ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

すごもり

二日間にわたって巣篭もり状態。というのも、仕事関連のニュースレターの作成や原稿の締め切り。あちこち外を歩いていて、毎日延ばし延ばしにしていたのが原因なんです。今回の部屋は、2階の部屋で窓はついているのですが、目隠し用の仕切りがあり、暗い!刑務所のような感じです。暑いからエアコンかけるんだけれど、空気が悪いような感じがします。なので、昨日は、午後、少し近所に買い物に出かけて散歩してきました。夜は、サッカーを見ながら、2時まで仕事をしました。今朝は8時に起きてから、ずっと、部屋にこもっています。


☆ ☆
部屋にこもって原稿を書かなければならないのに、電話があるわあるわ。しゃべることには慣れている私でも、かなりしゃべり疲れてしまいました。しゃべって疲れるなんて、普通はないのですけれど。さて、今晩中に原稿を書かなければ、ページが開いてしまい、大事になってしまいます。ああ、ブログなんて更新してちゃ、いけないんだ。

☆ ☆
昨日のサッカー。勝ってくれれば、日本がもっと元気になるのだけれど.........と思いながら見ていましたが、駄目でしたねえ。残念ですね。でも、スポーツの勝ち負けなんてこんなものです。誰かが勝ち、誰かが負ける。それがスポーツ!負けるのが嫌ならスポーツができませんね。人生もそうかも.........それにしても、サッカーは、AFLのフットボールに比べると、どうしても「トロイ」という気がします。スピード感はあるのですが、流れがないし、面もあまりない.........と私は感じてしまいます。弟が、自分のブログでその辺を解説していましたが、私にはどうしても、サッカーに当てはめると、それが理解できないのです。AFLフットボールだと分かるのですけれども。この前、北海道のダーレ牧場に行ったら、オーストラリアから来ている獣医師が、「AFLフットボールはつまらないし、分からない。僕はラグビーリーグで育ったから」って言っていました。それぞれに、贔屓や好みがあるのですね。


☆ ☆
昨夜は、上の娘とスカイプしました。彼女の画像はなし。何でもカメラが壊れたのだそうです。私は、カメラをつけて、自慢のウオークマンを見せました。ピンクのウオークマン!!。カメラが中々うまく調節できずに、「あっ、お母さんの鼻の穴だけ見える」なんて言われました。ウオークマンには、娘が作詞作曲して歌っている歌も入っています。「お母さん聴いているのよ」と言ったら大喜び。下の娘には、「お母さんは耳が遠くて、私は、マイクに叫ばなければならないから、スカイプは嫌だ」って言われました。英国のクライエントと、今日もまた話しました。カメラ?「いや、ベッドから起きたばかりだから、多分、君は、見たくないと思うよ」って。そうだ。中年男の裸の姿なんて見たくない。とはいうものの、カメラで会話すると思っていたから、私も、ちょっと上のシャツを取替え、メーキャップをしたところでした。テレビカメラって、ここがどうも、難しい。

☆ ☆
さて、今日はこの辺で。締め切り。締め切り。今日、書き終えて、明日は、また茨城ですからねえ。

スポンサーサイト

HIROSHIMA MON AMOUR!

博多から、広島のTENPOさんの家に行きました。絶対来てねと彼女に言われて何年経ったでしょう。彼女とは、私が高校二年から通った南多摩高校の同級生でした。学校を終えて、お互いに色々,、まあ本当に色々ありました。共通だったのは、二人とも未婚の母になり、それから結婚。彼女は離婚。でも、23年来の恋人がいる。私は幸い、まだ既婚。恋人はいません。彼女は未婚で産んだ息子を入れて3人の息子の母親。なぜ未婚んで産んだのか、彼女の広島の家に連れて行ってもらう道々聞きました。「事故で死んだのよ」そうだったのか。父親は、彼女がアメリカで会った日本人だったそうです。彼女のお祖父さんは、広島からアメリカに移住。「日本は絶対戦争に勝つ」と言って戻ってきたら、戦争に負けてしまった。傷心のうちに戦後アメリカに戻ったのだといいます。だけど、彼女のお父さんは戻らなかった。若くして広島でなくなったのだそうで、それ以来、ずっと女でひとつで彼女を育ててきたお母さんにも、今回広島で会いました。お父さんが亡くなって、お母さんが町田の実家に戻り、当時町田に住んでいたTENPOさんと、私が八王子の学校で出会ったというわけ.............まあ、色々あるわよね......

