FC2ブログ

ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

イースターセール

シドニーのニューマーケットで、イングリス社のイースターセールが始まりました。このセリには、もう25年ぐらい来ています。ニューマーケットのイングリス家の家は、まさに、古きよき時代のシンボル。セリ場のフィグツリー(イチジクの木)も、やはり、このイングリスセールのシンボル。100年以上も、変わらず、多くのバイヤーを集めています。この大きなイチジクの木の下で、今日は、吉田勝己さんも競っていました。せり場に行くと、色々な人に会いますが、「コンニチワ」と挨拶されて、「コンニチワ」と返しながら、あれ、あの爺さんは誰だっただろう?などと、思うと、実は、20年以上前には、バリバリのブラッドストックエージェントだったり、馬主だったり..........。自分が婆さんになっているのをすっかり忘れて、「あれもこれも年取ったな」って、思いながら、今日は、せり場を、歩いてきました。

★ ★
一番最初に、イースターセールに言ったのは、確か、山野浩一さんが連れてきた、20人ぐらいの大きなグループと一緒だったと思います。23年ぐらい前でしょうか。山野さんに頼まれて、今は亡きM氏のグループをコーディネートしたのでした。M氏が連れてきたのは、パチンコ屋の社長夫人だったり、川崎の調教師だったり。当時の私には全く縁のない人々でした。ロイヤルランドイック競馬場に、グループと一緒に行った時のことです。オーストラリアでは競馬に帽子を被っていくので、私も真似事して被って行ったら、グループの中のパチンコ屋の社長夫人が「ガイドのくせに、帽子など被って」とM氏に言いつけられて、私はM氏に呼ばれてしこたま怒られました。おまけに、お前はクビダッって言い渡されて、「はい、分かりました」と言ってその場を立ち去ったものの、悔しさで、当時まだ付き合って間もない主人の胸で泣いてしまいました。まあ、そのお陰で、主人と結婚できたのだから、M氏には感謝しなければならないと思いますけれど。それにしても、あれから、オーストラリアの競馬も日本の競馬も、大きな変化を遂げましたよね。

★ ★
さて、昨日のゴールデンスリッパーステイクスは、フィーランレディが勝ちました。残念ながら、私が賭けてパティナックの馬は、ダメでしたが。一昨日の夜は、雷と伴う大雨が降って、レース当日、雨は上がったものの、ひどいトラックコンディションだったのです。だから、本命馬もダメだったし、期待馬はほとんどダメでした。もっとも、出走馬は、2歳馬ですから、たいていの馬は、不良馬場で走ったことがないと思います。馬券のことですが、私がインターネットで馬券を買っていたら、主人が、突然「おい、フィーランレディは買ったのか」って聞くので、慌てて、締め切り3秒前に馬券を買ったら、何と、当り馬券になりました!! 実は、この馬がマジックミリオンズで勝ったときに、「フィーランはハイランドという意味だ。買うべきだったろう」って、主人から叱られまhした。だから、今回は、買わないわけには行きません。間に合って、本当に、よかった。主人は、調子に乗って、次のレースでも、「グリーンマウンテンを買え」って。次のレースに、Mountain Verdeというのがいて、その馬のことなのですが、またまた馬券が当りました。それにしても、馬券をこんなにとるのは珍しい。フィーランならぬ、ハイランドさま様でした。

