英語に、翻訳できない言葉に、「がんばる」があります。
これは、難しい!「がんばれ」も難しい。
私はがんばります......... I will do my best なんて訳すひともいますが、
ううん。そうかなあ。まあ、それでOKという場合もあるけれど、
日本人がいうところの「がんばります」というのとは、ちょっと違いますよね。
つまり、英語の人は、「がんばらない」のですよ。
その時その時で、自分のやり方を「選択」していくので、「がんばる」などという
あいまいな「行動」をとらないのです。あいまいな「考え方」をしないのです。


お金がない人に「がんばれ」。どのように?
病気のひとに「がんばれ」。どのように?
愛する人が亡くなった。どのように「がんばる」の?
日本人や日本語は、曖昧な表現を使って、
その場しのぎをするのです。
「お大事に」もそうです。病気になっているんですよ。
「お大事に」って何?
そして、翻訳は、当然ながら、Impossible (無理)。

そういえば、地震の後に、なんとか松本と言う人が
「日本人はつよい」「信じてる」とか、何度も何度も、何度も何度も繰り返していました。
日本人が強いってどういうことでしょうか。日本人の何が強いのでしょうか。
誰と比べて強いのでしょうか。信じているって、あの松本とか言う人が
信じてるのでしょうか。それが、どんな意味があるのでしょうか?
そのひとが信じていることが、どうしてそんなに「大切なこと」なのでしょうか。
オーストラリアでは、山火事も洪水もあって、皆大変な思いをしていました。
あの時に、日本のように、あんな「曖昧な」メッセージを出し続けることなんか
考えられません。あれは、日本の誰かが仕組んだ「洗脳」作戦です。


日本語の曖昧な言い方は、英語に翻訳することができません。
がんばれって言われても、がんばれないのと同じこと。
でも、諦めずに not give up、前に進む move forward と言うことはできるかも知れませんけれど。
前に進むと言うことは、一人一人、意味が違うかも知れません。
やり方も違うと思います。
仕事がうまくいかない時、何か問題がある時..........前に進むと言うことは、
問題と直面して identify the problem 、
その問題を解決できるような手段をとる........deal with it
しかし、それでも問題が、解決できない時には、他の方法をとる。ということかな。
keep trying, keep going, keep insisting or pursuing ...........


がんばれって..........言い方は、私も、どうでもいいかあ.........と言う時には
では、頑張ってくださいさいねえ...........なんて使うこともあるけれど、本当は、
そんなこと言われてても、相手の人は、頑張れない。私だって、そんなこと言われても
やっぱり、がんばれない................なあ。

インスタントヌードル

今日は、仕事で、大阪池田市に行ってきました。駅で迎えに来て下さる加藤さんを待っている間に、
すごいことを発見。こlこには、実は、インスタントラーメン記念館があったのです。
写真
インスタントラーメンは、日本で作られたということは知っていましたが、
池田市在住の、日清フーズの創立者、安藤百福氏が、作ったのだとは知りませんでした。
勉強しましたね。今日は、仕事で、記念館には行くことができませんでしたが、次回は、ぜひ行きたい!


さて、オーストラリアにもインスタントラーメン、つまりインスタントヌードルはあります。
私が、27年前、まだシングルマザーだったころに、
スーパーマーケットで、30セントで買っていたのが、袋入りのラーメンでした。
ネッスルがオーストラリアで作っているのは、Maggie のインスタントヌードル。
実はこの前、ランチにと思い、このカップヌードルを買ってみました。あけたら、びっくり。04062011365_20110609221154.jpg


プラスチックのフタがぴったりとしてあります。04062011366.jpg

フタには、穴が開いています。
なんだ、こりゃ。
つまり、オーストラリア風、焼きそばでした。
お味は?Maggie .........英語だと、これは、マギーではなく、マジ―と発音します。
つまり、お味は、まじい。
インスタントラーメンは、やっぱり日本が一番ですね。


この英語は、インスタントヌードルについての説明。
Instant noodles are dried or precooked noodles and
are often sold with packets of flavoring including seasoning oil.
Instant noodles were invented by Momofuku Andō of Nissin Foods, Japan.
ほら、安藤百福氏の名前もありますよ。世界的なんだ!


