FC2ブログ

ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

お代官様とカラーリング

昨日はお代官様とヘアーカラーを買いにいきました。どうやら彼女の意図していたカラーリングが見つかりリません。「お母さん、もういいじゃないの。年なんだから隠さなくても」とお代官様。車の中で主人が「おまえの考えをお母さんに押し付けることはない!」と断固として言ったら(凄い!私の味方をしてくれた)、お代官様はちょっとシュンとして「別に押し付けるつもりはないけれど」とむにゃむにゃ。近所のスーパーで見つからなかったので、もうひとつのスーパーに行って、色はともかく、「ストリークス」キットを見つけたました。ストリークスというのは、ハイライトのことです。やっと見つけたのですが、お代官様は「これは、自然の黒の髪の毛には効かないって言っているし、おまけにお母さんの髪はベースを染めているわけでしょう。だから、それに、このストリークスが効くのかどうか私は自信がないわ。期思うように出来なくても私のせいじゃないわよ。私は責任をとらないからね」とかなりネガティブなムード。血がつながっているとはいえ、性格がかなり私とは違います。全てにネガティブなのです。

☆ ☆
すったもんだを聞いていた主人が「もう、いい。もう美容院にいけ。このまま出発まで、何時間も口げんかを聞いていたくないからなあ」と、プリプリと怒り出して.........三つ巴のBAD MOODになりました.「まあ、とにかくやってみるから」とお代官様。そして、「ストリークスの方は時間がかかるから明日」と言いました。とりあえず、根元の白髪は隠れたものの、何だか、フツーのオバサンになってしまいした。なんて、いえない。また叱られるから、でも、こういうプレーンな髪だと、最近の体調不良から、目の下の隈までくっくりついていているのですから、とても芸能界デビューは出来ません。61歳で芸能界デビューをしようと企んでいたのですから...........とこの前、九州動物学院の学生さんたちに言ったら、「どの分野でデビューされるのですか」と、真顔で聞かれてしまいました。芸名は、ジャカランダ真理子だと言ったら、皆、大変喜んでくれました。どの分野。お笑いかな。デビューしたいな。

☆ ☆
いずれにしても、髪にストリークスを入れて、ど派手にしなければ、私は元気がなくなるのです。サムソンが髪の毛を切られて力を失くしたように。というわけで、今、ストリークスを入れている最中です。あと2時間で家を出るのに。変な帽子を被らされて、そこから、ストリークスしたい髪を引っ張りだして、その髪を染めるのです。おまけに、その上にビニールの帽子を被ります。お代官様がゲラゲラ笑って(あっ、笑ってくれました)、まるでxxxxxのようだと差別用語を使いました。主人がバスルームに入ってきて、携帯カメラで写真を撮ります。もっとも、それからのお代官様は、結構、結果を気にしているようで(主人の血を引いて、彼女は完ぺき主義者なのです)、「大丈夫かな、お母さんの頭が出がけにカボチャのようにオレンジならないかな」とかなりドキドキしていました。「そろそろ時間よ」とやってきたお代官様、「あっ、頭がオレンジ。早く洗ってよ」と大声。そして.........

 
☆ ☆
お代官様のインストラクション通りに頭を洗ったら ヴォアラ! パーフェクトなヘアーが出来上がっていました。普通のおばさんはしないような、芸能界のしかも、コメディアンぐらいしかしない、派手な頭が出来上がりました。これがなくっちゃ、私ではありません。ところで、昨晩、主人が「お前、カラリングしてくれたらお金やるって言ったか?」と聞くのです。Do I need to? やらなきゃいけないの?主人は Of Course! もちろんって。そうか。お代官様は金だけの人間なのか。私はそんな人間の母親なのね。結構、しょぼくれて寝ました。そして、今朝、お代官様に「ねえ、美容院にいく分助かったから、お金あげようか」と言ったら、お代官様はNOって。その瞬間、私は思わず、ああ、彼女はやぱpり私の娘だった。金だけの人間ではなかったのだ...............って思ったら、お代官様は、「その代わり、MRRC JACOBSの新しい香水買ってきてよ。大きいボトルの方ね。えええ。やっぱり、彼女は金だけの人間だったのです。私のオファーした金額の3倍はするんです。その何とかいう香水。