★ ★
昨日は、朝、主人と一緒にスーパーに買い物に行って、カフェで朝食を食べました。でも、食べられませんでした。というのは、出てきたeggs on toastが冷たかったからです。主人は、朝食は、暖かいから意味がある。冷たかったら食べる意味がないという人なのです。一口食べただけで、やめました。私にも、ストップがかかりました。(お腹がすいているのに) 主人は、皿に残しておかないと、彼らは気がつかない。だから、教えてあげるには、残すのが一番だというのです。ところが、中国人のウエイトレスが来て、片付けていい?と聞いてきました。彼女は、我々が残しているという事実が、どういう意味か分からないようす。主人が、「冷たいから、食べなかった」と言いました。すると、彼女は「あっ、じゃあ、もう一度作りましょうか」って。いや、我々は既に30分も待ったのだから、これ以上は..待てないと主人はテーブルを立ちました........。キッチンから、それを見ていた日本人のシェフだけが、気がついて、我々が支払おうとしたら、お金をとらないようにとレジに指示していました。その小さな店には、日本人も中国人もたくさん働いています。しかし、誰も、食べている人や、テーブルに注意を向けている人はいません。まして、皿の上のものが暖かいのかどうかなど、全く気にかけていないようです。LOOK! アンド THINK! お客さんが喜んでいるのかどうかを知るには、食べ残しがあるのかどうかを見ることだと思うのですが。

★ ★

皿のものをきれいに食べた後、ウエイターが「Did you enjoy?」って聞くと、「No, I hate it」と笑いながら言うシーンがよく見られます。つまり、「気に入っていただけました」「いいえ、大嫌いです」でも、皿には、何も残っていない。つまり、お皿の上に何も残らないのは、実は美味しくて全部食べてしまったということ、だけれど、ジョークで、大嫌いと言っているのです。このジョークのセンスは、分かっていただけますか?ところで、今日は、せり場から家に戻ってきて、主人が、美味しい、ラムのローストを作ってくれました。 P1040149.jpg
I really hated it! おかわりを二度しました。

★ ★
せり場で、藤井勘一郎ジョッキーに会いました。彼は、私が副校長をしていた学校に15歳の時にやってきました。色々苦労をして、シドニーでトップの騎手になりましたが、また色々苦労して、今度は永住権をとって、シドニーで騎手として頑張っています。今日は、その彼の、フィアンセとも会いました。とてもヤサシそうな、彼にはピッタリの彼女でした。幸せになってね。さて、もう1人は、元ノーザンファームで働いていた秋山君です。今は、ゲイ・ウオーターハウス調教師のところで働いていると言っていました。彼にも頑張ってほしいな。勘一郎君は、チャンスさえあれば、必ず重賞レースに勝てる能力を持っています。P1040145.jpg


★ ★
さて、明日もまたせり場です。イングリスのセリでは、メルボルンカップを3度勝ったマカイビディヴァの仔が150万ドルで落札されました。バイヤーは、JIN君が勤めるメルボルンのダニー・オブライエン調教師。もしかして、彼の担当馬になるかも知れません。

美味しいは幸せ!?

事務所をまた貸ししたのです。隣に大きなレジデンシャルが出来るので、そのショールームに貸しました。家賃が半分以下になります。期間は12月まで。かなり綺麗になったので、その後も、どこかに貸したいと思っています。我々は、そのショールームの裏にひっそりと隠れていることになりました。それでも、ここ数日、主人が、毎日遅くまで事務所に残って大掃除をしています。あっ、7時。娘は、この頃夕方のシフトをとっているので、家には、いません。つまり、食事をどうしたらいいおか分からないのです。もしかして、私が作るのかしら。ドキドキ。一体、何を作ったらいいのかしら。くたくたになって戻ってきた主人が「フライドライス作れるかな。冷蔵庫の残り物で」って。フライドライス。つまり、チャーハンのこと。チャーハンの素もないし、私にできるかしら。と、心配しながら、作りました。あまり良くできませんでしたが、主人はおかわりをしてくれました。娘が戻ってきて、残り物のフライドライスを、「食べていいかしら」。美味しいわよって言われて、ダブルでホッとしました。チャーハンぐらいで、ドキドキするなんて。と、フツーの人は思うかも知れませんが、私は、年に2回ぐらいしか、台所に立たないのです。この前は、何ヶ月か前。娘に、ソーメンを作ってあげただけです。主人が、これからもっとフライドライスしようかって。餃子なんかとさあ。あっ、あんまり期待しないで。