昨日、成田に着いて、成田から羽田。羽田から伊丹と移動しました。
今回は、カンタスで来ましたが、そうですねえ。飛行機は3分の1位しか埋まっていませんでした。
だから、エコノミー席の人は、皆、横になって寝ていました。
ビジネスクラスより、もっと広いスーパークラス。
ところで、考えすぎでしょうか。乗務員は、かなり年配の人ばかりでした。
放射能が怖くて、若い乗務員は日本には来ないのかしら。
大阪の湿気はかなり高く、伊丹から新大阪までの移動で、
汗がびっしょり。化粧をしても、ちょっと歩くとほとんど残っていない。
でも、泊まっているホテルには、温泉があるので、
「ゆ」かった。


大阪は好きですねえ。東京と違って、何だかホッとしまヒュ。(と聞こえる)
大阪弁も好きですねん。
人間も、ぎすぎすしたところがないし、私の派手な色の洋服でも、
気にせず歩けまヒュ。東京だと、みんな、黒っぽい色を着ているので、
赤だの青だの紫だの..........私の派手な色が目立っちゃう。

さて、今日は、久しぶりにスカートをはきました。
そして、ヒールの高い靴を履いたら、豆が(涙)。


明日は、京都に行って、それから、三河安城に。
何をするのかって........秘密です(ひひ)。

三つ子のたましい

古い写真の整理をしていたら、私の小学校の時の通信簿が出てきました。
昭和30年。通史簿と言わずに「学校と家庭の連絡」とありました。
校長先生は、二木伸一先生。担任は常盤久枝先生でした。
仙台の木町通小学校。母はこの学校の教師でした。
Scan_Pic0168.jpg
学校から家庭にあてた私の「行動状況」を読んで、愕然としました。
実は、あの頃、私は先生があまり好きではありませんでした。よく叱られていましたから。
とくに、授業中におしゃべりをして叱られました。教室の外に出されたこともあります。
私の歌う声を、先生が「震え声」と言ったのも覚えていて、それも結構ショックでした。
しかし、今になってこの行動状況をよく読んでみると、先生の観察はかなり当たっているといえます。
衝撃的なのは、実は、この行動が、今62歳になっても、あまり「変わっていない」ことでした。


一年生の一学期。先生はこう言います。
「常識に富み、話題も豊富で話がはずみ過ぎ注意されることもありますが、すぐ反省して止めます」
........これは今でも。今でもすぐ反省しますが、またすぐ話をしてしまいます。
「細かい所にまで気がつき、級友の世話など進んでします」........これも変わりませんねえ。
細かい所に気がつくかどうかは別として。「余計な」世話をしちゃう。


二学期に、先生は、「何事にも気が利き、責任を持って仕事をしてくれますが、
時々 教師の言うことなどに注意せず 他のことを考えているような場合もありますから
注意してください。」 HAHAHA.....これも直りません。
先生からのお便りの欄で、
学習態度活発、各科理解早く、正確に理解している。図画など思想が豊富で、
おもしろい表現をしますが、色のぬり方などは すこしていねいではありませんね」
これも、まあ、かなり今と同じ。ていねいでは「ありませんねえ」。


12月24日、クリスマスイブに、先生はこう書きました。
「よく理解し、応用もきき、各科優れれいますが、
文字になれすぎたためか 字が粗雑です。
時々 教師の話に注意しないこともあります。
落ち着いて学習するよう お話し下さい」
うちの母が、これに従って、私にお話しをしたのかどうか、
覚えておりません。そして、60年経っても、先生の注意した点は、
ほとんど直りませんでした。
最後、3月24日。
先生は、もう一度、最後の連絡をします。
「知能の発達はすぐれ 理解力 記憶力は
あるが やりっ放しをする場合もあります」


まあ、自分のことを顧みずに言えば、
だったら、先生は、私の行動を改善するために
一体何をしてくれたの?ただ指摘するだけでなく。
........
言いすぎかな。これは、学校ではなく、
教師でもなく、自分が、直さなければいけなかったのでしょうか。
子供である自分は、一体どうしたらよかったのでしょうか。
まあ、全て自分の責任だとして、
「教育」って何なのか、ちょっと考えてしまいました。


昭和30年。
[流行語]
 「ノイローゼ」。 「ボディービル」。 「最低ね」。 「下品」。
 [うた]
 ●「月がとっても青いから」 歌 菅原都々子。
 ●「別れの一本杉」 歌 春日八郎。
 ●「この世の花」 歌 島倉千代子。
 ●「りんどう峠」 歌 島倉千代子。
 ●「しあわせの歌」。

 私、いまでも、お千代さんの歌歌えます。物まねで。
 [くらし・流行・グッズ]
 オードリー・ヘップバーンのサブリナパンツ、ヘップバーンカット流行。マンボ、ポニーテール、ビキニスタイルの水着。 マンボダンス。 ラッシュアワー激化で押し屋登場。 
 

