FC2ブログ

ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

07/26のツイートまとめ

marikohyland

Universal concern is essential in solving global problems. とダライ・ラマは「つぶやいて」います。主人に言ったら、ブル・ダスト(たわ言)だと言っていますが、ダライ・ラマが言いたいのは、解決するためには悩むことだと。
07-26 19:58

TWITTERしている知人をフォローし始めたら、私もフォローされ始めました。変なこといえないですよねえ。ダライ・ラマですが、彼のTWITTERには、毎日アクセスして、勉強したいと思います。
07-26 17:05

今日のシドニーは朝からいい天気です。天国のような感じです。日本の「暑い」気候に暮らしている方々、いひひ。
07-26 10:37

07/26のツイートまとめ

marikohyland

Universal concern is essential in solving global problems. とダライ・ラマは「つぶやいて」います。主人に言ったら、ブル・ダスト(たわ言)だと言っていますが、ダライ・ラマが言いたいのは、解決するためには悩むことだと。
07-26 19:58

TWITTERしている知人をフォローし始めたら、私もフォローされ始めました。変なこといえないですよねえ。ダライ・ラマですが、彼のTWITTERには、毎日アクセスして、勉強したいと思います。
07-26 17:05

今日のシドニーは朝からいい天気です。天国のような感じです。日本の「暑い」気候に暮らしている方々、いひひ。
07-26 10:37

07/25のツイートまとめ

marikohyland

結局何も買わずに戻りました。下の娘が「私が、いいと言わないものは買わないように」というのです。彼女の許可?は出ませんでした。でも、久しぶりに、娘とランチ。楽しかった!彼女は親友がカナダに働きに行くので、何だか寂しそうです。
07-25 16:43

半分仕事をしながら、庭いじり。雑草をとったり、ミミズをみつけたり。そうそう、うちのミミズ・バーのミミズたちも元気です。冬で縮こまっているかと思ったら、結構太いミミズに育っていました。これから、町に主人の誕生祝を買いにいきます。予算もあまりないし、喜ばせるのを買うのも難しい。
07-25 12:50

主人が、朝元気に起きたので、どうしたの?「TVのシリーズをみるんだ」何?ENTERPRISE。サイエンスフィクションです。ベーコン&エッグ ON TOASTを作ってもらって一緒にみました。面白かった。あっ、美味しかった。
07-25 10:20

07/25のツイートまとめ

marikohyland

結局何も買わずに戻りました。下の娘が「私が、いいと言わないものは買わないように」というのです。彼女の許可?は出ませんでした。でも、久しぶりに、娘とランチ。楽しかった!彼女は親友がカナダに働きに行くので、何だか寂しそうです。
07-25 16:43

半分仕事をしながら、庭いじり。雑草をとったり、ミミズをみつけたり。そうそう、うちのミミズ・バーのミミズたちも元気です。冬で縮こまっているかと思ったら、結構太いミミズに育っていました。これから、町に主人の誕生祝を買いにいきます。予算もあまりないし、喜ばせるのを買うのも難しい。
07-25 12:50

主人が、朝元気に起きたので、どうしたの?「TVのシリーズをみるんだ」何?ENTERPRISE。サイエンスフィクションです。ベーコン&エッグ ON TOASTを作ってもらって一緒にみました。面白かった。あっ、美味しかった。
07-25 10:20

THE RAZOR'S EDGE

本当にあっという間に時間が経ってしまいます。先週の金曜日に戻ってきて、新しい事務所に行って、スーツケースをアンパックして、洗濯して(幸いにお天気が良かった!)、色々仕事を片付け!家の中も、会社の中も全部はできませんでしたが片づけをしました。そしたら、もう1週間も経ってしまっていました。金曜日の夜、フットボールの試合の後で、主人と久しぶりに「テレビでドリアン・グレイの肖像」を見ました。彼が、子供の頃にこの映画を見て、すごく怖かったと教えてくれました。主人の大好きな映画です。確かに怖い。また、昨日は、自分が一番好きなミュージカルで、「親父も好きだった」というPaint Your Wagon を観ました。ところで、この映画は日本でDVDになっていますが、何と「ペンチャー・ワゴン」となっています。私は、ペンチャーという意味が分からなくて、調べたら.........Paint Your Wagon ........でした。どうして、「ペンチャー」になるのかなあ。さて、 ドリアン・グレイの肖像は、主人と一緒に何度も観ましたが、このPaint Your Wagon は始めてでした。なんと、クリント・イーストウッドが若い!そして歌を歌っているのです。笑っちゃいました。

