FC2ブログ

ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

チェックアップ

オーストラリアでは、2年に一度ずつのPAP TESTと言われる子宮がんの検査があります。あなたは、検査を忘れていますよというリマインドが昨年来ていて、そのままにしていたのをふと思い出して行ってきました。私の家庭医は、ドクターPHOONという中国系の英国人。彼に通いだしてから、かれこれ20年ぐらいになります。さすがに、子宮がんの検診は、彼のところに行けないので、私の最初のドクターで女医のドクターに連絡をとったら、もう引退しているといわれました。そういえば、うちの下の娘をとりあげてくれたドクターも亡くなっています。ガンだったとか。ドクターPHOONのいる、クリニックには、5人ぐらいのドクターがいて、20年前からいるドクターは、ドクターPHOONと、もう1人のドクター・ワンジーだけ。あとは、女性の若い医者が3人。最近、ドクターPHOONの息子の嫁も、クリニックに勤め始めました。世代交代。女性のドクターは、皆、大変人気があり、アポイントがとれたのが、昨日でした。

☆ ☆
子宮がんの検診のほかに、血圧も測ってもらいました。「上が135で下が95.少し高いですね」「そうですか、うちの家系は、皆低血圧なのですが」ドクターが、私に起きるように指示して、もう一度測ってみると、今度は大丈夫。「ああ、大丈夫なようですね」ホッとしました。実は、かなり前のlこと、他のクリニックの医者に行ったら、たまたまその時には血圧がかなり高かったのです。当時、深刻な心配ごとがありました。医者は、一度血圧を測って、「じゃあ、血圧を下げる薬をあげましょう」と、私は、大量に薬をもらいました。3ヶ月ぐらい飲んだでしょうか。それから、もう一度、同じ医者に行った時のことです。その時は、何ヶ月も身体が痛くなり、眠れなくなった時期で、その医者に相談すると、彼女は、今度は、何と、普通の痛み止めの3倍ぐらい強い痛み止めを処方して、毎日飲めというのです。私は、怖くなってしまいました。そんな訳で、ついでに、血圧の薬もやめましたが、別に何でもありません。ドクターPHOONは言います。「血圧を測りに、僕のところに来るだけで、血圧が上がる人がいるんですよ」主人は、血圧が高いのですが、彼の指示で、毎日血圧を測りチャートをつけています。

☆ ☆
女性のドクター、ドクター・スコットには、乳がんの検査も遅れているから出来ればするように言われました。オーストラリアのNSW州では、50歳から69歳までの女性は、2年に1度、乳がんと子宮がんの検査を無料で実施しています。そういえば、と思って「先生、ヘリコバクターとコレステロールもした方がいいですよね」と聞くと、オブコース。ヘリコバクターは、ピロリ菌のこと。昨夜は、午後9時以降、飲み物も食べ物の禁止。朝早くおきて、検査に行きました。ゆっくり眠ろうと、昨夜、市販の(処方ではない)眠り薬を2錠飲んだら、今朝は、ほtんど、歩きながら眠っている感じ。いや、眠りながら歩いている感じ..........検査が終わって、コーヒーを飲んで、会社に行っても、会社に行ってから、またコーヒーを飲んでも、眠いのです。まさに、ドラッギーという感じ。家に戻って、眠くて眠くて、結局、寝てしいました。今頃、やっと、目が覚めた感じがするのですが、薬は怖いですよね。いずれにしても、検査結果が良好でありますように。

☆ ☆
最近、ぐっと、耳が聞こえないような気がします。昨年は、それをチェックしたのですが、ただ、チェックするときって、静かなところでするのです。だから、検査結果はまずまず。かなり検査料をとられましたが、医者は、まあ、そんなもんでしょうって。それで終わり。一番、耳が聞こえないと感じるようになったのは、うるさい場所で、話しかけられたりすると、全く聴こえません。はいはい、なんてうなずくのですが、聴こえません。やはり、年はとるものです。

☆ ☆
クリニックで、体重を測ったら61キロ。ドクタースコットには、3年前にあったときに、「アジア人としては太りすぎですね」って言われたので、今度は、すかさず、「オーバーウエイトですよね」って言ったら、ドクターは、「3年前は60キロ、今は61キロで、年を考えれば、まあまあでしょう」って言いました。5キロほど痩せたいのですが、この年になってあまりやっきになると、痩せたはいいけれど、病気までついてきて、ということになりかねないので、まあ、仕方ないか。私が、人生で、一番痩せた時で48キロ。アルゼンチンから着の身着のままでオーストラリアに来た時。それから、暫くして、53キロになり、それから、58キロぐらいが十年続いて、ここ数年は、60キロ前後。しかし、昔、仙台でアナウンサーをしていた時には、実は63キロあったんですよね。カメラの人が「真理子さん、顔がアップだとカメラに収まりきりません」と、よく文句を言っていたっけ。テレビは、小顔でないとダメ。

☆ ☆
そういえば、私の担当番組は、「はあい、気をつけて」という交通番組。機動隊員に人気の番組でした。機動隊の人が、私の番組をみて、嫁にしたいと言ったとか。機動隊の人の嫁になっていたら、今頃、私はどうしているのでしょうね。

☆ ☆
今月末から、日本です。したがって、あと2週間は、大忙し。
スポンサーサイト