☆ ☆
元々は、中学の同級生で、お互いに分けあり同士で、その後出会って、それから、今はお互いにシングルなんだけれど、まあ別に結婚しなくてもねえと、彼女の愉快なおっちゃん恋人に会いました。その彼氏と、彼女の息子(今、病院に入っていて、外出の日だったのです)と、4人で、広島のお好み焼きを食べに行きました。P1070609-1.jpg
広島のお好み焼き。話には聞いていたけれど、食べたのは、初めてのことです。すごいボリュームでした。実は、新幹線で、その前日に飲んだハーブの便秘薬と広島のお好み焼きのせい?で、急に差込があり、何度も「便所を往復」。このままでは、大阪の夕食に出られないと、新幹線から電話をして、Uさんご夫妻からのお誘いを泣く泣くお断りしました。

☆ ☆
実はお恥ずかしいことに......「私の家は山の中よ」と言われて連れられていって、広島の何と言う町に行ったのか、私は知らないのです。素晴らしい川や山があるところで、P1070612_convert_20100629000147.jpg 「ほたるも見られるの」「家から紅葉が鑑賞できる」さて、TEMPOさんから、「あなたの事務所を、ここに作ってもいいわよ」と、なんだか、涙の出るようなお誘いで、でも、WHERE AM I? 「ごめん、また来るわ」と、心残りだったのですが、急いで広島を後にしました。友達っていいなあ。短かったけれど、素敵な広島のランチでした。HIROSHIMA MON AMOURという映画が昔ありましたが、HIROSHIMA MON AMIE 広島の女友達ってところですかね。

☆ ☆
その後、昨日は、阪神競馬場に二ノ宮厩舎を応援に行きました。アクシオンとナカヤマフェスタの2頭が出走していました。でも、私は、アクシオンの馬券を買っていて、フェスタは買っていなかった!それには、わけが。隣に堀調教師の奥さんとめんこい坊ちゃんが座っていて、一緒に「ばあちゃんごっこ」で遊んでいたのです。だから、フェスタを買わずに、つい、堀厩舎のジャガーメールを買ってしまいました。だから、今度もまた馬券がとれませんでした。涙。涙。でも、ナカヤマフェスタの宝塚記念優勝は、本当に嬉しい。おめでとうございます。馬券のことはすぐ忘れます!

☆ ☆
そして、夜、汗でぐっしょり濡れて、深川に到着。今日は?朝、早くから、千葉の小林ということにある太井競馬場の分場に行きました。その後、茨城へ。途中、我孫子で、凄く美味しい石焼がまのパン屋に寄りました。P1070636-1.jpg
朝から、子供づれのお母さん、おじいちゃんにおばあちゃんで満員でした。それもそのはず、パンが一個100円なんです。全部買いたくなりました。不況だっていうけれど、この店にはそんな言葉はありません。P1070635-1.jpg
店で食べている人も、皆、パンをお土産に買って出ていきます。私も買って帰りました。ああ、ホントに、全部、買いたかった。とまあ、今、さっき、また深川に戻ったところです。かなり、疲れています。地下鉄の階段を歩いて登ることが出来ず、悔しいことにエスカレーターで上りました。

オーストラリアに女性首相

上の娘がまだ小さかった頃のことです。私は彼女に、こんなことを言いました。「あなたは、移民の子。アジア人とラテン系のミックス。しかも、女性。そんなあなたがこの国の首相になれば、この国は超一流の国になる。首相になってね」と彼女に頼んだことがあります。どうして、そんな難しいことを彼女に言ったのかよく分かりませんが、言いました。当時5歳の彼女の答えは「女は首相にはなれないよ」「そんなことはないわ。イスラエルのゴールダ・メア首相もいるし、インドのインディラ;ガンジーもいるのよ」「そうか。でも、首相になる前に、先にヤングタレントタイムのタレントになっていい?」「好いわよ。歌って踊れる首相なんて、格好いいじゃない」「でも、私が首相になっても、お母さん、一緒に住んでね」「うん。もちろん。あなたは大きな家に住むんだからね。」というような会話をしたのです。それから、25年。女性首相が、オーストラリアに誕生しました。うちの娘ではありませんけれど。