☆ ☆
昨日の晩は、主人が一番好きな本を映画化した「剃刀の刃」The Razor's Edge を観ました。この映画も何度か観ています。主人が大好きな映画です。主人が、映画もいいが、本はすごい。震えるほどいい本だ。お前も読むといい。娘にも買ってやりたい......というほどのもの。今度の旅は、この本を抱えての旅になりそうです。

☆ ☆
今日は、主人の誕生日のために何か買おうと思って、下の娘を誘って出かけました。「お母さんは、いつもつまらないものを選ぶから、私がチェックしてあげる」というわけ。その前に、彼女、お腹が空いたというので、DAVID JONESというデパートの地下で、ちょっとだけ腹ごしらえ。彼女の選んだ、パンチェタ(生ハム)のピッザと、ケーキをシェアしました。彼女が、ちらっと今の生活をのぞかせてくれました。「ルーシーがねえ、もうすぐカナダに行くの。最初は半年だけれど、気に入ったら、もっと長くいるって。カナダって、労働ビザをとるのが楽らしいのね。アメリカもそうだといいんだけれど。」「私、アメリカに行きたい。オーストラリアは退屈な国。アメリカで労働ビザをとるのがもっと楽だといいんだけれどねえ。まあ、本当に行きたいと思ったら、ビザのために結婚してもいいわ」ぎょ。ぎょぎょ。「あのね、私の知り合いのお母さんが、ビザをとるために、ゲイの人と結婚したの。いいゲイの人だったら、結構いい結婚になると思うわよ」ほほう。何も言わないことにしました。言っても仕方がないから。


☆ ☆
そして、ルーシーとはどうして親しくなったかを話してくれました。ルーシーの両親も「お母さんとお父さんのように年寄りなのよ。今、65歳かな」高校の友達だったルーシーですが、同じクラスの子で、お母さんが30歳の子がいただんですって。「お母さんが50を過ぎていたころ」。そうして、年をとった両親を持った彼女たちが、仲良くなったらしいのです。そういうこともあるんだ。そして、「それにしても、お母さんのような高齢で、私のような子供を持てるなんて、それは、blessing (神様からの賜物)でしょう。」はいはい。そうか、そういう見方もあるんだ。私のような娘をもてたんだから、幸せと思え.......はい、お代官様。

☆ ☆
とりあえず、TWITTERしていますが、やっぱり短すぎる。それから、世界の全てが分かる......なんて、うたい文句があるけれど、そうは思わない。ぼやきで、世界が変わるなんて、あまりにも皮相的。とはいっても、重要な政治問題などTWITTERしている人いるわねえ。この傾向は嫌ですね。じゃあ、どうしてするの?と聞かれると、「遅れたくないから」と答えます。年取って、「遅れて」いたら、もっと「遅れそうな」気がして、まあ、見栄かな。私をフォローする人もいるし、私の知っている人たちでTWITTERしている人もいるので、フォローすることにします。まあ、時間が一日40時間なければ足りない!


☆ ☆
メルボルンでダニー・オブライエン厩舎に行ってJINさんに会いました。JINさんは、11年目にして、永住権をとったんだそうです。おめでとう。やったね。

07/24のツイートまとめ

marikohyland

今、主人のパスタを待っています。明日は、いよいよ総選挙のためのディベート。現在の首相のジュリアと野党党首のトニー。ディベートには、WORM、つまり聴いている人たちの反応が線グラフで画面にでるのです。これをWORM(みみず)と言います。
07-24 18:20

07/24のツイートまとめ

marikohyland

今、主人のパスタを待っています。明日は、いよいよ総選挙のためのディベート。現在の首相のジュリアと野党党首のトニー。ディベートには、WORM、つまり聴いている人たちの反応が線グラフで画面にでるのです。これをWORM(みみず)と言います。
07-24 18:20

