FC2ブログ

ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

ブッシュファイアー

午後9時現在、ビクトリア州のブッシュファイアーは、まだ収まっておらず、まだ広がっているところもあります。予想では、死者が200人を超えるのではないか、あるいはダブルになるのではないかとも言われています。生き延びた人たちの中には「まるで広島の原爆のようだ」という人もいたそうですが、その状態はまだ続いているのです。現在、ボランティアの消防士たちが、焼け跡を歩いて、死者の数を数えているということですが、なんと悲しく辛い仕事でしょう。

★ ★
23歳と21歳の動物が大好きな若い女性が、家に飼っていた多くの動物たちと一緒に亡くなっているのが発見されました。車とペットドッグと2冊のカーボーイ雑誌だけが残った人。自分は、スーパーマーケットに買い物に出て、帰ったら、家も家族もすべて消えてしまっていた人。もしかして、家族は逃げたかもしれない。どこかでテレビを観ていたら、連絡してくれと、今朝のモーニングショーで、涙で訴えていた人。子供を連れて逃げる時に、近所の人の車が燃えていた。ドアを開けてあげようと思ったら、熱くて開けられない。自分も子供逃げなければならない。車の中で悲鳴を上げている人たちをどうすることもできなかったと涙いている人。これらは、何百もの悲しい話のほんのわずかなエピソードです。

★ ★
シドニーは、今日、22度まで気温が下がりました。小雨も降って、この気温を、ビクトリア州の人たちに分けてあげたいと思いました。ノースクインズランドで、大雨による洪水の被害にあっている人たちが、カメラの前で、俺たちは何とラッキーなんだろう。こうして命が助かっているのだからと語っていました。オーストラリアの有名な元ニュースキャスターも亡くなったようです。彼と一緒に働いたことのあるアナウンサーが、その彼を思い出して「1970年代、当時のオーストラリア最悪のブッシュファイアーと言われたアッシュ・ウエンズデー(灰の水曜日)を取材した彼が、ブッシュファイアーで亡くなるなんて.....」と声を詰まらせていました。今日、キャンベラの連邦政府の議会は、通常の討議をストップして、亡くなった方々への追悼の意を表するとともに、今も、身を挺して働いているファイアーファイターの人々への感謝の気持ちを、超党派で語っていました。語る政治家も、それを聞いている政治家も目に涙をためています。今日は、まさに、オーストラリアのブラックマンデー。オーストラリアの歴史始まって以来の悲劇の日と言えます。

★ ★
Marysville 付近の火は、放火が原因だと警察は断定。明日から捜査が始まるそうです。この町は、その昔、主人の両親がハネムーンに行ったところだと、先日ブログで書きましたが、それ以降も、主人の兄弟が、母たちの結婚記念日に、連れていったのだと言います。この町のウエッブをみたら、今月の21日には、町のお祭りが予定されていました。wirreanda-DL.jpg
el-kanah.jpg  しかし、この町はもう存在せず、町に住んでいた人々のほとんどが亡くなっているのです。
焼けてしまった場所の名前に見覚えがあるので、主人に聞くと、何年か前に、シドニーからメルボルンまで車で行った時に、通った町の名前でした。田園地帯で、まるでおとぎ話の中の家のような家が、ブッシュ(林)の中に佇んでいて、dalrymples.jpg
今でも目に浮かんできます。この辺は、メルボルンの人たちが週末を過ごしたりする場所でもありました。coralynn_falls_1.jpg


★ ★
気になったので、友人のミシェル・マンクに電話しました。「もしもし、大丈夫?」「住んでいるところから5キロぐらいのところで火の手が上がったようだけれど、私たちのところまでは来なかったわ。大丈夫よ」って。ほっ。主人のファミリーたちは、全部メルボルンに住んでいます。弟たちが住んでいるのは、ヒルズと呼ばれるダンデノンの丘陵地帯。「彼らは大丈夫かしら」「方向としては大丈夫。新しく、火が始まらなかったらね」彼らは、美しいブッシュの中に住んでいるのです。あっ、みどりさんやALFREDにも連絡しなければ。方角的には大丈夫だけれど。

★ ★
昨日も書きましたが、こうして、家で普通の生活ができているのが、今、大変な思いをしている人たちのことを考えると申し訳ない気がします。先ほど、主人が、メルボルンに住んでいる姉に電話して、病院から戻った母の様子を聞いたら、血圧は何とか下がって寝ているとか。メルボルンの病院には、今でも多くの人が体中やけどをして運ばれているようです。今日のニュースでは、顔中包帯をした人が集中治療室で生存をかけた戦いをしている様子が写されました。この人だけでなく、病院で治療されている人々の中には、家族が亡くなってしまたことを知らない人たちが大勢いるのだと言います。命を永らえても、そこには、地獄のような辛い日が待っているのです。合掌。