☆ ☆
一昨日の電話で、主人が、ジュリアが首相になったから。というのです。おおっ。彼女は副首相でしたから、そんなこともあるのかと思ったのですが、あまりの急な首相交代に驚きました。まあ、オーストラリアでも選挙が迫っていますからねえ。上の娘は、何だかすごーく驚いてシドニーの主人に電話したらしい。そしたら、主人は she is the best bloke available at the moment and she has balls っと言ったのだそうです。つまり、「彼女は、今いる政治家の男たちの中で、一番いいBLOKE(男)だし、彼女はTAMAがあるからなあ」彼女を男に見立てて言う、うちの主人の独特の言いかたです。笑っちゃいました。確かに、彼女にはTAMAがあるって感じです。ファッションもちょっとBLOKE。何年か前に、美容師をしていた彼女のボーイフレンドからのアドバイスで少し髪型を変えましになりましたけれど、ウエッブで見た首相就任の写真では、10年前のスーツを着ていました。しかもグレー。わたし、グレーのスーツ嫌いなの。もっと明るい色のスーツ着ませんか?とはいうものの、ついに、オーストラリアに女性首相誕生。日本では?

☆ ☆
昨日は、熊本の九州動物学院の生徒たちと、感激の対面。とくに、二年生は、オーストラリアに来て、我々夫婦の「子供たち」になったので、私が、サプライズで教室に入ると「おおお」とか「うわあ」とか、そしてハグハグ・キスキス。シドニーに着いたときに、バスの中で過呼吸で死にそうに?なり、私の妊娠体操、ラマーズ法を私が指導して、何とか、正常になったKUDOちゃんもいました。彼の笑顔を見て、そして皆の笑顔を見て、本当に嬉しかった。そして、今年入ったSHYな一年生たちとの話もありましたよ。SHYだったけれど、皆、一生懸命ものを考えているTHINKING YOUNG PEOPLE。始めまして。私が......ババよ......なんて、一時間の講演をして、博多行きのつばめに飛び乗りました。つばめで「特急つばめ弁当」を食べました。ヘルシーな野菜中心のお弁当で、今までのお弁当で一番美味しかったですよ。

☆ ☆

さて、これから私は、広島経由で、大阪に行きます。広島では、高校の同級生、TENPOさんの家に呼ばれています。広島でランチ。そして大阪でUさんたちとディナー。もてまんなあ。オーストラリアのばあちゃんは。では、またあとでご報告をします。

熊本から世界へ。。。。。

「えっ?大阪から熊本に電車でいかれるのですか」と、先日、大阪で聞かれました。ええ、と答えながら、果たしてそんなに驚かれるほどの距離なのだろうかと、ヤフーの「路線」で調べてみると、お昼頃大阪を出て、4時ごろには着くのだから、なんだ、近いじゃん。私にとっては、「わずか」4時間なのです。オーストラリアでは、6時間や7時間、車で移動することは平気のへいざ。私は、シドニーからメルボルンを、11時間ぐらいかけて、車で移動したことがあります。競走馬の産地のハンターバーレも、片道4時間はかかります。往復しめて8時間。バレーといっても大きな盆地なのですが、そのハンターバレーに入ってからでも、牧場と牧場の間を1時間も2時間もかけて移動するのです。オーストラリアという大きな国では、日本の人たちとは別な距離感や時間間があるようです。私も…もうオージーなので、日本国内での移動は、あまり気になりません。


☆ ☆
という訳で、今日は午後12時45分発ののぞみで博多に。博多から熊本に乗り換えます。午後5時過ぎには着くと思います。(新幹線の中でこれを書いているのです。。。。。。。。)音楽を聴きながらちょっと居眠りをしていたら、もう広島に着いて、広島を過ぎて、今、博多にまっしぐらに向かっています。気がついたら、何本かの電話が入っていて(このごろ、めっきり耳が聞こえなくなってきています!)、折り返しの電話をしているうちに、いくつものトンネルに入ってしまいました。日本は今更ながら、山国なのだと思いました。大阪から、博多ま出一体いくつのトンネルがあるのでしょう。ちょっと調べてみたい気がします。

☆ ☆
今朝、ほんのわずかなお金をオーストラリアまで送金しようと東京三菱UFJ銀行に行きました。私の知っている三菱は三菱だけだったのに、すごいですよね。この合併振り。さて、まず窓口で言われたのは、窓口では個人の送金を受け付けないということ。テレビで送金を受け付けるからといわれました、テレビねえ。そこで、テレビ電話のある個室に入りました。色々と、書類やパスポートなどを「インスタントに」読み取る機械にかけて、テレビに映っている女性の行員の方と話したら、「少々お待ちください」と言われて、かなり待たされた後に、実は、「非居住者の外国送金を受け付けない」というのです。えええ。今まで、三菱でも他の銀行でも、何度も送金をしていたのに。今回はどうして駄目なの?理由は「責任がもてないから」って。つまり「何かあったときに、大阪の支店に出頭してもらって解決する必要があり、私のように、日本に居住先のないもの、特に、大阪にないものは受け付けないというのです」。つまり、彼女の上司が、「責任をとりたくない」ということなのでした。

