FC2ブログ

ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

いらっしゃいませ・こんにちわ

有名な?日本バッシャーとして、最近の日本で最も嫌いなことを語りましょう。日本の店に入っていくと、変な猫なで声で、「いらっしゃいませ・こんにちわ」と言われることです。なんやのん。あれ!いらっしゃいませええ~~、という言葉を、のどを絞めた鶏のような声で言われることもあります。UNIQLOなどという世界的なショップでもあれを聞くことが多いですねえ。先日、イカってそれを言っていたら、九州の学生さんから「いらっしゃいませ」だけでは暗くなるから、こんにちわをつけるようにと、店長から指導されたと聞きました。しかも天下のローソンですよ!指導するって、誰が指導するの?店長は声の専門家なの?ところで、これを、また、先日日本のある人に言ったら、「そうですかあ」って言われました。気がつかないのがまた気になるところです。

☆ ☆
それにしても、今日本で大人気のHさんという接遇コンサルタントの声も困りますねえ。キンキンした声で、企業の人を集めては「笑えええ」なんて言っているのをテレビで観ました。怒鳴って「笑え」って言っても、引きつって笑えないでしょう。笑いは、心から生まれてくるものだと思うのですが。つまり、ユーモアで笑わせるのが一番です。あっ、今、流行っている下品なお笑いのことではありません。あれはユーモアとは言いません。さて、それにしても、私は声は人を表すと思っています。キーキー声はやはり性格がキーキー。私の友人のFUさんの声は素敵です。深くてナチュラル。話し方もそうです。この前もお話しましたが、学生時代、山根さんの声を初めて聞いたときには、男性の声ではないかと思ったほど低い声でした。人にこびることのない声というのでしょうか。したがって、できれば、今後、日本では声や話し方の教室もしたいと思います。「声で人生が変わる?」まあ、恋でも人生が変わりますが、間違うことの方が多いです。私はその実践者です。

☆ ☆
今日、会社に行ったら、まあまあ仕事の多いこと。今は既に午前1時近くですが、まだ仕事が終わりません。でも、今夜は、主人と一緒に「ラ・バンバ」を見ました。リッチー・バランスの映画です。彼はたった17歳で死んだのですね。彗星のような人生とはこのことです。今「死」についての本を企画しています。多くの方に「死」についての質問をし始めました。世界中の人に聞く予定です。オーストラリアの人からも、早速回答が寄せられました。本にする前に公表するのが、ちょっとはばかれる位真剣な回答でした。「死」は、いつかは必ず私たちに訪れます。なのに、私たちはそれを語らない。もっと語りましょうよ。そういえば、葬式の代わりに「カラオケ大会」をしたいとある方が言ったとか。そのある方にも「死」について質問するつもりです。死についてのミュージックを作ってもいいですよねえ。千の風だけでなく。



スポンサーサイト