FC2ブログ

ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

日豪の間を行ったり来たり。膵臓のないアラエイト。仕事もフル回転。

暑い東京に着きました!

いやはや、東京の暑さと湿気は、いつものことながら大変。夕方に着いてもこんなに暑いのですから、昼間だったらどうなるの?もしかして、3キロぐらい痩せてオーストラリアに戻るようになるのではないかなあ、なんて、怖がったり嬉しかったり。ということで、先ほど、高輪のホテルに着きました。今週一週間、めいっぱい東京で仕事します。家を離れるときに、くれぐれも、私のベイビーたちの面倒を見てほしいと、主人に頼んできました。私のベイビー・キャロットや、ベイビー・トマトや、ロケットやそのほかに、ミントやパセリや、もろもろのベイビー・ベジタブルたち。冬だと言うのに、シドニーは、今週ずっと好天気続きだそうで、せっせと水をやって欲しいと頼んで出てきました。

☆ ☆
飛行機の中で、仕事をしようと思ったけれど、無理でした。簡単な食事の後に、「余命1ヶ月の花嫁」を観てしまいました。映画の題名から、やばいな。絶対泣いちゃうな。やめたほうがいいなって思ったのですが、全部観てしまいました。私は、映画に出ている出演者のことをほとんど知りませんが、花嫁も花婿の俳優も、とてもよかったと思います。人間が人間を思いやるということがどんなに大切なことかが良く出ている映画でした。ずっと泣き続けたので、目がすっかり疲れてしまって、その後、少し眠りました。それから、仕事?と思ったけれど、機内が暗く、こりゃだめだ。そこで、ふと、「幸せを呼ぶシャンソニエ劇場」というのを観始めてしまいました。フランスの映画です。これもまた心打たれる映画で、結局また泣いてしまいました。今回機内では、ずっと泣いていて、すっかり疲れてしまいました。

☆ ☆
今回は大変安いJALウエイ(往復900ドル)で来たのですが、やはり安いだけあって、食事がちょっと..........。ふと気がついたら、この前のカンタスとJALの共同運航便と同じ便でした。あの時と同じく、食事がとても不味い。そこで、今回気がついたのですが、JALウエイというのは、JALではないのですね。JALと言っても、JALのセカンドエアラインなんでしょうか。スチュワーデスも日本人ではなく(サービスが悪いと言っているのではありません)、、食事がかなり簡素(という言い方はかなり親切な言い方)。もっとも、私は、昨日から、また胃を壊しているので、今回は、機内でほとんど食事に手をつけませんでしたから、まあ別にどうということありませんでしたけれど。おなかすかして乗っていたら、ちょっとショックですよ。ほんの一口だけ手をつけたサンドイッチのパンがひどいこと。もちろん、中身もひどかったです。心がこもっていませんよね。安かろう、悪かろうになってしまったのですね。

☆ ☆

エアーズロックに行って来たという隣の日本人の女性が、「私が初めて海外旅行に出たのは20年前ですが、あのときには、飛行機の機内食って、もっと高級な気がしましたけれどね」と言っていました。そう、食事は年々悪くなるような気がします。こんなだったら、羽田の「空弁」のようなものを、空港で売ったら、結構売れるんじゃないかと思いました。

☆ ☆
主人が、セインツが、2点差で負けたって、テキストメッセージを送ってきました。我がチームセインツは、80年ぶりで,無敗のままファイナルに臨むチームになるのではないかと思われていたのですが、その無敗記録に土が付きました。セインツを負かしたのは、何とビリから数えたほうが早いエッセンドン。こんなことってあるんですね。いやはや。主人は「これでいいのだ」って言っています。このまま無敗で行って、グランドファイナルで負けるよりは、今負けておいたほうがいいんだって。ふうむ。そういうものなのか。


☆ ☆
さて、明日からは、FOODのクライエントと市場調査。そして、テストクッキング。これで3回目の日本訪問。彼らも、本当に力が入っていて、新しい日本市場に意欲を燃やしています。私も一緒にがんばらねば。
スポンサーサイト