☆ ☆

ぐずぐずしている時間がないので、文句も喧嘩もせずに(したかったのですが)、タクシーですぐ「リそな銀行」に駆けつけました。「りそな」には既に外国送金用のカードを作ってもらっていたので、あっという間に送金が出来ました。「責任とか何とか」しのごの言わずにやってくれました。よく分からないなあ。どうして三菱は駄目だったの?さて、テレビの個室に入って、色々な質問をされましたが(まるで尋問)、「北朝鮮には関係ありませんね」と聞かれました。あとで、MICHIOさんから、「韓国に送って、それから北朝鮮に金を送る人がいる」と聞きましたが、「オーストラリアから北朝鮮に送る人もいるのでしょうかねえ」いえ、誰にでも聞くのでしょうから、別にいいのですが。ただ、北朝鮮に送金するような不心得者が、「送りませんね」と聞かれて正直に答えるのかどうか。

☆ ☆
今、抹茶のアイスクリームが溶けるのを待っています。それから、ウオークマンをPCに差して充電しています。「のぞみ」の窓際には、充電用の差込あるので、ノートパソコンで仕事をしています。ウオークマンでは、NZのオペラ歌手、キリ・テ・カナワの南太平洋を聞いていました。「あの男のことを頭から洗ってしまおう」という歌を久しぶりに聞いて、その昔、主人をあきらめようとしていたことがあって、そのときに、上の娘とこの歌を歌いながら風呂に入ったのを思い出しました。上の娘が「どうして、お母さんは、彼を忘れたいの?」って聞くので、「そうねえ。ぶつぶつ」でも、あきらめたと思った彼が、「一緒に、会社の家具を見に行かないか」って、ある日私の事務所にやってきてそれからまた、寄りが戻ったのです。一時別れる前に、「会社用に中古の家具を見に行くつもりなの」と言っていたのを彼が、つまり主人が覚えていてくれたのでした。なんて、昔のことを思い出してしまったなあ。

☆ ☆
とかなんとか言っている間に、博多に着いて、熊本に着きました。熊本では、DR TOKUDAと「教育の話」「未来の話」をしました。「教育は未来です」熊本から世界に……………….またいつか、じっくりその話をさせてください。

仙台、大阪、次は?

一昨日は、仙台に日帰りで行きました。弟夫婦にあってきました。シンガポール航空で吉永さゆりの「おとうと」という映画を観ましたが、途中まで行かずにやめました。ぐうたらな弟としっかしものの姉という設定で、まあ、うちと反対の設定だなと思いながら最初見ていたのですが、何とかという役者(?)の演技が大げさすぎていやだったのと、さゆりちゃんが、いつまでもさゆりちゃんで、キューポラーの町以来変わっていないのも、ちょっと...........それより、映画の意図が最初から見え見えで、全く楽しめませんでした。とまあ、映画の「おとうと」は、そのまま終わってしまいました。さゆりちゃんとも、これでお別れ。やっぱり、「大人の旅」だけにしておいて欲しいな。仙台の弟とは、色々話をして東京に戻りましたが、楽しいときをすごしました。弟は今、病院です。入院日記をブログにしているからと言っていたので、これから読むつもりです。


☆ ☆
一昨日は、仙台駅で、また何十年ぶりの出会いをしました。私の宮城テレビの上司が3人集まってくださったのです。当時宮城テレビは、クロスネットと言って、日本テレビとテレビ朝日(当時は日本教育テレビと言っていました)から番組をとっていたのです。一昨日会いに来てくださった橋浦さんは、アナウンス部長。安斉さんも先輩アナウンサー。升谷さんは.......なんだっけ.......確か、番組宣伝などを担当していましたよね........。橋浦さんと升谷さんは、テレビ朝日系列が独立して、東日本放送を仙台で立ち上げたので、そこに転局していきました。私は3年半で宮城テレビをやめて、東京に行きました。広告宣伝の勉強をしながら、電通の仕事をしていた製作会社に雇われて、アルバイトとしてテレビ局で仕事をしていました。とまあ、大昔の話ですが、橋浦さんと升谷さんとは、本当にあれ以来,つまり、35年ぶりぐらいです。正直、あまり変わられていないことに驚きました。三人とも、私の旧性からきた「ゴメ」というあだ名で呼んでくれました。人生は夢のようだといいますが、本当です。あの時、宮城テレビで、ずいぶん色んな男性を追いかけていましたが、誰も振り向いてくれませんでした。あの時、誰か私に振り向いてくれていたら.........私の人生もずいぶん変わっていましたよね。