★ ★
今日は、娘が、美味しい野菜スープを作ってくれました。彼女は、父親譲りで、すごくセンスがいいのです。上の娘は、私に似て、全く料理をしないので、料理を作ってくれるボーイフレンドを持っています。オーストラリア人とスイス人の両親を持っている娘のボーイフレンドは、ドイツ生まれ。昨日、娘が電話してきて「お母さん、彼が、この前、すごーく美味しいドイツの料理作ってくれたの」って。自分で料理ぐらい出来ないのって、言いたいところですが、言えません!!彼を大事にしてよね。それにしても、天使のような彼には、日本から賄賂を買ってこなければ。ラテン気性のキツーイ性格の上の娘に、そのボーイフレンドは料理を作ってくれたり、大学に行く彼女を車で送り迎えしてくれたりしてくれるのです。だから、いつも、彼に、手を合わせながら、日本から賄賂?を買ってきます。ゴルゴ13のTシャツや、職人が使う道具袋は、かなり気に入ってくれました。あんな娘ですけれど、どうぞ、末永く付き合ってあげてください。娘よ、彼から離れるのではないよ。さて、下の娘が作ったスープは、今日、ガン治療から戻ってきた隣のサリーにあげました。心が温まるとても美味しいスープでした。

★ ★
そういえば、一昨日、隣人のヴェラが、「MARIKO、この前、私と disagreement した件だけれど。私は、かなりルードだったと思うわ。ごめんなさい。あなたが、モーニンググローリー(朝顔)を大切にしているのに、それを........」「ねえ、この前のことはもういいわ。でも、そのモーニンググローリーは止めてくれない。 I hate morning glory 。それに、この前のことは、disagreementではなく、あなたのmisunderstanding. 私、朝顔大嫌いなのよ。おまけに、日本的なものも、ほとんど好きじゃないの。だから、私は日本にすまないで、この国にいるんじゃないの」と言ったあと、「そうそう、本当のことを言うわね。私は、実は、日本人じゃなくて、チベット人なの」、すると、彼女の顔色がみるみるうちに変わって、倒れそうになってしまったので、「ああ、それ、ジョークよ」と、言いました。でも、彼女は、まだかなり混乱した顔をしています。慌てて、もう一度「ジョークよ。ジョーク」って、別れました。でも、彼女、また「あなたたち、チベット人は、朝顔を好きかもしれないけれど........」なんて、やってきそうだな。言いすぎたかも知れない。私が、オーストラリアを好きなのは、こうして、話ができること。悪いと思ったら、謝ったり、いいと思えば褒めたり。日本だったら、こんなこと、あまり言えないでしょう。

★ ★
今日は、シドニーのニューマーケットにある、セリ場に出かけました。日本から、イースターのセリに、吉田勝己さんが来ているからです。シドニーは、昨日まで大雨だったのに、今日は、かなり日差しが強く、帽子を被っていけばよかったと反省しました。明日は、ローズヒルガーデン競馬場で、シドニーで最も大きなレースがあります。ゴールデンスリッパーステイクスという2歳馬のレース。世界で最大の賞金額を誇る2歳馬レースです。そこに、ネイサン・ティンクラーの馬も2頭出走します。彼は、今、200頭位の2歳馬を所有しているのですが、ゴールデンスリッパーステイクスには、何と150頭もの馬を登録しました。登録時には、まだ走っていない馬もいましたから、出走できるかどうかは未定でした。それが、無名の調教師を使って、今回2頭も出走するのです。大きなオッズですが、明日は、かけてみようと思います。もっとも、それが、呪いの馬券にならなければいいのですが。セリは日曜日からですが、今日は、セリ場に、そのネイサンもいました。メルボルンカップを3度も勝ったマカイビディヴァのオーナーとなにやら、長いランチをしていました。私は、日本出張が迫っているので、明日のレースは、テレビで観ることにします。

★ ★
また貸しをする事務所の借り手は、シンガポールと香港から来た投資家。1ベッドルームが、何と50万ドルです。今の日本円であれば、3500万円位ですが、ちょっと前であれば、5000万円です。高いよね。そうそう、為替ですが、オーストラリアドルがまた戻してきました。もう70円になっています。この前まで55円だったのに。まあ、日本出張の時には助かりますが。借り手のナムさんが、1ルーム買わないって?冗談も休み休み言ってほしいな。