BUSH FIRE

今朝、主人の弟から電話が入りました。「お母さんが、病院に運ばれた。どうやら血圧がかなり高いらしい」と。昨日、NZのクルーズから戻ってきたと元気な声を聞いたばかり。でも、電気が消えてしまってねえと,。電気がなければ、冷房も効かない。83歳の年齢で、冷房も扇風機もなければ、当然身体の調子が悪くなるはず。あとで、姉から連絡があり、病院を出られるというのですが、電気のないところに戻っていいものかどうか。

☆ ☆
ビクトリア州のブッシュファイアーが、Marysvilleという小さな町全部を焼いてしまい、そこで何人もの人が亡くなったというニュースが今朝のテレビで放送されました。後から起きてきた主人に伝えると、Marysvilleという町はとても綺麗な町で、昔のオーストラリアが残っている町だ、確か、両親がハネムーンに行ったところだと教えてくれた。テレビで放送された町は、跡形もありません。farmer_gallery__578x400.jpg


☆ ☆
オーストラリア時間で午後9時半現在、86人もの人が、ブッシュファイアーで亡くなっています。ビクトリア州のブッシュファイアーは、現在も10以上の地域で燃えていて、消失面積が30万ヘクタールを越えました。いくつかの火は、ARSON、つまり放火だという。「捕まえたら、最高の刑に服してもらう」と、州の首相はテレビで発言。最高の刑とは25年。主人は、それを観ていて、「短すぎる。何十人もの人が殺戮されたんだ」と吐き捨てるように言いましたが、私もそう思います。オーストラリアには死刑がありませんから、放火魔は永久に刑務所から出て来れないようにすべきです。fire9_gallery__600x397.jpg


☆ ☆
「どこに隠れればいいの。どこに逃げればいいの」と聞いたら、火はもの凄い速さでやってくる。逃げても逃げ切れない。また火は燃え広がりながら、酸素までもやしてしまう」と主人が教えてくれました。主人たちの世代は、ブッシュファイアーから生き残る知恵をかなり教え込まれているのです。時間があれば、穴を掘って、その上にバケツでも被って、火が通り過ぎるのを待つことかも知れないとも。酸素がなくなるから、頭上に何か空気をためておく必要があるというのです。そういえば、何年か前に、プールに逃げ込んだ母と子供は、結局亡くなりました。プールの上を火が通り過ぎて、水中に頭をだしていた、彼らの酸素を奪ってしまったのでした。プールに逃げ込むときに、何か頭の上に焼けないようなものを被って飛びこめばよかったのかも知れません。あるいは、怖いけれど、車のドアを閉めて中にいることと、主人はいいます。しかし、今回の死亡者の中には、車ごと、焼かれてしまった人たちもあるようなのです。「車を動かしていたのかも知れない」と主人。状況がどうだったのか。空から落ちてくる爆弾なら逃げることもできるかも知れません。しかし、襲ってくるブッシュファイアーの火の手からは逃げられない。人間は、なんと、無力なのでしょう。

☆ ☆
何でも手に入る現代で、自然との闘いがまだ続いています。その闘いは、今後、異常気象のために、もっと増えるかも知れません。もっとも、その自然を犯したのは、人間ですから、人間はその報いを受けているのかも知れません。それにしても、ブッシュファイアーは、あっという間に、生活の全てを奪ってしまいます。今回は、多くの人の命まで奪ってしまいました。こうして、のんびりと、コンピューターに向かっているのが、今でも、火事と収めようと命をかけている消防士の人々や、家を失った人々、亡くなった方々や、病院に運ばれた人々に申し訳ないような気がしています。病院に運ばれた人々の中には、家族を亡くした人も多くいると聞きました。どうぞ、これ以上、死亡者が増えませんように。祈り。

ヒートウエイブ

何年か前に、45度という気温を、ゴールドコーストで体験したことがあります。それも、競馬場で。馬も、それに乗る人も、そしてレースを観ている人も大変でした。その暑さは100年ぶりの暑さだと伝えられました。暑いと感じるより、ボーッとした感じがしました。最近の暑さに、ゴールドコーストに住んでいる娘に、「そっちはどう?暑い?」って電話すると、NOT SO BADって。彼女のところは、サーファーズのビーチの目の前ですから、潮風が吹いてきて、過ごしやすいって。いいな。ところで、クインズランド州は、今六分の一が水に浸かっています。大洪水なのです。他の州の内陸部では全く雨が降らず困っているというのに。不況・災害。暗いニュースばかりです。