☆ ☆
昨日はコンピューターに一日アクセスができなかったので、今日つないでみたら、昨日の私のブログにコメントがありました。「動物理学療法士になるにはどうしたらいいですか」って。偶然です。だって、私は昨日は大阪の大阪河崎リハビリテーション大学に行っていたからです。動物の理学療法士になる「正しい」方法は、まず人間の理学療法士になってから、動物に理学療法士になるのが、「正しい」方法だと私は信じています。理学療法は、もともと「リハビリテーション」を目的とした治療法だからです。したがって、動物看護士がリハビリテーションを出来ないかというとそうでもないのですが、看護とリハビリテーションとは「異なる」ものなので、勉強に時間がかかるからです。他にも、リハビリのひとつの手段としてマッサージもありますが、これは、ひとつの手段です。ハイドロセラピーというのも、ひとつの手段です。

☆ ☆
大阪河崎リハビリテーション大学のBIG MAC先生から「パチモン」という言葉を教えていただきました。実際、日本にはこの「パチモン」がかなり多い!「パチモン」でカネを儲けたり、名前を売ろうとしている人たちがうじゃうじゃいます。動物リハビリの分野にもいます。実際、アロママッサージなんていうのは、あまり動物にはやって欲しくない!エッセンシャルオイルを使うことの危険性など考えずに、人間と同じように考えて「動物をいい気持ちにさせて」あげようという「お嬢さん」や「元お嬢さん」たちがいっぱい。というものの、危険性さえなければ、できるだけ動物のことを考えてあげることには賛成です。でも、動物は動物で、人間じゃないんですよ。擬人化は絶対だめ!

☆ ☆
さて、明日は、滋賀へ「しがない」旅。木曜日は、熊本。金曜日は、熊本から福岡。そして、今、翌日、「とっとり」に「とっとりがたな」か、あるいは「広島」に途中下車しようかななんて、考えています。私の子供の頃、富山の薬売りの人が来ていましたが、私って、そんな感じですね。薬を売らずに、「あぶらりを売っている」のかも。またまたお後が宜しいようで。

ちょっと食べすぎ

一人暮らしで、食事を作るのはいいのですが、どうしても大目に作ってしまいます。棄てるのがいやなので、つい食べ過ぎてしまっています。昨夜は、スープ。コーンスープを作りました。たまねぎ、ベーコン、ホールコーンにマッシュルーム。残念ながらパセリを買うのを忘れてしまったので、グリーンの彩りがなくて残念。美味しいパンを買って、ああ.........食べすぎ。余ってしまったので、今朝もまた食べてしまいました。ああ......また食べすぎ。今日はそのまま部屋で仕事。ランチもまたサラダパスタを使って、冷蔵庫の中を掃除。またまた作りすぎてしまいました。また食べすぎ。そのまま仕事。午後3時ごろに出かけたのですが、地下鉄の階段を上がるときに、息が切れました。

☆ ☆
今日は午後、NOBUKOさんと一緒に銀座のDOG ONE GINZAをたずねていきました。DOG ONE GINZAは、クオリティの高いマッサージのコースを提供しています。オーナーで先生のCHIHIROさんは、スエーデンやオーストラリアなどで学んでいます。どこかのいい加減なスクールではなく、実際多くのワンちゃんたちを扱ってたくさんの経験を持つ彼女が先生。セラピストコースでは、獣医師もやってきて病気のことも勉強します。よくアロママッサージなんてありますが、あれは、ちょっとねえ.......