メルボルン・エキスプレス

シドニーで会議をするはずが延び延びになっていて、「悪いけど、他のディレクターも入れたいから、明日来てくれない。今から飛行機のブッキングをするから」との連絡。昨日は9時45分発のメルボルン行き。午後は午後4時45分発のシドニー行きで、シドニーとメルボルンを往復しました。メルボルンにいる主人のお母さんが、病院から戻ったばかりなので、「寄ろうかな」とちょっと考えましたが、今回は見送ることにしました。一刻も早く家に戻りたかったのです。主人が、「今夜は、セインツのゲームがあるからな」って言ったのです。とにかく、主人と一緒に何かができるチャンスを逃したくないんです。

☆ ☆
我がチーム、セントキルダ(セインツ)のチームソングは ........赤と黒と白がカラー。メルボルンの人々にとっては、このチームカラーが、血になっていると聞きます。この前、我々が、散々な目に逢わせたのはコリンウッド。コリンウッドチームは、メルボルンで最大メンバー数を誇り、彼らのチームカラーは黒と白です。私が黒と白の組み合わせの服装をしていると、「あっ、我々のチームの色だ」なんて声が聞こえることもあります。昨年、BC3という会社の人々と日本に出張に行ったときには、社長もマーケティングマネージャーも両方とも「熱い」コリンウッドファン。出張中に、試合があると、携帯でスコアをチェックしていました。出張中に、セインツとの試合がありました。私の方には、主人からSMSでスコアが入ってきていて、彼らの嘆きをよそに、ひひひひ。食事も進みました。ところが、先週は、大負けして、彼らがひひひでしたねえ。わたしは、くくく.....でしょうか。本当にがっかりしました。メルボルン空港のマクドでは、ジョロンチームのスカーフをしている人がいました。ジョロンは、昨年の覇者。9月にファイナルですから、この時期は、とくに、AFLが熱い!メルボルン空港までのタクシーでも、歯の欠けたドライバーと、熱いAFL談義。さて、急いで戻ってきて見た試合でしたが、ホーソンと最後まで完全なシーソーゲームで、最後の1分で引き分けになりました。でも、7点をロードされていた我々が追いついたのです。いやはや。mcevoy-ellis-post-draw246a.jpg


☆ ☆
飛行機の中の新聞には、5年前に起きた「息子3人殺人事件」の再審で、「事故」だったと無実を主張し続けていた子供たちの父親が殺人罪で、3人分の無期懲役を受けたとの記事がありました。見開きで、この事件のこれまでの経過が書かれていました。最初、元夫の起こした事件を信じられなかった元妻で、子供たちの母親は、新たな証人が名乗り出て「事故」だと主張している元夫の主張が覆って、今回は、彼を糾弾する側に回りました。2歳と5歳と10歳の少年たちの可愛い顔写真は、何度見ても涙を誘います。なぜ、父親は息子たちを殺したかって?それは、離婚した元妻へのリベンジだったというのです。親は、自分の命をもってしても、子供たちを守るものではありませんか。リベンジなどという、一時の「つまらない」考えのために、3人もの命を殺してしまったのです。しかも、この3人は、父親をこよなく愛し信じていた。オーストラリアには、親子や縁戚での事件はあまり少ないので、この事件は多くの人が関心を寄せました。再審の日は、死んだ子供たちの一人の誕生日だったそうです。それにしても、幼い命が帰らないばかりでなく、この先、この子達の母親、祖父母たちのライフも戻りません。何と言う、何と言うことでしょう。

☆ ☆
昨日は、FOOTYですから、伝統のミートパイに、バンガー(マッシュポテト)を乗っけて、美味しいソースで食べました。テレビの前で!出張から戻ってから、主人が、色々な料理を作ってくれています。この前もレポートしたビーフウエリントン。P1070721_20100724095029.jpg
これは、ローストチキン。P1070728_20100724095108.jpg 「愛しているよう」なんていわないけれど、これが、愛情の印なんだと、拝みながらいただいていまあす。

日本人はLAZY(なまけもの)?