FUSAKOさんの退職

昨日は、友人のFUSAKOさんの退職の日でした。彼女とは、仙台の中学で一緒。といっても、彼女は、東京からきたオスマシヤさんでしたが。私は、高校二年から東京(とっても、当時はド田舎の八王子)に転校して、それから、彼女とは、ほとんどお付き合いがありませんでした。ここ20年ぐらい、何回か東京で会ったり、彼女が、出張でオーストラリアに来たりして、細く長いお付き合いをしていました。彼女は、勤めていた国会図書館を、この3月31日で退職しました。つまり昨日のことです。確か、公務員が辞めることを、何だか特別な言葉で言っているようですが、思い出さないので、フツーの言葉で退職といいます。あっ、退官かな?彼女は、天下の東北大を卒業。そして、国会図書館へ。エリートだということができます。それにしても、驚くことは、彼女が働きながら4人もの子供を育てたこと。公務員だから、やれたこともありますが、しかし、働きながら、4人の子供を無事育てあげるることは、公務員でも難しい。強い意志と忍耐力がなければ絶対できません。彼女は、自分の宝は子供だって言っていますが、その宝物を、しかも4人も扱いながら、自分のやりたいこと、つまり仕事も両立したのは本当に凄いと思います。子供を育てることと、自分のやりたいこと、つまり仕事をすることは、人間が車であれば、両輪になるのだと思います。私は、まあ、彼女ほど、家事や子育てに時間をかけなかったから(彼女はパーフェクトな家庭人でした)、ガタガタしながら車を走らせていたと思うけれど。だからFUSAKOさんを尊敬しています。

★ ★
彼女には、まだまだ元気なお母さんを始め、いいFAMILYがいるので、今度は、もう片方の車輪づくりですね。ということで、私と、一緒に仕事をしようねと言っています。彼女は国会図書館の調査研究員として、これまで、多くの政治家のための調査を手伝っていました。最近は、民社党の福島瑞穂さんや辻本(なんだっけ)さんに、講義をすることが多かったようです。福島さんのブログは私もリンクしていますが、彼女は、頑張っているんだけれど、ナチュラルでいいなあ。FUSAKOさんの好きな赤川次郎のことも、ブログで書いているし、色んな映画も観ているようだし。何よりも気取っていないのが、本当にいいと思います。頭もよさそうだしね。というわけで、話がいつものように、あっちこっちに行きましたが、FUSAKOさん、ニューワールドへようこそ。もっとも、ニューワールドは、ワイルドかも知れない。用意大丈夫ですか。

★ ★
ところで、黄色のセーターにエールが集まっています。したがって、私も、娘に何といわれようとも、頑張って、黄色のセーターを着る予定です。小遣いができたら、他にも黄色を買う予定でいます。ひよっこに、負けてたまるか!そういえば、主人は黄色のシャツを持っているけれど、娘はそれに対しては何も言いません。彼が、アジア人じゃないからかしら。黄色と言えば、色々、思い出してきました。「黄色いさくらんぼお」とうたっていたグループ。"Tie a yellow ribbon........."黄色のリボン。他に、何かあったかしら。何か他にあれば教えてください。

★ ★
身体,,,,,,大丈夫ですよ。ご心配かけています。休むに限りますから、今夜は早めに寝るつもりです。昨夜は、エーぷリールフールのウイルスに襲われるかも知れないと、PCのセキュリティーの更新で、ガタガタしてしまいました。私のPCとコネクションが遅いので、なかなかできなかったのです。皆さん、ウイルスは大丈夫ですか。

★ ★
黄色ネタをもうひとつ。今朝、主人が私と娘を家まで迎えに来て、車の中で、こう言いました。「俺、今日、黄色のシャツ着ているんだけど」。私はすかさず「アジア人は、黄色が合わないっていったでしょう」って、言いました。車中の娘は、だんまり。