☆ ☆
というわけで、シンガポール航空でまた日本に出発します。ミールのリクエストで、インドのヴェジタリアンミールを頼みました。一番早く出てくるし、しかも美味しい。それにしても、昨夜、ウエッブチェックインしたら、シンガポール航空のあのオージーが、NO WORRIESと言った通路側の席にはなっていませんでした。そこでたった1席だけあった、通路側の席を何とか確保。違うじゃない。どうしたの?シンガポール航空。私の考えでは、ウエッブと電話に出る係りの人たちとのリンクがうまくいっていないのです。また、シンガポールとオーストラリアの(あるいは他の外国)のリンクもうまく行っていないと思います。シンガポール航空の人、このブログ読んでいたら何とか改善してくださいね。私はファンなのですから。

☆ ☆
では、明日日本着。その後、今度は久しぶりの赤坂どまりです。









シンガポール航空

ええ、私はシンガポール航空のファンだったのです。ところが今日.......フレキシセーバーという価格で買った切符を変更しようと思って、カードの裏にあった電話番号に電話をしました。カードと言うのは、最近頻繁にシンガポール航空に乗るので、私は、何と’エリートゴールド’という輝かしい名前のカードを貰ったのです。エヘン。もう一度言いますが(しつこい!)、私は、エリートゴールドの会員向けの’特別の’ナンバー’ところに電話しました。オーストラリアの電話番号でした。私の質問は、簡単です。切符の変更ができるかどうか。なぜなら、自分で、ウエッブで変更しようと思ったら、エコノミークラスなのに、変更時の価格が、何と5800ドルぐらいにもなってしまうのです。ウッッソー。何度かウエッブ上で変更をしようとしましたが、同じです。主人に、ねえねえ、これ見てと言ったら、いや、それは何かの間違いではないか。俺はメンバーではないけれど、自分がトライしてみようと、シンガポール航空のウエッブにアクセスしました。と、結果は、やっぱり5800ドルに。エコノミーですよ。ファーストじゃありませんよ。これにはさすがに主人も、ふうむ。

☆ ☆
だったら、電話で聞いてみましょうと、そのエリートな電話番号に電話してみたわけです。まずは、私が変更したい日には東京からの便が一席もないと言われました。ファーストクラスもないっていうのです。だったら、あのエコノミー5800ドルはなんでしょうね。まあ、そうか、いずれにしても変更は無理なんだ。でも、諦めない女で有名な私は、「名古屋だったらどうでしょう」というと、どうやらOKらしい。それならあるから変更するかっていうので、いや、まだ変更しないでくれ。変更料はいくらかって聞いたのです。そしたら、それは分からない。シドニーに聞かなければ。えっ、私って、シドニーに電話しているんじゃないの?いえ、シンガポールにしているのです。変ねえ。あれはシドニーの番号だったわよ。いえ、シンガポールにかけています。そうなの。では、シドニーの番号を差し上げます。はい。


☆ ☆
そして、シドニーにかけました。同じように、予約番号を言って、名前を言って。しかし、その英語の聞き取りにくいこと。いや、私だって、外国人ですから、私の英語が聞き取りにくいと言われたこともあります。だから、他人の英語のことをとやかく言える立場にありませんが、それにしても、耳を澄ませても、全く分からないのです。「緑の森のかなたから、陽気な歌が聞こえます。あれは水車の回る音、耳を澄ませてお聞きなさい」......ことことコットンことことコットン......そんな感じではありません。そして、最後に、そうですか。変更ができるのであれば、変更料を教えてください。そしたら、今は分かりません。あと、2時間あとに電話してください。えええ。で、2時間後に電話しました。また同じことを初めから繰り返しました。