 [おかし]
 「フィンガーチョコ」森永製菓。 「明治黒糖キャラメル」、「バタービスケット」明治製菓。 「アーモンドグリコ」グリコ。 「パイナップルキャンディ」名糖製菓。 「ランチクラッカー」、「バタークラッカー」前田本店製菓所。
 [映画]
 ●「浮雲」
 出演:高峰秀子、森雅之、岡田茉莉子、監督:成瀬巳喜男。
 ●「野菊の如き君なりき」
 出演:有田紀子、田中晋二、笠智衆、監督:木下恵介。
  ●「エデンの東」
 出演:ジェームズ・ディーン、ジュリー・ハリス 監督:エリア・カザン。
  テレビ
 ●「私の秘密」。
 ●「サザエさん」。
 主な出来事
1月7日 トヨタ自動車工業「トヨペットクラウン」を発表。1月23日 第34回芥川賞に石原慎太郎の「太陽の季節」。弟の石原裕次郎主演で映画化され、太陽族ブーム起きる。 2月10日 黒部峡谷猫又ダム工事現場の作業員宿舎が雪崩で倒壊、21人が死亡。 2月27日 第27回総選挙、民主党が第一党。 3月19日 第2次鳩山内閣成立。 4月1日 ラジオ東京(現TBS)開局。(民放では日本テレビについで二番目)。 4月1日 ハナ肇、谷啓らがクレージーキャッツ」結成、お茶の間の人気者に。 4月5日 自民党臨時大会、初代総裁に鳩山一郎を選出。 4月18日 バンドンでアジア・アフリカ会議。5月14日 ソ連・東欧がワルシャワ条約調印。 5月28日 ヘレン・ケラー来日。6月1日 我が国初のアルミ製貨幣「1円」発行。 7月5日 トニー谷の長男融解される。 7月17日 経済白書を発表(技術革新による発展を強調、「もはや戦後ではない」)。 8月6日 広島で第一回原水爆禁止世界大会開催。 8月7日 東京通信工業(現ソニー)トランジスタラジオを発売、たちまち人気に。 8月27日 森永ひ素ミルク事件。 10月13日 社会党統一大会。 10月23日 ハンガリーのブダペストで二十数万人がデモ、ソ連軍撤退・複数政党制など要求(ハンガリー事件始まる)。 10月26日 南ベトナム共和国成立(初代大統領 ゴ・ジン・ジェム)。 10月28日 大阪・新世界の通天閣再建完成。 11月15日 自由民主党結成(保守合同)。 12月20日 NHK、カラーテレビ東京実験局開局。 12月20日 第3次鳩山内閣成立。


上記で覚えているのは、「歌」。全部。春日八郎も、島倉千代子も。全部、身体の中にしみ込んでいますねえ。それから、トランジスタラジオ。お祖母ちゃんが持っていたの覚えています。ハナ肇とクレージーキャット。これも、よく覚えています。

その英語のウエッブ、困ります!

今までは、オーストラリアの会社やその製品、またサービスを紹介する
仕事をしてきました。
しかし、最近は、Direction(方向)を変えて、日本の会社やその製品を紹介しようと
思い立って、今活動をしています。

海外に何かを紹介しようと思ったら、もはや、会社のウエッブサイトは欠かせません。
その昔は、オーストラリアの会社の、日本語の会社案内などをよく作りましたけれど。
とりあえず、私は、コピーライターでしたからねえ....何とか、いいものを
作ったと思います。プリントでは。つまり、日本語なら、何とか作れたのです。
が、ウエッブにしても、プリントにしても、英文で作れと言われたら、「ちと大変」。
私、一人では、なかなか、できません。
オーストラリアのネィテブを入れて、内容を検討・調整しながら、
英訳をしないと、Impossible !できません。

それから、印刷媒体とウエッブ媒体とは違います


日本の企業のウエッブサイトに併設された、英語のウエッブサイト。
それが、「ほとんど」、日本語のウエブサイトの英訳なのです。
しかも、直訳がほとんど。デザインも同じ。
ウエッブの英語を、主人にみてもらうと、Very uncomfortable ううん、ちょっとねえ。
というのは、いい方。Oh no, very bad ! おお、ひどい。
きっと、日本人が訳しているんだ。誰もプルーフリードしていない。
そうなんです。恐らく。
多分、英訳した、その日本人は、私のように海外生活が長い。
留学経験がある。なんて人たちだと思います。
でも、英訳になると、からきし。NO GOOD!