日本人は、世界でも最も勤勉な人種だと思ってきました。その神話が崩れたのは、オーストラリアで会社を開いてからでした。何年か前には、私は30人近い人を雇っていました。彼らを養うために、朝晩なく私は働きました。CRAZY? ええ、そうです。私は、仕事はするけれど、「経営」をしていなかったのでした。その中で、日本人は「言われたことしかしない」ことに気がつきました。私は言われたことをするのが嫌いなので、自分で会社を作ったわけですが、日本人を社員にしていく中で、彼らには「目標」とか、「情熱」とかないことが分かりました。いえ、実は、社長の私の役目は、自分で「仕事をする」のではなく、この働かない日本人たちに「やる気を起こさせる」ことだったのかも知れないのです。社長失格でした。

☆ ☆
P1070715.jpg
さて、これはエスプレッソマシーンです。千歳の小さなホテルにあったので「やったぜ」と小躍りしました。100円で使えるというので、それは安いと思いました。翌朝のことです。「朝のエスプレッソ」るんるん。窓際に行ったら、エスプレッソマシーンは片付けられていて、フリーのコーヒーがおいてありました。「えっ、エスプレッソは?」「朝は、使えないのです」「どうして?」「忙しい方たちが多いので、サッと飲めるコーヒーにしているのです」「それは分かるけれど、私は時間があるし、器械もそこにあるじゃないの」「ええ、でも、そういう規則ですので」「ちょっと待ってよ。私はフリーでエスプレッソ欲しいと言っているのじゃやないのよ」そして、ホテルのスタッフは、私の前に頭をうなだれて、すみません、すみません。「ねえねえ。私は、あなたを苛めようとしているのではないんです。でも、やっぱりおかしいでしょ。何とかしてくれませんか」


☆ ☆
次の朝、この写真のように、エスプレッソと、フリーのコーヒーが一緒においてありました。私は、THANK YOU!とスタッフみんなに言いました。ホラ、できるじゃないの。次の日は、そのエスプレッソマシーンは、ロビーのほかのところに置いてありました。いずれにしても、考えればできるのです。THINK!!求めよ、さらば与えられん。


☆ ☆
日本人はLAZY?そうですね。そうだと思います。今の事例で言うと、考えることにLAZYだと思います。仕事そのものをサボるとか、時間にいい加減だという意味ではなく、考えないのです。近年、社会が、教育が、そうしたLAZYな日本人を、作ってきました。昔は?違うと思いますよ。色々不便なことばかりだったけれど、それをどうしたら解決できるか、日本人は真剣に考えてきましたものねえ。とはいっても、この「便利」ということについても、一言。世の中に「便利」を求めたために、逆に全てが「便利」になって、ものを考えなくなってしまいました。

☆ ☆
実際、あのインターネットの路線図は「便利」です。本当に凄い。清澄白河から、川崎まで行くのに、どうしたらいいのか。どこで乗り換えて、いくらかかるのか、一瞬にして分かります。凄いと思います。でも、こうしたことに頼っていったら、結局は、地図の読めない、考えることのできない人間になっていくでしょう。最近、電話番号を覚えないと思いませんか。前から覚えが悪かったのだけれども、今ではほとんど覚えていません。HWY?それは、携帯に、電話番号が入っていて、覚える必要がないから...........しかし、携帯がなかったらどうしたらいいのでしょう?どこか外国で携帯をなくしてしまい、SOSの電話をしようと思ったら?


☆ ☆
ということで、最近は、また「手帳」を使い始めました。また、手帳はメモにも使います。私の悪い癖はしゃべってばかりいて、人の話をきちんと聞かないこと。聞いても忘れること。したがって、また、「手帳」が私の生活に復活しました。字を書くのも、最近はやっかいですよねえ。前から下手だったのに、最近は、ひょろひょろの文字しかかけません。英語もそうです。サインなども、「あっ、間違えた」などということも出てきました。アナログに戻りましょう。

☆ ☆
明日は、メルボルン日帰りの出張。きっと、サミー(寒い)・デービス・ジュニアです。冬になると、この駄洒落が使えるので、嬉しいです。

07/21のツイートまとめ

marikohyland

ひょう、今朝は冷えています。オートミールに、バナナを入れて、ラクトースフリーのミルクをかけチーンしました。出来上がったものに、ハニーを入れて食べています。美味しい。
07-21 08:25