そしたら、最後にオペレーターは何と言ったと思いますか。あなたはシンガポールにかけているので、シドニーに電話してくれって。これって、3回目よ。そこで、エリートの番号ではない、フツーのオーストラリアの番号をもらいました。ハーイ。とオージーが出て(英語で分かります)、そして、全く変更料もなく(そうでしょう、だから、フレキシセーバー買ったんだから)、名古屋発の飛行機が、すぐとれました。NO WORRIES! ノーウオーリーズ! とオージーのオペレータ。地獄で仏とはこのことでした。シンガポール航空のマネージメントに告ぐ。もっと、電話でのコミュニケーションを改善して欲しい。私は、半日を無駄にしてしまいました!

☆ ☆
昨日の夜のお代官様の言葉。「ねえ、お父さん、お母さんのあのTシャツ。焼いたほうがいいんじゃないの」そして、今日のお代官様の言葉。「お母さんは、どうしてこんなに、異常にSHORTなの」つまり、私の背丈のことを言っているのです。2週間に一度は、この言葉を言うのです。「おかしいよ。やっぱり。普通じゃないよ。そんなにSHORTなのは」お代官様、私は日本人ですだ。戦争後すぐ生まれて食べ物もあまりない中で育ちましたですだ。両親もチビだったので、私は、日本人の中でも、チビだったのです・だ。クラスではいつも一番前。居眠りをしていつも、先生にしかられていたのですだ。一生懸命、SHORTが私の生まれつきで、決して異常ではないということを説明したのですけれど........それでも、お代官様は、「いや、やっぱり普通じゃない」と言い張るのです。そしてHUG。HUGされるのはいのですが、彼女のあごが私の頭の上にくるんです。頭の上にあごを乗せて、ぐりぐりしながら、お代官様は「やっぱり変だ」を繰り返します。これは、ハラスメントだと思います。おっと、そんなことを考えているとお代官様が知ったら、また怒られますので、気持ちを隠すことにします。そういえば、お代官様は、「土曜日ねえ、もしかしてお母さんの髪の毛染めてあげようかなあ」ホント?「もしかしてね」くんくん。

SHOCKING RESULT!

今日のメルボルンカップ?SHOCKING!そう、ショッキングな結果。いえ、つまりメルボルンカップで、ショッキングが勝ったのです。そして、私は、その馬券を買っていませんでした。SHOCKINGです。確か、JINさんも買ってないよねえ。まさか、私に予想を送ってくれた後に、ちょっと.....なんて買ってなかったでしょうねえ。許さないよ。そんなことしたら。ところで、2着と3着はアイルランドの馬でした。主人は、「ああ、今年も」ってやっぱりショックを受けていました。何と、優勝馬を除いて、2着から4着まで全部買っていたのだそうです。やっぱりSHOCKINGだあ!

☆ ☆
今朝のラジオで、ある人がこんなことを言っていました。何でも、30年前にメルボルンカップで大きく当てて買った家が、今では2000万ドルの価値があるといっていました。その人に今日の予想は何で小と司会者が聞いたら、「キブッツ」って言っていました。当たったら凄い配当の馬です。まあその彼も、今回は当たらなかったわねえ。そんなに当たって一体どうするのよ。プンプン。さて、私は、昨日、メルボルンのJAMESに電話して、「ねえ、明日のメルボルンカップは何?」って聞いたら「DAFFODIL」って言っていました。「それは、ちょっと私の予想と違うわねえ」と言ったら、「だったら聞くなよ」って言われました。それもそうだ。