まずは、外国人から見て、ああ気持ち悪い.....
なんていうフォンツを使っています。
ワープロ機能の英字転換を使っていると思います。
この前、私は、気分天下に、英文メールのフォンツを変えました。
そしたら、主人から、すぐクレイム。Do not use!
まず、小さいし、バカバカしく見える(?)。
読むのが嫌になるというのです。

さて、日本の英文ウエッブは、どうやら、この「読むのが嫌になる」
フォンツを使っているらしい。レイアウトも駄目。字が小さい。
つまり、私のように海外に長い人間でも、こういう「おお、いや」とか
「おおっ、いいなあ」とか言う「感じ」は分からないということなのです。



私はいつも、声高に言います。
英語が分からないことが悪いのではなく、
英語が分からければ、英語の分かる人、
しかも、ウエッブだったら、その専門家に相談することが必要。
とくに、ビジネスに関することであれば。

さて、英語の出来る人って......いえ、短大の英文科卒ではなく、
英語の本当に分かる人のことです。これは、長い間、海外にいても、
外国語は、パーフェクトにはならないのです。私のように。
だったら、ネイティブならいいのかって?.......いや、それも違うなあ。
例えば、うちの娘たちに聞いても、どういう、英語の表現をしたらいいのか、
的確なアドバイスがあるとは思えない。
「いや」とか「いいね」とか、そんな感じしか言えないと思います。


短大の英文科卒って、差別用語を使っちゃたかな。
でも、前に、ある有名牧場の英文パンフをみたら、
ひどかったの。すごく。そこで、親切のつもりで教えてあげたら、
こう言われました。
「事務所にさあ。短大の英文科の女のことがいて、
一生懸命やっているんだよ。だからさあ.....」
ふうむ。この方は、このパンフレットで、
実は、その牧場が評価をされていることがお分かりではない。
彼女がいい人だとか、彼女が英文科卒とかも関係ないのです。
実際、その英文のパンフは、すぐ捨てられたと思いますよね。
ゴミとして。もったいない。せっかく、英文科卒の人が作ったのにねえ。

私も「かかあ天下の」バカ田大学の仏文科を出ていますが、
フランス語?シャンソンぐらいしか歌えません。こんなものなのです。
大学で語学など勉強しても.......

さて、この話し、前にもしたかも知れません。年寄りは同じ話を繰り返します。
ごめんなまし。
あれ、日本語、変になっちゃったかな。


日本には、いいものがたくさんあります。
でも、誰も、「正しく」それを説明していません。
「正しく」と言うのは「正しく訳す」と言うことではありません。
「正しく」訳してしまったら、逆に、「正しく」伝わらないことがあるのです。

今日のデイブ・スぺクターのツイッターで、
感動して見る野球 ⇒ 泣いた― ってありました。
座布団をあげたいですよね。でも、これって、
英語に出来るかなあ。

仙台でコピーライターしていた時の作品?
お弁当会社の新年の広告コピー。
「明けまして、お弁当」
英訳できる?NO.

うちがまだ翻訳会社だけをしていたころに、
オーストラリアの銀行から、広告の依頼がありました。
Bank On Us! この3文字を翻訳したら「いくら」って聞かれました。
ちょっと待ってよ。これって、「洒落」でしょう。
翻訳は難しい。洒落になりません!
つまり、英語のbank on us 自分たちに任せろ、という意味と、
銀行のバンクのかけ言葉。それって、訳せない。訳しても、意味がない。

「私たち、ウエストパック銀行は実績のある銀行です。私たちを信頼して、あなたのビジネスをお任せください」
なんて、言うしかないのです。そして、「ダジャレ」は、消えてしまう。


川柳を読んでいて、
「あの世では俺を探すなよ」というフレーズがありました。
これは、英訳できます!うちの主人が、私に、いつも、言っていますから。
でも、ノムさんの「長嶋や王はひまわりで、俺はしがない月見草」これは難しいです。
意訳をして主人に聞きました。そしたら、主人が怒って、
「誰だ、そんな馬鹿なことを言う奴は。男の風上にもおけん」。


英文にウエッブをする際に、stop and think!
何のためにウエッブを英語化するの?
誰に向けてウエッブを英語化するの?
誰に頼もうか?
そして、プルーフリーディングは誰に頼もうか?

そう、単なるウエッブの英訳だと思っていませんか。
結構大変なんですよ。
でも、それを、三菱も、三井も、どの会社も考えていない。
Why? Aren't they 'Global' companies?


FC2Ad