FC2ブログ

ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

Is that new?

台所にいる(いえ、別に料理をしていたわけではありません)私に、娘が、Is that new?「あら、それ新しいの」って、私の着ていた藤色のパーカーを見て聞いてきます。ドキッ。Yes......私の声が小さくなります。と、娘は、It's OK. I don' like that.「大丈夫よ、それ、私嫌いだから」ふうう、良かった。と、ため息をついたら、Get over it! 「大げさね」って、娘に叱られました。彼女が、「あら、それ新しいの」とか、「あら、それ好いわね」なんていうときには、危険信号。ピーポ。ピーポ。それで、買ったばかりのセーターやカーディンガンを、何枚、とられたことか。なのに、「お母さん、年相応ってあるのよ。若い格好すればいいってもんじゃないわ」なんて、高齢者蔑視の言葉を、時々投げかけるのですから、盗人たけだけしいというか、なんというか。

☆ ☆
今日は、午後、本当に久しぶりに、もしかして、何年、あるいは、何十年ぶりかも知れませんが、午後に、友達とお茶してきました。事務所から20分ぐらい離れたチャッツウッドに住む、永田朝子さんを訪ねたのです。残間さんの主宰するクラブウイルビーのことを相談しようと言ってきました。彼女は、元テレビなどで有名なファイナンシャルコントローラー。サクセスフルなビジネスウーマンでした。元というのは、彼女は、55歳の時に、ご主人を日本において、シドニーにリタイアしたのです。「もう、何年になるの」「今年で10年目、2000年に来たから」って朝子さん。彼女のウエッブは、憧れ発シドニー行きです! 私と同じくアラ還なんです。確か、彼女は、アラ還を南極で迎えたと思います。私とはスケールが違います。この朝子さんと、日本の最近の話から、芸能界の話まで。ベラベラベラベラ。時の経つのも忘れて話しました。彼女も私も無口とは程遠いので、気がつけば5時過ぎ。最後に、仕事抜きで、シドニーでお茶したっていつだったか、まったく覚えていません。もしかして、お茶したことがないかも知れません。彼女の煎れてくれたコーヒーとケーキで、本当に楽しい時間を過ごしました。ところで、今日、彼女が見せてくれた、「大村昆ちゃんと、その奥さんの写真」「藤本義一さんとトキコ夫人と一緒の写真」には、驚き桃の木!WHY? それは、彼らが、70歳代なのに、まるで40歳代にしか見えなかったこと。特に女性たちは、絶対、70歳には見えません。芸能界の人だからでしょうか?お金があるからでしょうか?違います。!彼女たちの生き方でしょうね。お二人とも、歌を歌っているからかもしれません。昆ちゃんの奥さんは、カンツォーネ。トキコさんは、シャンソン。私も、70歳に向かっているわけですが、彼女たちのように輝いている70歳になりたいな。私も昔は歌手になりたいと思っていたので、歌いたいな。シャンソン。(FU-SAN,あなたは、カラオケ嫌いだけれど、今度一緒にいかない?私、シャンソン歌いたいんだけれど!)

☆ ☆
昨夜、娘が、お父さんが呼んでるわよって言うので、ベランダに出てみました。そしたら、椿の木に、ポッサムがいました。尻尾がくるっとなっている、リングテイル・ポッサムです。P1040168.jpgまた、暫くは、ポッサムを追いかけて、サリーの眠れない夜が続きそうです。でも、可愛いでしょう。私は、動物を何時間でも見ていることができます。ただただ、口をあけてみているだけ。P1040170.jpg そういえば、金曜日にシンガポールに発ちますが、土曜日は夜中のシンガポール出発まで時間が空きそうなので、世界最大のバードパークに行って来ようかなと思っています。今日も、朝子さんと話をしていたときに、朝子さんが「私は、できれば日本に帰りたくないのよね。この国にいれば、何もなくても、ビーチに行ったり、散歩したりできるでしょう」って言っていました。そうなんです。この国だと、こうして動物たちや自然と一緒に暮らしていけるのです。そういえば、昔、ある人が「シドニーにいるというだけで、実は、何億円もの価値があるんですよ。日本住んで、シドニーのような環境を手にしようと思ったら、何億円もなければ出来ないんだから」って言っていたのを思い出しました。あの言葉は、無一文でオーストラリアにやってきた私の心に染みました。あっ、私って、お金もちなんだって。もっとも、その方は、日本に戻ってしまいましたが。どうしちゃったの。

☆  ☆
さて、今夜も、夜なべです。今、コーヒーを煎れてきました。
スポンサーサイト