☆ ☆
さて、今日のシドニーの天気は、これまたSHOCKING!何と37.5度あったのです。ニューサウスウエールズ州の内陸部では41度まで上がったところもありました。それでも、この時期としてはまだ記録を破っていないそうなんです。1986年、同じ時期に、シドニー市内で40度を越したところもあったからと言っていますが、まあ、それにしても暑いのなんのって........。朝、事務所に行って冷房の中で仕事をしていましたが、午後ちょっとだけ外に出たら、日本でいうフェーン現象のような、ボワーっと暑い空気が漂っていて、まるでサウナ状態でした。慌てて事務所に戻り、メルボルンカップの時間まで仕事をしました。日本は文化の日で、オーストラリアはメルボルンカップ。とにかく、大変静かで仕事が捗りました。今、オーストラリア時間の午後9時半ですが、今でも気温は30度を越しています。ところが........明日は、24度まで下がるんだそうです。それもまたSHOCKINGです。来週はずっと曇りかシャワー。20度台なんだそうです。


☆ ☆
土曜日に、「お母さん、私と出かける?」ってお代官様が言ってくださいました。「はい」浮き浮き。浮き足立って、一緒に出かけのたのですが、デパートに入ると、彼女の姿が見えなくなってしまいました。一体どうこにいったのかしら。電話をかけても電話に出ません。一体どこなの?お代官様は。では、上の階に行ってみましょう。見当たりません。かれこれ20分経ったら、電話がかかってきて、「一体どこにいるの。もう終わったから、どこにいるか分からないけれど、1階まで戻ってよ」おおこわ。「ご飯食べる?」「はい、お代官様」DJ,デビッドジョーンズと言うデパートの地下にあるヌードルバーに行きました。あまりお腹が減っていませんでしたが、お代官様が「私が選ぶ」って、焼売のようなぎょうざと、イカのサラダを選びました。ヌードルバーに行ったのですが、彼女が「あんなに食べられないわ」というのです。まあ、何とか喧嘩せずに食べて(ホッ)、それから、上のホームウエアに行って、私は、ウイスク、つまり、あわ立て器を買いました。家でマキアートを作るときに必要なのです。スーパーで3ドルで買ったものが壊れてしまったので、ちょっといいのを買おうと思いました。24ドル。悪くありません。お代官様は、「あのね、大きなマグカップ買っていいかしら」って。「買ってくれたら、お母さんにあげたあのカップを返してあげられるでしょう」つまり、彼女は、クリスマスに私に大きなカップを買ってくれたのですが、最近はそれを自分のものとして使っているのです。それじゃあ、プレゼントじゃないじゃないの、と言いたいのですが、また、お代官様に叱られるから。ということで、お代官様は、新しくて大きなマグカップを買って、大変ご満足のようでした。

☆ ☆
お代官様は、昨日、こんなことも言いました。「ねえ、お母さん。私の部屋を掃除したいと思わない?」えっ、あの開かずの間の?「ホラ、来て見てよ」と、私をお代官様のお部屋、つまり、私が怖くて立ち入れない開かずの間に誘いました。おやっ、あの山のようなごみはどうしたのだろう。どうやら、珍しく整理整頓をしたようです。お代官様は引き出しをあけて、綺麗に並べられたパンツをみせてくれました。「ねえ、ちゃんとたたんであるでしょう。Are you jealous?(羨ましい)」って聞くのです。はい、お代官様。そして、お代官様の言いつけで、いや、お誘いで、今朝は何ヶ月ぶりかで、彼女の部屋に掃除機をかけさせていただきました。嬉しかったこと。My dream came true! 夢が叶いました。とはいうものの、あと何日ぐらい、あのままでいられるでしょうねえ。と聞いたら、「ナヌ」とお代官様ににらまれました。もうしわけございませんですだ。

☆ ☆
今日はあまり暑いので、水着用のショートパンツに、Tシャツを着ていたら、仕事から帰ったお代官様が、主人に「ねえ、お父さん。お母さんのあのピンクのTシャツ見た?ひどい。あんなものを着て家の中にいないように言ってくれない」って。知るか。暑いんだから。





