FC2ブログ

ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

オールド・カンガルー

このところ、シドニーはずっと雨が降っていました。雨続きで、水はけの悪いポットに植えていたアロエが腐ってきました。粗相をしたことのない、サリーが、家の中でオシッコをしてしまいました。冷たい雨が降っているところで、オシッコしたくなかったんじゃない?って娘が言います。雨続きで私が一番、嫌なのは、洗濯をして、外に干せないこと。これは、ほぼ、私の病気です。主人が、ちょっとでも、ベッドの上や椅子に、シャツやパンツを置いておくと、私は、すぐ洗濯機に入れてしまうのです。「あれは、まだ着てないんだぞ」と怒られて、この前は、私が同じように椅子にかけておいた、シャツを、洗濯機に突っ込まれてしまいました。いずれにしても、洗濯をして、洗濯物を外に干すと、心が穏やかになるのです。その昔、悲しい思いをして暮らしていたころでも、洗濯物を外に干したり、それをたたんだりすると心が落ち着きました。主人は、私のことを、環境テロリストだといいます。洗わなくてもいいものまで洗って、水を無駄にするから。

☆ ☆
というわけで、今日は、30度近く暑くなって、太陽がギラギラしています。だから、ルンルン、外に、洗濯物を干しました。朝に一度洗濯をして、会社に出る前に干しました。会社から戻って、また洗濯をして、また洗濯物を干しました。やっぱり、病気ですう!十年ぐらい前、アルツハイマーのケアラーのための研修を日本の人たちのために実施していた頃、アルツハイマーの人たちのためのホームを訪ねました。そこでは、一日中、洗濯物を畳んでいる人たち、音の出ないピアノを弾いている人、動かない車で運転している人がいました。私は、洗濯物を畳んでいる人でしょう。きっと。

☆ ☆
昨日は、ファイアーファイターの方が亡くなりました。彼は、キャンベラから手伝いに行ったボランティアのファイアーファイターです。消火作業をしている時に、樹が倒れて、亡くなりました。その方が、ビクトリアまでわざわざ手伝いに行ったのは、前に、キャンベラがブッシュファイアーでやられた時に、ビクトリアの人々が助けに来てくれたからだといういうのです。オーストラリアのMATESHIPです。困っている時には、お互いに助け合う。今回も、焼けなかった家の人々が、知らない人たちに家を提供したり、庭にキャラバンを置かせてあげたりして、助けています。日本も、こうした助け合いが昔はあったのにね。ALWAYS 三丁目の夕日のように。

☆ ☆
今回の火事ですっかり家を焼かれてしまったファミリーの庭に、カンガルーがやってきました。このカンガルーは、この家族が、時々餌をやっていたオールド・カンガルーでした。普通、カンガルーは群れで暮らすのですが、彼は、いつも独りでした。群れから追い出されたか、自分から出たのか。ブッシュファイアーで何もかも失くした家族。家のあったところに行ってみたら........なんと、あのオールド・カンガルーがやってきていました。あっ、彼は助かったんだ。良かった。「持っていたものは全て無くなったけれど、こうして、顔なじみのカンガルーにあえるのは、本当に嬉しいです。まだ、この土地とつながるものが生きていたんだって。ここでまた頑張る気持ちになりました」って、ファミリーが言っています。

☆ ☆

日本行きが近づいて、ちょっとピリピリしています。しなければいけないことが山のようにあるのです。落ち着かなければ。来週の月曜日には、ブリスベンに出張。一泊してきます。これも、ちょっとやっかい。何だか、正直言って、どこにも出かけたくないのです。こんな気持ちは昔はありませんでした。出かけるというと、心が弾みました。年をとるということは、こういうことなんだって、分かってきました。年取った犬たちが散歩しているのをみると、「ああ、あまり歩きたくないな」って感じで歩いています。私も、気持ちはともかく、身体が、やっぱり年をとってきてるんだって、つくづく思うようになりました。

☆ ☆
下の娘が「お母さん、土曜日何をしているの?」ホラきた。「何も」「だったら、ランチしに行こうか」ふうむ、何か企んでるな。でも、嬉しいです。また、暫く彼女とお別れだから。





















スポンサーサイト