☆ ☆
今日、ひょんなことで、エグザイルの話が出ました。私は、このエグザイルという人たちを知らないのです。実際、SMAPというグループも、歌手だったなんてことも知りませんでした。あの人たちって、テレビの芸人だと思ったのです。でも、香取しんご君って、可愛いよねえ。あんな息子欲しいな。キムタクってまるで女性........なんてぐらいしか知らなかったのです。でも、知らないっていいたくない。がんばって、エグザイルの歌も聴いてみましょう。SMAPの歌も聴いてみるつもりです。ウオークマンに入れてみようかなあ。

☆ ☆
昨日は、テレビ見て、ゲラゲラ笑ってしまいました。菅さんの奥さんって、いやはや、よくしゃべるのねえ。面白いわねえ。私よりしゃべるかも。それにしても、彼女の意見は、なかなか的を得ています。さて、昨夜の番組では、管さんの奥さんが出ているVTRをギロリという顔でサッチーが見ていました。そして、その顔の恐ろしさ! とにかく、サッチーはいただけません。出演した女性の議員に「あんた」とか「女の子」とか言うの.......信じられないですねえ。そして、そんな彼女がテレビに出ていることも信じがたいことです。彼女は何者?エッセイストだって、タイトルがついていましたが。あんな女性を使わなければならないなんて、テレビは今人材不足なんでしょうか。私が出てやるのに.......おっと、私もオーストラリアのマッチーなんていわれそう。


☆ ☆

すみませんが、ワールドカップばかりで、ちょっとうんざりしています。もともと........サッカーはあまり.......オーストラリアのAFLやラグビーと比べると、「女のゲーム」です。点数が入らないのも、イライラ。イテテテなんて、足を押さえて担架に乗せられたりするのも、女々しい。すみません。日本の方はサッカーお好きなんですものね。それにしても、朝から晩までワールドカップ。この騒ぎにも驚いています。とはいうものの、今日の試合を見ていましたが、あまり意気の上がらない試合でした.......少なくても私にとっては。明日は仙台に行ってきます。


千駄木と千駄ヶ谷

今日は、千駄ヶ谷に行く用事がありました。上野でMICHIOさんにお目にかかって、千駄ヶ谷。「おっ、日暮里から近いぞ」上野から総武線で日暮里。日暮里から千代田線で「千駄ヶ谷??」今日は暑かったし、電話で、千駄ヶ谷の駅からの行き方を伺うとちょっとコンプリケーとだったので、じゃあタクシー。日暮里でタクシーに飛び乗りました。運転手さんが「電話と会社名分かりますか?ナビ入れましょう」って。社内でかなり長い間電話してたら、「あれっ、まだ着かないの?」と、運転手さんが「ええ、まだ3,40分かかります」「ええっ!!千駄ヶ谷って日暮里から一駅でしょう?」「いいえ、東京の全く別方向ですよ。千駄木なら日暮里の隣ですけれど.....」「あああ。そうか、千駄ヶ谷と千駄木と間違えたんだあ」と言っているうちに、メーターがどんどん上がって.............「運転手さん、どこか近くの駅につけてくれない。私は、もう30年も日本にいないの。外人なの。間違えちゃったわねえ」って言ったら、運転手さんが、とても親切に、それでは、総武線に乗れるように近所の駅まで行きましょうって......それから、飯田橋の駅まで、「ここは東大です。ここは変わっていません」とか、「この病院では、小渕さんが死にました」って、東京案内をしてくれるのです。飯田橋の駅に着いたら「くれぐれも、総武線に乗ってくださいよ。快速には乗らずに」って本当に心配そうに、何度も言うのです。日本人の良心と親切心がまだ生きているようですね。



☆  ☆

それにしても、今日は大笑いをし続けました。色々苦労してやっと千駄ヶ谷のSTOCKMANという会社に着きました。実はこの会社の社長の金子さんとは、恐らく25年ぐらいまでに、二本松でお会いしているのです。二本松のウエスタン牧場で、一緒に乗馬していたのかです。お互いにお互いを覚えていないのですが、二本松の牧場のことや、一緒に楽しんだ馬上運動会などを覚えていましたから、確かに、同じ場所で一緒に楽しんでいたのに違いないのです。金子さんとは、エンジュランス乗馬の集まりで私が講演をした時にお目にかかり、名詞の交換をしました。今日、お邪魔したのは、彼の会社STOCKMANが乗馬関連の会社だと思ったからでした..........ところが千駄ヶ谷の素敵なビルにお邪魔したら.......またまた素敵なファッションがずらり。えええ?これは一体...........そこで、気がつきました。金子さんの会社はファッションの会社だったのです............金子さんがいらっしゃるまでに、一人でくすくす笑っていました。そして伺ったらやっぱり、ファッションの会社なんですって。最初はウエスタンの馬具やウエスタンのファッションを扱っていたのだけれど、今ででは、ヨーロッパのファッションの会社なんですって........まあ、私って何てあわてものなのでしょうねえ。お邪魔する前に、名詞にあったウエッブをチェックすべきでしたねえ。ぼけ。