いよいよメルボルンカップ

九州動物学院のおすみさんから、「無事、日本に着きました。今福岡から熊本にいくバスの中です」とメールが入りました。空の色がオーストラリアと違いますと言ってきました。そうなんです。オーストラリアの空の色、大きさ。これが日本とオーストラリアとの大きな相違点かも。空港で、主人と一緒に、皆を送りましたが、皆HUGをして、泣いてくれました。シドニーに着いたとき、具合が悪くなって、これから旅が出来るだろうかと心配した KUDO-CHAN(と主人が呼びます)は、最後まで手を振ってくれてなかなか税関に入っていきません。彼の愛嬌のある顔が今でも、しっかりと心に残っています。うちは息子がいませんから、主人も、KUDO=CHANのこと、何だか息子ができたような感じがしたのかも知れません。「みんないい子だったなあ」と、普段はあまり感情を表さない主人も感激の面持ちでした。ちょっと寂しそうにしていました。

☆ ☆
家に戻ったら、急に身体の調子が悪いのに気がつきました。今まで、二種類の抗生物質を飲んでいたので、調子が良くなったのだと勘違いしていました。抗生物質は病気を治さない。病気を抑えるだけだと、私の主治医はこれまで何十年も私に言い続けてきたのでした。You know what you have to do,don't you? 何をしなければならないか分かっているよね?Yes! I have to rest. そうです、身体を休めなければなりません。 こんな会話をいつもするのです。昨日は、眠り薬を飲んでぐっすり寝ることにしました。鼻がつまり、咳が出始めて、耳がボーっとしています。耳のどこかが詰まっているような感じです。ビタミンCとガーリックのタブレットを飲み、レモンと蜂蜜を飲んで寝ました。もっとも、朝は、8時におきなければなりません。メルボルンカップを特集した競馬番組があるからです。


☆ ☆
今年も、メルボルンカップのMedia Accreditation 記者認定を受けました。もう何十年もこの記者認定で、競馬場のあらゆる場所を歩いてきました。ただし、サドリングエンクロージャーと言われるいわゆるウイニングサークルには、ここ数年はいらないことにしました。カメラマンも大勢だし、まあ、いかなくても取材はできるからです。日本からは、競馬雑誌「優駿」の写真を撮っているカメラマンの関さんも来る予定。でも、この身体の調子を考えると、メルボルンまで飛んで、しかも取材をするのはちょっと無理です。恐らく倒れてしまうような気がします。なにせ、8日には日本に飛ぶのですから、今、休んでおかないと........

☆ ☆
今日の競馬番組で、ここ何十年もメルボルンカップを、’ほぼ’正しく予想しているTAB(賭事会社)のドミニックさんの予想がありました。彼の予想は、優勝は、ALCOPOP,。 バート・カミングス調教師で昨年の優勝馬、VIEWEDROMAN EMPERORが入着。ヨーロッパからやってきたゴドルフィンのCRIME SCENE がもしかしたらもしかするという予想を出していました。

☆ ☆

メルボルンで働くJINさんも、恐らくALCOPOPではないかと言っています。この馬の父は、JEUNEでメルボルンカップの勝ち馬ですし。JINさんといえば、昨日のレース、フレミントン競馬場の9レース全部を予想してきてくれました。うち、なんと、3レースがぴったしカンカン。また他2レースも予想馬が入着しました。これは、すごーいことです。その昔、JINさんと私は、競馬学校当時、この二人が賭けたら絶対賭けるなという指令が出ていたぐらいの駄目予想家でした。私は今でも駄目ですが、JINさんは、ここ十年で、かなり凄腕の予想家になりました。彼にもらった予想で、少しかけて、少し儲けました。やっぱりドンと賭けないとドンとは儲からないのですが、でも、FEELING GOOD! JINさんの厩舎からは、今年もメルボルンカップにマスターオライリーが出ます。実は、実力馬で走ればかなり可能性のあったVIOURが出走できなくなってしまいました。200倍もオッズのついている駄目な馬が走れるのに、なんと言うことでしょう。

☆ ☆
さて、お口の調子はともかく、まだ調子が悪いので、ガーリックとレモンを飲んでまた少し横になります。仕事がかなり溜まっているのですけれど。