FC2ブログ

ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

不思議の国のおばん

まあ、30年ですからねえ。日本を出たのは。今回も、かなり長期で日本に滞在していますが、色々、不思議体験をしています。この前もお話しましたが、ラーメンのズルズルという音を含めて、いろいろ。最近、日本の電車の中の風景はと言えば、携帯をしている人が半分、寝ている人が半分。前は寝ている人がほとんどでしたから、大変な変わりようですね。居眠りと言えば、今回、シドニーからゴールドコーストまでの飛行機で、隣の女性が私にしなだれかかって寝始めました。「あっ、もしかして日本人?」と思ったら、やっぱり日本人。私の観察、するどいわねえ。あの豪快な?居眠りは、中国人ならしないもの。中国なら、そんなことしたら、財布がなくなったちゃう?ところで、昨日、美浦からの電車では、携帯電話を押しながら、寝ている人をみました。ああ、危ない。電話が落ちる....なんて、心配してあげちゃいました。でも、彼は、落としませんでした。優れ技。

☆ ☆
不思議の国のおばん。次の体験は、自転車で殺されそうになったこと。一昨日、田園都市線の用賀に、用があって!つまり、ようがに,ようがあって....出かけたのですが、駅を降りて歩いていると、突然自転車が私に向かって猛進。あっ、危ないと声を上げたら、自転車は,私にはぶつからず、脇に逸れて転倒、他の道の脇においてあった自転車に突っ込んでいきました。私は呆然。そして暫くのSILENCE。自転車に乗っていた人は小声で「すみません」。もっとも、恐怖の自転車体験は、実はこれだけではありません。大阪でも、何度もひき殺されそうになりました。この前一緒に来ていたオーストラリア人が「日本のように安全を大切にする国でも、こんなことがあるんだねえ」オーストラリアでh歩道を自転車が動くことはありません。それにしても、本当に危なかった!

☆ ☆
さて、昨日も美浦に行きました。「今日は馬糞に手をい突っ込むぞお」と、結構興奮していました。美浦の堆肥の専門家の方にそのことを言ったら「いや、真理子さん、それは止めたほうがいいですよ。死にますよ」って言われてしまいました。えええ。堆肥に手を入れると死ぬ?「そうです。堆肥はまだ完全な状態ではなく、その過程で、O157のような強力なばい菌もできるのです。したがって、もし洗い損ねたりすると死に至るような病にかかることもあります」って。ぞおお。そうかあ。クソ婆と言われている私が、堆肥に手を突っ込んで死んじゃったら、まさに、本当の、くそ婆になってしまいますね。こりゃ、凄いニュース!


☆ ☆
不思議の国のおばん。日本で慣れないのはラッシュアワー。今日、明日のセミナーの打ち合わせを終えて、品川から電車に乗ったら、ドーという怒涛のような人ごみに出会いました。どうしよう。電車に TO GET OR NOT TO GET, 乗ろうか乗るまいか、それが問題!と言っていたら、いつまでもホテルに戻れない。えいと勇気を奮って、電車に乗りこみました。席のあまりない車両で(それも不思議でした。そんな電車があるのね)私は、電車の隅に立っていました。何だか悲しくなりました。「オーストラリアに帰りたああい」涙が出そうになりました。実は新橋で降りる予定だったのですが、つい降り損ねて東京駅まで行ってしまいました。悲しさは増すばかり。「もしかしてお腹がすいているからかも知れない」でも、何か食べるものを買おうと思っても、何を買っていいか分かりません。食べたいものがないのです。レストランに行こうかとも思いましたが、やっぱり食べたくないのです。おかしい!食べることが私の生き甲斐だったはず。どうしたのでしょう。病気かも知れない。などと思いながら、東京駅の一番街を歩いていたら、カレーやさんがありました。冬野菜のカリーの写真があって、それだったら食べられるかもしれないと思って入りました。とても美味しかった!悲しさが少し薄らぎました。そのあと、大丸に行って、故郷仙台の「ズンダ餅」を買ってきました。結構いいお値段です。でも、ズンダを食べたら、もう少し元気が出るような気がして買いました。

☆ ☆
明日から二日間、DRバーバラ・フュージェーのセミナーです。DR須崎がオーガナイズしてくれました。須崎先生、いつもありがとうございます。今回、バーバラのセミナーは、ハーブとそれを使った治療法と症例。バーバラは漢方を使って多くの動物たちを治療しています。その成功例を彼女が話します。

☆ ☆
NYにいる娘から、主人へメールが届きました。彼女の2便目です。読みながら、また泣いてしまいました。なぜだかよく分かりませんが、泣けてしまいました。私たち、ファミリーは今、バラバラなところにいます。お代官様こと、娘はNY.もう一人のお代官様はゴールドコースト、主人はシドニー。私は東京。クリスマスはこの全員が家に集まります。早くコイコイ、クリスマス。
スポンサーサイト