☆ ☆
二本松のウエスタン牧場には、当時、チョウ有名な、熊久保トキオという社長がいました。テンガロンハットを被って、水牛の角をつけがキャデラックに乗って.......大変なキャラでしたねえ。彼とは、15年位前に、二本松で再開を果たしました。当時、私が関わっていた競馬学校の卒業生を地方競馬で騎乗させる相談に行ったのです。彼は、私がウエスタンとしていた頃は、全く競馬に関わっていませんでしたから、ある雑誌で、熊久保社長が中央競馬や地方競馬の馬主になっていることを知った時には、本当にびっくりしました。二本松駅に迎えに来てくださった時には、「真理ちゃん」って、全く変わらぬ元気さで迎えてくれました。まだ元気でいるかしら?

シルバー人材

昨日は、茨城に出かけきました。美浦のトレセン近辺に行ったのです。さて、茨城の仕事先で、青大将をみました。10年ぐらい前に、宮城県の釜先温泉というところに、家族で出かけたときに、青大将を見ました。それ以来です。なんと、その仕事先の牧場にいたリスのケージにもぐりこみ、すきあらばリスを飲み込もうと思った青大将が、ケージに絡まってしまったらしいのです。リスは、危険を感じてケージをぐるぐると逃げまわり、うち一匹は恐怖のために動かなくなってしまいました。蛇をケージから出そうと、仕事先の方は、奮闘しましたが、蛇もケージに巻きついてしまい、動きません。その方は、ペンチを持ち出しました。えっ、切るんですか。ええ。私は、蛇が切られるのを見たくないので、その場を一時立ち去りました。「何とか、出ました」ってその方が戻ってきたので、「蛇を切ったのですか」と伺ったら、「いえ、ケージを切ったのです。青大将は、どこかに逃げて生きましたよ」って。ああ、良かった。

☆ ☆

リスも助けたかったのですが、蛇だって生きる権利があると思いました。その方のところには、ヤギも、ミニポニーも、犬も、あひるもいました。この方は、動物が大好きなんだってすぐ分かりました。その方、私と同じぐらいかなって思ったら、なんと昭和16年生まれ、私より8つ年上の70歳。いやあ若い!この日は、65歳のMICHIOさんと、72歳のIさんと、62歳の私と一緒に仕事の話をしたんです。平均年齢が、まあすごく高い。でも、若い人なんかに、負けてたまるか。

☆ ☆
実はその後に、行った牧場のオーナーは、やっぱり若く見えましたが、80歳なんですって。昔、アメリカ軍で働いていたんだって言っていました。オーストラリアにも遊びに行ったけれど、楽しかったなあって言っていまhした。彼の牧場には、茨城のシルバー人材センターの車が来ていました。「この辺だと、若い人は皆都会に働きに出るから、シルバーが働いているんです」って。いやはや、私は61歳半で、年をとったなんて思っていたけれど、私はまだ若造。70歳、80歳でまだ現役の方々に会って、本当に勇気付けられました。

☆ ☆

それにしても、今日は、ちょっと疲れています。なにせ、二日続けて睡眠4時間ですからねえ。八王子から戻る電車で、「日本人のように」眠ってしまいました。今朝は、6時と6時半に目覚ましをかけていましたが、起きたくありませんでした。最初の6時のアラームは聞こえず、6時半のは、聞こえましたが、ぐずぐずベッドにいて、30分してから、「エーイ」って起きました。今日は、八王子のめじろ台に打ち合わせにいかなければなりません。新宿まで行って、都営新宿駅から、いつものように、階段で上がろうと思ったら、まあその階段の多いこと高いこと。最後の階段で、ついにエスカレーターに乗ってしまいました。はあはあはあ......悔しいです。まあハイヒール履いていたし.....次はぜひ全部の階段を上ろうと思います。

☆ ☆
今日はマンションに戻り、英国とSKYPEしました。こちらは7時。英国は、午前11時。サイモンの禿げも、くっきりと見えました。声もはっきり聞こえました。SKYPEは、いけるぞ。シルバーな私ですが、まだまだ若いものには負けません。そうそう、美味しいパスタも作りましたよ。新橋の八百屋さんで、美味しそうな新鮮な葱とオクラを買い、赤札堂でオリーブも買ったので、トマトとベーコンと、葱とオクラのパスタを作りました。それに粉チーズをたっぷりかけて、いやあ美味しかった! やるじゃないの.....私。


おっと危なかった!

