FC2ブログ

ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

いよいよメルボルンカップ

九州動物学院のおすみさんから、「無事、日本に着きました。今福岡から熊本にいくバスの中です」とメールが入りました。空の色がオーストラリアと違いますと言ってきました。そうなんです。オーストラリアの空の色、大きさ。これが日本とオーストラリアとの大きな相違点かも。空港で、主人と一緒に、皆を送りましたが、皆HUGをして、泣いてくれました。シドニーに着いたとき、具合が悪くなって、これから旅が出来るだろうかと心配した KUDO-CHAN(と主人が呼びます)は、最後まで手を振ってくれてなかなか税関に入っていきません。彼の愛嬌のある顔が今でも、しっかりと心に残っています。うちは息子がいませんから、主人も、KUDO=CHANのこと、何だか息子ができたような感じがしたのかも知れません。「みんないい子だったなあ」と、普段はあまり感情を表さない主人も感激の面持ちでした。ちょっと寂しそうにしていました。

☆ ☆
家に戻ったら、急に身体の調子が悪いのに気がつきました。今まで、二種類の抗生物質を飲んでいたので、調子が良くなったのだと勘違いしていました。抗生物質は病気を治さない。病気を抑えるだけだと、私の主治医はこれまで何十年も私に言い続けてきたのでした。You know what you have to do,don't you? 何をしなければならないか分かっているよね?Yes! I have to rest. そうです、身体を休めなければなりません。 こんな会話をいつもするのです。昨日は、眠り薬を飲んでぐっすり寝ることにしました。鼻がつまり、咳が出始めて、耳がボーっとしています。耳のどこかが詰まっているような感じです。ビタミンCとガーリックのタブレットを飲み、レモンと蜂蜜を飲んで寝ました。もっとも、朝は、8時におきなければなりません。メルボルンカップを特集した競馬番組があるからです。


☆ ☆
今年も、メルボルンカップのMedia Accreditation 記者認定を受けました。もう何十年もこの記者認定で、競馬場のあらゆる場所を歩いてきました。ただし、サドリングエンクロージャーと言われるいわゆるウイニングサークルには、ここ数年はいらないことにしました。カメラマンも大勢だし、まあ、いかなくても取材はできるからです。日本からは、競馬雑誌「優駿」の写真を撮っているカメラマンの関さんも来る予定。でも、この身体の調子を考えると、メルボルンまで飛んで、しかも取材をするのはちょっと無理です。恐らく倒れてしまうような気がします。なにせ、8日には日本に飛ぶのですから、今、休んでおかないと........

☆ ☆
今日の競馬番組で、ここ何十年もメルボルンカップを、’ほぼ’正しく予想しているTAB(賭事会社)のドミニックさんの予想がありました。彼の予想は、優勝は、ALCOPOP,。 バート・カミングス調教師で昨年の優勝馬、VIEWEDROMAN EMPERORが入着。ヨーロッパからやってきたゴドルフィンのCRIME SCENE がもしかしたらもしかするという予想を出していました。

☆ ☆

メルボルンで働くJINさんも、恐らくALCOPOPではないかと言っています。この馬の父は、JEUNEでメルボルンカップの勝ち馬ですし。JINさんといえば、昨日のレース、フレミントン競馬場の9レース全部を予想してきてくれました。うち、なんと、3レースがぴったしカンカン。また他2レースも予想馬が入着しました。これは、すごーいことです。その昔、JINさんと私は、競馬学校当時、この二人が賭けたら絶対賭けるなという指令が出ていたぐらいの駄目予想家でした。私は今でも駄目ですが、JINさんは、ここ十年で、かなり凄腕の予想家になりました。彼にもらった予想で、少しかけて、少し儲けました。やっぱりドンと賭けないとドンとは儲からないのですが、でも、FEELING GOOD! JINさんの厩舎からは、今年もメルボルンカップにマスターオライリーが出ます。実は、実力馬で走ればかなり可能性のあったVIOURが出走できなくなってしまいました。200倍もオッズのついている駄目な馬が走れるのに、なんと言うことでしょう。

☆ ☆
さて、お口の調子はともかく、まだ調子が悪いので、ガーリックとレモンを飲んでまた少し横になります。仕事がかなり溜まっているのですけれど。

スポンサーサイト