FC2ブログ

ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

NEVER GIVE UP!

今朝、2時にやっと原稿が終わりました。4月に、シドニーで開催されたアジア競馬会議のレポートです。レポートと言っても、自分の好きな題材だけ取材して書くのですが、今回は、アジア競馬連盟の会長をしているJRAの佐藤氏のスピーチにすいて述べました。色々と面白い題材があったからです。それにしても、2時に寝て、目覚ましを7時にしましたが...........ううん、起きたくない........そこで、目覚ましをもう一度かけて、8時55分に起きました。それから、今回、美浦に一緒に行ってくれるMICHIOさんに電話。「何だか、ボーッとしているので、今日は止めようかと」と言ったら「武田牧場に行きましょうよ」と、誘ってくださったのです。そうか。シャワーを浴びて、電車で茨城まで。MICHIOさんの車に乗っても、まだ頭がボー。

☆ ☆
一緒に武田牧場に行ってくださる、板倉さんと「牛久観音様」で待ち合わせ。途中、車から見える観音様に、私は思わず、オーという声を上げました。木陰に見え隠れする観音様。観音様に会えるんだ。そして、観音様の、ほぼ全体像が見える駐車場に.......曇り空の中に、大きな大きな観音様が立っていらっしゃいました。観音-1
感激しました。観音様に祈りました。板倉さんとMICHIOさんと、私と「トッショリ三人組」で、氷を食べました。昔の味がして美味しかった!300円は高いと思いましたけれど。

☆ ☆
武田牧場に行って、また感激しました。馬を見たのではなく、彼らが馬糞とウッドチップの敷き料を使って、素晴らしい堆肥を作っているのをみたからです。ウッドチップは、何と8年も時間をかけるのだそうです。サラサラの美しい土。P1070654_20100701233954.jpg
その場で袋づめをして、全国に出すのだそうです。P1070657_20100701233954.jpg
産業廃棄物を出さない。出さないどころか、それを再利用して、新たな命を作り出す。「ぱちもん」ではない、真剣で「本物の」取り組みに感激しました。武田牧場の社長は、古い機械を買ってきては自分でその肥料を作り出す独自の機械を作ったのだそうです。まだ57歳だったという若い社長は、最近亡くなられたそうですが、生きていらっしゃれば、まだまだ素晴らしいアイデアで「ゴミ処理」の問題に取り組んだはずです。残念ですが、でも、スタッフも、お兄様で現在の社長も、先代の社長の意志を次いでがんばっているようでした。


☆ ☆
その後、美浦トレセンに行きました。美浦で、私が売っている敷き料を使って下さっている秋山厩舎を訪ねました。恐らく先生は、出かけられているに違いないと思っていたのですが、運良くお会いすることが出来ました。ワンダフル。先生から、私たちの製品に満足されていることを伺って、本当に嬉しかった!本当に感謝です。ありがとうございます。さて、二ノ宮厩舎に、宝塚記念優勝のお祝いを述べに行き、帰路についたら、MICHIOさんが、もう1軒、牧場に寄りましょうかっていうのです。二人で、「もしかして」と思った時には、必ずTRYしてみると決めていたので、YESと言って、その近くまで行くと.........MICHIOさんが、大声で「ああ、藤沢先生だ」って言うのです。そしたら、自転車に乗っていた藤沢調教師が、MICHIOさんの声に気がついて、止まってくれました。そこで、私は急いで車から出ていき、道の真ん中でご挨拶。先生も、自転車から降りてくださって........実は、常日頃、藤沢先生とお話をしたいと思っていたのでした。結構、夢に近い感じでした。それが、道を曲がったところでお目にかかるとは........というわけで、その後、すぐに先生の育成場に行くことになりました。ラッキー。

☆ ☆
私は、MICHIOさんに、心から感謝しました。眠い私のお尻をたたいて、出かけさせてくれたことを。観音様にも会えて、武田牧場にも行くことが出来て、秋山先生にも、藤澤先生にもお話をすることが出来て.........実は今晩は、その後、「カラオケしない?イケメンの若者誘ってきてよ」と編集のKさんにお願いしていました。でも、東京に戻ると、恐らく8時ごろ。佐貫の駅から電話。「実は、誰も来ないのです。僕だけですが」そうか、Kさん一人で、私のカラオケに付き合うのは可哀想。そこで、今度にしましょうということになりました。私も、疲れているし。それにしても、NEVER GIVE UPでした。GIVE UPしていたら、今日のようないいことは起きませんでした。

☆ ☆

さて、明日は、川崎競馬場とJRA訪問です。
スポンサーサイト