午後から仕事に出かけてさっきマンションに戻ってきました。おっと、アパートをマンションというようになったら、人並みに日本人になった証拠です。えへん。オーストラリアではマンションは大邸宅だから、これまでは、どうしても、マンションという言葉が出てきませんでした。さて、マンションに戻り、競馬ブックの原稿を書きながら、風呂の用意をしました。原稿に集中していて、「何だか暑いな」と思ったら、風呂のお湯がもうあとわずかであふれてしまうところでした。じゃあ、少しお湯を出しましょう。出しながら、また原稿を書いていました。あっと思って風呂に行ったら、お湯は全く無くなってしまっていました。

☆ ☆
なんてヘマナ。じゃあもう一度、お湯を入れましょう。そして、原稿。あっ、暑い。風呂場に行ったら、あと何ミリかでお湯があふれ出るところでした。私は、二度も、お風呂を用意していたことを忘れてしまっていたのでした。ショックです。主人から、「くれぐれも、料理をしながら何か他のことをしないように」と言い渡されました。いつも、家の台所でコーヒーを沸かしながら、庭の草むしりやほかの事をすると、必ず、コーヒーを作っていたことを忘れて、吹きこぼしてしまうからなんです。「絶対、するなよ。アパートを火事にしてしまうからな」.........風呂で、火事にはなりませんが、しかし、お湯をあふれさせて、しまうところでした。お風呂場は、幸いにも、他の床から一段高いところにあるので、台所や寝室までお湯があふれることはありませんが、本当にドキッとしてしまいました。我ながら、がっかり。

☆ ☆

明日は、茨城まで出かけます。昨夜は、ほとんど寝ていないんです。風呂は。。。。今夜はやめます。苫小牧の火事で3人の幼い子供たちが亡くなったという、ニュースを聞いて胸が痛みました。祖父母と一緒だったっていうのですが....。祖父は、子供たちがいないので、逃げたと思ったって......自分だけ助かったんです。2歳や3歳の子達がどうして逃げることが出来たと思ったんでしょう。何と言う浅はかな。おまけに、焼け跡から灰皿が見つかったっていうのですが.......それは、祖父の灰皿ではないのですしょうか。失われた3人もの子供の命。痛ましい限りです。

採点は、30点

中京大学で講演をさせていただきました。自己採点は30点。時間を大幅に延長してしまったのは、30点減。話をあちこちに飛ばしすぎてしまったのは、更に30点減点。最後に時間がなくて急いでしまったのは、10点減点。したがって、講演の自己採点は30点でした。これは、不合格点です。200人もの学生の皆さんに話すということについて、やはり経験不足だったことは認めざるを得ません。20人の学生の方々に向かって話すということと200人ということは、全く違うことだったのです。すみません。Maybe next time!

☆ ☆
さて、昨日からまた東京自炊生活が始まりました。手鍋さげて......いえ、手鍋ひとつの自炊生活です。近所の「赤札堂」に買い物に行きました。オリーブオイルと塩・胡椒は、中野さんに預かっていただいたスーツケースに入れてあったので、あとは、ジュース、豆乳、卵、ほうれん草、しめじ、トマト、ポテトににんじん。そして、チーズ。調子にのって、もっとたくさん、買い物をしそうになったので、STOP.....今日の昼は、ほうれん草としめじと卵のおかず(何だか名前がありません)を作って食べました。コーヒーは、前に買ってあったドトゥールのエスプレッソコーヒーをドリップして飲みました。不自由な生活ですが、色々考えて、できるだけ快適な暮らしをクリエートしています。(やせ我慢?そうかも)

☆ ☆
今日は、本当に素敵な場所につれて行っていただきました。NOBUKOさんのおうちです。ヴィーナスフォートやディズニーランドまで見渡せるレジデンシャルビルの24階。あんな素敵で、あんな高いところにあるお宅にお邪魔したのは初めてです。今日お目にかかったばかりなのに、まるで旧知の友人のように、さっきまで、話しこんでしまいました。というより、私がしゃべくっていたのかも。すみません。

☆ ☆
今日は、このまま競馬ブックの原稿を書かなければなりません。明日が締め切りです。

FC2Ad