FC2ブログ

ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

DO-KECHI 娘

お前は、KECHIだ。DO-KECHIだって、昨夜、娘に叫んでやりました。娘はDon't talk to me in Japanese.「日本語で話さないでよ」って。どうして?Becuase I don't understand (分からないからよ) って。だったら日本語の勉強したらいい。ってまた叫びました。

というのは、昨夜、冷蔵庫を空けたら、「あっ、夢にまで見たブルーベリー」の箱が二箱あったんです。実は、先日、日本から「ブルーベリーで目がよくなる」という本を買ってきて読んだばかりなのです。読んだというか、ざっと目を通しただけですが。それで、最近気になる「飛蚊症に、ブルーベリーを試してみよう」と決心して、スーパーに行ったら、な・なんと、小さな箱が一箱で7ドルもするのです。そこには20個位のブルーベリーが入っていたでしょうか。本で言っている量の、目にいい栄養素を摂ろうとすれば、それを一度に何箱も食べてしまわなければなりません。ということで、私は、買わなかったのです。だから、冷蔵庫に、夢にまで見たブルーベリーを見つけて、ああ嬉しいとばかりに、手を出そうとすると、娘が、居間から「お母さん、冷蔵庫のブルーベリー食べちゃだめよ」って。一体、どこに目がついているのでしょうかね。

☆ ☆
「食べないわよお」なんていいながら、ブルーベリーを何個か掴んで手にとったら、娘が台所にやってきて、「その手の中に入っているのは何?」と聞くのです。私の家はまさに、警察国家。「何も」と言ったら、「知っているわよ。私のブルーベリーとったでしょう」って。私は、「NO」と言いながら、仕事部屋にいって、手の中にある、ブルーベリーを急いで口に入れました。ふうう。

☆ ☆
彼女のDOーKECHIぶりはそれだけではありません。昨日の朝のことです。私が台所にいたら、娘が、朝起きてきて、「お母さん、そのバナナ食べちゃダメよ」って言うのです。そうか、バナナいいなって思って、「どうして食べちゃだめなのよ」と聞くと、彼女はにんまり笑いながら、ホラって、そのバナナを私に突きつけました。たった一本のこっていたバナナには、彼女の名前書いてあるのでした。お母さんが、きっとこのバナナに手をつけると思ったから、昨夜、ちゃんと書いておいたのって。シェええ(おそまつ君のように)。信じられない。本当にDOーKECHI娘だ。きっと、主人の血統に違いない! そこで、私は、今日、仕返しをすべく、スーパーに行って、「私だけの」バナナを買いましたが、そのバナナの全部に、「食べるな」と書いておきました。娘は、バッカジャナイカという顔で見ていました。食べるなよ。食べると死刑にするぞ。

☆ ☆
昨日の夕方、近所の公園で、久しぶりにペリカンを見ました。夕焼けが、海に映っていました。素敵でしたよ。オーストラリアで初めてペリカンを見た時には、本当に驚きました。その大きさに。目も大きいし、クチバシモ大きい。子供の頃に本で、ペリカンという鳥がいるのを知って、そのペリカンのクチバシニはたくさんの魚が入るんだってと、驚いたことを思い出します。それが、オーストラリアには、ペリカンが普通の公園やビーチにいるんです。今回は一羽だけでしが、夏になるとたくさんやってきます。28072009111_convert_20090731192442.jpg 日本だとペリカンって、ペリカン便の広告で知られているぐらいですかね。そもそもペリカンは日本に生息しているものなのでしょうか。知っている人がいれば教えてください。
28072009114_convert_20090731193446.jpg


☆ ☆

今日もサリーと公園に行きました。28072009109_convert_20090731193038.jpg
途中でおなかが痛くなり、主人を呼んで、迎えにきてもらいました。変な話ですが、下痢が.....。体の節々が痛くて、頭痛がして、下痢。主人が、豚インフルエンザではないかって言うのです。よく分かりません。咳も出ないし、気管支も悪くありませんから。そういえば、この前、日本に行くときに、掛かりつけの医者に、豚インフルが心配だからタミフルをくれってお願いしましたが、彼は、「困ったもんだよ。タミフルの在庫が、たくさんあるので、政府が、タミフルは効かないって言わないんだよね。タミフルは豚インフルエンザには効かないんだよ」って。そうでしたか。

☆ ☆
今日は、久しぶりに、ドクター須崎と電話で話しました。彼と話すと本当に楽しい。息子と話をしているようでもあるし、それだけでなく、とても勉強になります。何が勉強になるって、話し方とか物事の考え方とか。年齢も息子の年なのに、本当によく出来た方です。11月にオーストラリアにいらっしゃるというので、とてもとても楽しみにしています。

☆ ☆
ゴールドコーストにいるモモちゃんのママからのコメント。おならで離婚した人がいるんでしょうか、彼女のご主人も爆弾のようなのをするって。いえいえ、おならが自由にできるご夫婦は、仲のいいご夫婦でしょうって答えました。亡くなった森瑤子さんのご夫妻は、トイレの話もしなかったって。それだと、ちょっと無理があります。人間は、食べたら出すし、それを隠しながら生活するのでは、夫婦の中には嘘が出ると思います。これから結婚をしたいと思っている方は、好きな人の前でぜひおならをしてみてください。笑ってくれたら、その人は必ずいいパートナーになれますよ。あっ、私、結婚相談しようかな。おならによる相性診断なんて、受けそうだな。

☆ ☆
最後に、DO-KECHIと書いてから思い出したことがあります。それは、オーストラリアのテニスプレーヤー、イリーナ・ドケッチ。彼女の場合は、DOKICと書いて、ドケッチと読むのですが、これから、うちの娘も、ドケッチと呼ぶことにします。またまた最後の最後に、主人が、今日、スーパーマーケットから、ブルーベリーを買ってきました。「お前に」だって。娘に虐待されている私のために でも、値段を聞いてまた泣けました。やっぱり7ドルだって。
スポンサーサイト