FC2ブログ

ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

あがい林檎っこに、ほっぺたこ、くっつげでえ。

「赤い林檎に...」という歌を弘前弁でいうと、「あがい、りんごっこに、ほっぺたこ、くっつけてえ。だまあって、みでいる、あおい、そらっこお」と言うことになるのだそうです。23日は、松本のドクター藤本から、彼の奥さんの実家の林檎園にご招待いただいて、人生初めての「林檎狩り」に出かけました。前の晩に、一緒に行ってくださる中野夫妻のご自宅に泊まり、朝、なんと柏を5時半出発。とっしょり三人組で、るんるん出かけました。途中雨が上がって、松本に着くころには秋晴れ。やったね。

★ ★
正直、ほんとに、ほんとに楽しかった。あんなに楽しいことは、ここ何十年もなかったのではないかと思ったぐらい、楽しかった。P1080476.jpg
おそらく、何十年も見ていなかった、日本の田舎の景色、紅葉した美しい山々、自然からの恩恵である林檎、田舎の方々の心からのおもてなし。プラス、ドクター藤本の「めんこい」息子たち。団子3兄弟との交流。P1080487-1.jpg
あっ、それと、心のこもった地元の材料を使った手料理などなど、幸せの要因が幾つも重なったからに違いありません。林檎たちも、「とってください」と言わんばかりに、ひとつひとつが、私の心に語りかけてきました。P1080498.jpg
富永農園のご主人が、できるだけ化学肥料を使わずに「にんいくとお酢」で守った林檎の木。今年は、夏の干ばつのために、いつもより小さいらしいのですが、私には、とても大きく見えました。最近数年、オーストラリアにFUJI種が入ってきましたけれど、オーストラリアの林檎は小型なのです。P1080494.jpg

P1080505.jpg


★ ★
何度も言いますが、本当に楽しかった!最近、病気も含めて、いろいろ心が暗くなる出来事があったので、23日は、神様が、私にご褒美をくれたのだと思いました。もちろん、この機会を作ってくれた、ドクター藤本にも感謝。ところで、彼の長男TAKUMA君。11歳なのに、競馬のことなんでも知っているのです。彼は、2年生の時に、漢字の練習帳に「皐月賞」とか「武豊」などと書いて先生に出し、驚かれたようですよ。JRAは彼を表彰すべきですね。彼のような子供たちが、日本の競馬を支えていく!私がたまたま競馬に関係していると知って、TAKUMA君は、23日は、ずっと私の後をついて来てくれました。ちょっと恥ずかしいぐらい。でも、彼は、林檎を採る時にも、いろいろお世話をしてくれたんです。あんなに気がつく少年に会ったことがありません。きっと、ご両親の育て方がいいのでしょう。というより、彼にはTHINKING パワーがあるのです。自分で考えて、行動する。人に何かを言われて動くのでなく、自分で考えて動くのです。成長して、彼は、すごい人物になると思いますよ。私は、私の知っていることを全部、彼に伝えたいと思いました。英語を勉強するのよと、言いました。はい、と彼。私の持っている競馬のグッズはTAKUMA君に全部譲ろうと思います。彼のような素敵な少年に会ったことも、私が幸せになった原因の一つです。

★ ★
今日、ジャパンカップのウエルカム・パーティーで、元JRA副理事長の北原さんと、久しぶりに会いました。彼は、30年前のJCに関わった人です。当時は早稲田の大学出たてだったって言っていました。それから、早稲田でて競馬の世界に行く人間も、珍しかったって。今夜は、また、やはり日本競馬の国際化に大きな貢献をした元JRAの国際室の室長で、競馬国際協会の副理事長を長く務められた小川さんにも会いました。このお二人は、本当の意味でインターナショナルな方々でした。お二人は70歳をとうに過ぎているのに、とてもお元気そう。北原さんは、馬券好きで、JRAを退職されてから、楽しい馬券人生を送っているようです。今日は、ナカヤマフェスタの和泉オーナーともお話をさせていただいたし、社台レースホースの方々とも歓談。そうそう、海老名騎手ともゆっくりお話をしました。外交辞令かも知れないけれど、海老名騎手は、オーストラリアに行って見たいって言っていました。来てよ。来てよ。さて、今年のジャパンカップ。今回8頭もの外国馬の参戦で、久しぶりに’インターナショナル’って感じがしました。でも、馬券難しそうねえ。天才競馬少年は、ブエナビスタだって言っていましたけれど。でも、外国馬がいるからねえ。Let's see!

★ ★
そうそう、ご心配をかけましたが、じゃじゃん、声が戻りました。今日は、「帰ってきた美声?」で喋りまくりましたよ。喋ります。喋くりますよ。これから。明日は、大阪日帰りです。
スポンサーサイト



11/24のツイートまとめ

marikohyland

@MedicalTourJpn そう、東京に戻って驚きました。出張がどうなさるのか心配していました。戦争にならないといいですが、北朝鮮って、本当にどういう国なのか分かりませんね。
11-24 12:32