FC2ブログ

ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

またウイークエンド

またあっという間にウイークエンド。昨夜、主人が、「明日の朝、ハリー・ポッターを観に行こう。10時半だ」って言いました。娘が朝から働いているので、彼女を仕事場に送って、それから、ブレッキー(オーストラリア人は、ブレックファーストをこう言います)を食べて、そして映画に。その後、午後2時から、セインツのゲームだあ。嫌に張り切っています。ふうむ。ちょっと忙しそうだけれども、それはGOOD IDEA!というわけで、昨夜は早めに寝ました。頭痛もあったので、早めに寝た方がいいなって思ったのです。でも、朝、娘に聞いたら、映画は3時間近くかかるから、今日、映画に行くのは無理だ、明日にしようって主人が言います。映画に行くと、FOOTYに遅れるからって。というわけで、今朝は、近所のカフェで、ゆっくりブレッキーを食べて、スーパーに買い物に行って、戻ってきました。Eggs and Bacon On the Toast。卵もベーコンもSPOT ON!つまり、JUST RIGHT! つまり、パーフェクトでした。HOTだったしね。前にもおお話したかも知れませんが、ベーコン・エッグ・トーストは、シンプルな組み合わせですが、全てがよくないと、いいブレッキーにはなりません。卵焼きに、ナイフを入れると、トーストの上にとろっと黄身が溶けてくる。ベーコンは固からず柔らかからず。そしてHOT。08082009124_convert_20090808184911.jpg 最後は、トーストで皿の卵を綺麗に拭いて食べる!これがオージー風。


☆ ☆
午後のFOOTYの試合は、なんともなんとも。今日まで全勝できたのですが、今回は、トッププレーヤーが8人も欠場してしまって、メディアからは、最終ゲームのために、トッププレーヤーをわざと休ませたのではないかと批判されました。いずれにしても、トップがいないのだからおそらく負けるだろうと言われたゲームでした。そしたら、好調のために今まで出場できなかった選手たちが出てきて、死に物狂いで試合に臨んで、なんと、また勝ってしまったのでした。0,,6801287,00_convert_20090808192340
今日の試合は、タスマニアのロンセストンで行われました。小さな町なのに2万人が集まったと言っています。オーストラリア人はやはりスポーツ大国です。それにしても、殴られて歯が飛んでしまったプレーヤーも、頭をぶつけて包帯巻いてゲームに戻ったプレーヤーもいて、怪我が続出。不謹慎だけれども、このバイオレントなところが、最高です。私の乱暴な性格にぴったり。今日もまた大声出して応援してしまいました。やっぱり、AFLに比べれば、サッカーは、女のゲーム!そうそう、我がチームがゴールキックして手をたたいたら、サリーがやってきて、私にキスをしてくれました。これも最高でした。

☆ ☆
今日も、まるで春のような陽気でした。ジャスミンがもう咲き始めています。08082009125_convert_20090808185403.jpg
スーパーマーケットに行ったあと、「ちょっと、メアリー・マキロップの教会に行ってみない?」と誘ったら、「ミサは嫌だけれど」、今日は土曜日で、ミサはないだろうから....と、主人が、教会のあるノースシドニーまで行ってくれました。メアリー・マキロップは、オーストラリアで初めて聖人になった人(人と言っていいのだろうか?)。ビクトリア出身で、何でも、主人の遠い親戚だと聞いています。うちの主人は宗教を全く否定している人なので、彼女が埋葬されている教会に行くことは、これまでありませんでした。いえ、彼は、結婚してこの方、結婚式と葬式以外、どんな教会も行くことがなかったのですが、今日は、行ってもいいって.......さて、私は、カソリックではないけれど、主人の親戚ということもあって、聖人メアリー・マキロップには関心がありました。おまけに、彼女の教会は、われわれの住んでいるところから10分ぐらいのところにあるのです。メアリー・マキロップがなぜ聖人になったかというと、........アドレードで最初の教会を建ててから、オーストラリアの奥地、NZ、ブラジル、ペルー、ウガンダなどまで出かけて、多くの人を救ったと言います。それも、1800年代というから、驚きです。

Young women came to join Mary, and so the Congregation of the Sisters of St Joseph was begun. In 1867, Mary was asked by Bishop Shiel to come to Adelaide to start a school. From there, the Sisters spread, in groups to small outback settlements and large cities around Australia, New Zealand, and now in Peru, Brazil and refugee camps of Uganda and Thailand. Mary and these early Sisters, together with other Religious Orders and Lay Teachers of the time, had a profound influence on the forming of Catholic Education as we have come to know and experience it today. She also opened Orphanages, Providences to care for the homeless and destitute both young and old, and Refuges for ex-prisoners and ex-prostitutes who wished to make a fresh start in life.


車でぐるぐる回りましたが、ノースシドニー地区には多くの教会があって、彼女の教会がみつかりませんでした。家に戻って、ウエッブで検索してから行こうと言ってくれましたが、主人の気が変わってしまわないうちに、明日でも。いえ、明日はミサがあるから行かないというかも知れないな。

☆ ☆

FUさん、私はオーストラリアの年寄りが偉いと思っているのではありません。偉いというよりも、日本と違うなあって思っているのです。自立という点では、昔の日本はともかく、今の日本の年よりはオーストラリアより駄目な人が多いです。私は、オーストラリアの生き方のほうが、偉いのではなく、当然だと思っているのです。自立は、社会の仕組みというより、人間一人ひとりの生き方。だから、日本にもそうした生き方をしている年よりはいるのだと思うけれど、私が外人としての目でみると、駄目な年寄りが多い、ということなのですが。 【“またウイークエンド”の続きを読む】
スポンサーサイト