FC2ブログ

ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

Humour (ユーモア)と Joke(ジョーク)

オーストラリアで最も尊敬されるのは、ユーモアのある人だと言われます。政治家から実業家まで、その人たちがどんなに偉くとも、あまり RESPECT (尊敬)されることはありません。さて、それでは、ユーモアとジョークはどこが違うのでしょうか。英語でこんな風な説明をみつけました。

Humour: amusing quality. ユーモア:楽しませるクオリティ

Joke: a thing said or done to evoke laughter  ジョーク:笑いを起こさせる「言葉」や「行動」


今、私は友人の家に泊まっていますが、オーストラリアにいる主人にこんなことを言いました。「最初は気を使うと思って、心配したけれど、来てみたら歓迎されて、とても気持ち良く過ごしているわ」...............すると主人が、「お前が行った後のトイレに、まだ誰も行っていないのじゃないか」..............これは、ユーモアですが、ブラックユーモアです。えっ、何がおかしいのかって?..................それはつまり、私のトイレの後は、かなり臭いので、それを知らない友人たちは,今は、優しくしてくれているけれど、一度私のトイレの後に行ったら、きっと、もう優しくしてくれなくなるよ.....................というものです。まあ、うちの主人はトイレの話が大好き。会社でも、「さあ.......HOUSE OF II KIMOCHI(ハウスオブいい気持)に行ってこよう」とかいうのです。それから、私のトイレの後に入って..............おい、ゴキブリが二匹死んでたぞ。


それにしても、友人宅には、トイレの臭いを消すスプレーが置いてあってホッとしています。主人のお母さんの家には、トイレにマッチがあります。つまり、トイレの後に、マッチをすって、臭いを消しているのです。この前、お母さんの家に行って、トイレの後にマッチをすろうとしたら、箱の中に使用済みのマッチがありました。でも、お母さん一人暮らしなのに?? 娘は、自分の臭いも棚に上げて「お母さん。一体何を食べたらあんな臭いになるの?」と大声をあげます。私はもう嫁に行っているから、いいだろうが、おめえは、これから嫁入りだよ。自分のことを心配したらいいだろうが。


オーストラリア人は、背の高い人をSHORTYとか、真っ黒で直毛の人を、Hi Curly なんて呼びます。これもユーモアの一つ。私は、センスオブヒューマーがないと、家族から言われています。だから、even don't try 諦める、トライするのもやめろって。まあ、でもジョークは言えるかなあ。この前、きんぴらごぼう食べながら「ほお、これはチンピラごぼうですかねえ」。エディット・ピアフはエディット・ピラフ.............と言ったら、うんざりしたような声で、こう言われました。「真理子さん、エディット・ピラフなんて知らない人が多いですから、言うだけ無駄ですよ」はい。歯がなくて「はなしにならない」とか、うんちの話をしながら「うんちく」を傾けるというのもだめですかねえ。


昨日の晩、たけしの番組で、政治家は「こういう言い方をしたらいい」と言っていましたが、それは言える。日本の政治家はユーモアがないですよ。英国のチャーチルを見習うべし。彼は、「あなたは酔っ払いだ」と言って非難してきた婦人にこう言ったそうです。「マダム、確かにそうかも知れません。でも、私は酔いが覚めたら、普通になるが、あなたのように醜い女は、朝起きても醜いままです」................そうそう、NHK放送大学の先生たち。もうしわけがないけれど、ひどい。頭脳明晰な先生たちだと思うのですが、表情はこわばり、暗記しているという感じ。あるいはまるで棒読み。あれでは、人に何かを伝えたり、感動を与えることは出来ません。ユーモアのかけらもありません。日本人は、全般的にプレゼンテーション、そしてユーモアを学んだ方がいいと思います。先日、ある学会に出た時にも同じ感想を持ちました。さて、トイレにも行ったし、おなかもすっきりしたので、これからミーティングに出かけます。
スポンサーサイト



02/21のツイートまとめ

marikohyland

今日「たけし」のテレビ番組で、タレントが、カンさんは、どんな風に「ものを言ったらいいのか」というサジェスチョンをしていた。彼のサジェスチョン大賛成。さて、放送大学の先生たち。無表情。書いたものを読んでいる。これでは、全然だめ。カンさんとあまり変わりません。
02-21 22:31