☆ ☆
Nsw_47_convert_20090207203832.jpg
金曜日の新聞の見出しです。週末は、47度になるよっていう予告です。タイトルは、地球で最も暑い場所!我々の住んでいるシドニーのノースショア(北部)は、恐らく35度ぐらいだったと思います。47度というのは、シドニーの西、そして、NSW州の内陸部。内陸部は確か、50度近くになったのでは.........。怖いのは、ブッシュファイアー。オーストラリア各地で、ブッシュファイアーが起きています。ユーカリの樹の表面はまるで紙のようにはがれるのです。ですから、火が着くと一瞬にして、燃えてしまいます。我々は、今日は、全てのカーテンを閉めて、ベランダにかけてある、バンブー(竹)のカーテンも降ろして、家の中にこもっていました。そう、戦時中の灯火管制状態。さすがの主人も、食事を作るのを拒否。自分はお腹がすいていないというのです。でも、私は、暑くてもお腹がすいているので、仕方がなく、ソーメンとサラダを、自分で作って食べました。(クシュ)夕方はかなり涼しくなりましたが、強い風が吹いていますから、ブッシュファイアーが広がるのではないかと心配です。

☆ ☆
メルボルンの主人のお母さんから電話。先日まで、涼しくて過ごしやすいNZにクルーズに行ってきたのですが、今、暑いメルボルンに戻って大変だと言っています。今日は、町が停電になっていて、ブッシュファイアーの管制も敷かれているとか。メルボルンで、今日は大きな競馬のレースがあるはずだったのですが、明日に延期になりました。でも、明日、大丈夫なのでしょうか。

☆ ☆
ブッシュファイアーになると、コアラはひとたまりもありません。ビクトリア州で、先週、山から下りてきたコアラが、近辺の家のベランダにたどり着き、家の人から水をもらいました。コアラは普通は、水を飲むことはないのです。image002_convert_20090207204141.jpgユーカリの葉っぱだけで生きているのですが、よほど、暑かったのでしょう。その水に入ってしまいました。image003_convert_20090207204220.jpg コアラは子供のように見えますから、お母さんをブッシュファイアーで亡くしたのかも知れません。かわいそうに。オーストラリアには、野生動物のレスキュー団体がありますので、そこに行くのかな。

☆ ☆
カーテンを閉めた部屋で仕事をしていましたが、思うようにはかどりません。主人と、扇風機かけて、TVの映画を観ていました。「OK牧場の決闘」実はこれを見るのは、初めてなのです。西部劇はあまり好きではないのですが、これは面白かった。「銃を持って戦ったら、必ず、自分より銃を抜くのが早いヤツに出会う。だから、銃を抜くな」というのが、ワイアット・アープ保安官の言葉。ここには、ドック・ホリデーとの友情、社会正義、信念などが描かれていると思います。そういえば、これは実話で、アープは、1920年ぐらいまで生きていたそうですね。

☆ ☆
私は、時々アニファという雑誌に記事を書いていました。この前、原稿を書いた「うさぎがピョン」も、同じ出版社でした。先日、原稿を書いて送ったら、全く連絡がありません。事務所に電話をしても、ファックスをしても連絡がとれません。色々調べたら、アニファが廃刊になったということが分かりました。事務所もクローズされたようです。それにしても、クローズすることを、一言言ってくれればいいのに。と思いながら、連絡をとったのは、12月でしたから、年明けてビジネスをクローズしたのでしょうか。日本の、厳しい現実を突きつけられたような感じです。

☆ ☆
さて、暗いことに焦点を当てると、必ず、負のスパイラルに落ちてしまいます。したがって、私は、前向きに、できるだけ楽しいことを考えるようにしています。例えば、今夜は、風が気持ちいい公園に散歩に行きました。暑い日の後の、風は、本当に気持ちが良かった。さて、明日も、昼間はまた40度近いと聞いています。夕方まで、忍の一字!

親孝行犬

今日は、家で仕事をしています。家の中の温度は30度。湿気も多く、かなり非・快適です。ゆうべから、胃がまた痛んできました。暑さのためか、他の理由なのか、よく分かりません。昨夜は、それでも、本当に困りました。主人が、「ラムチョップとパスタのどっちがいい?」って。正直言って、胃がいたくてどっちも食べたくありません。何も食べずに寝ていたかったのですが、娘もいないし、主人1人では食事をしないだろうと思って、「お腹の調子があまり良くないから、パスタかな」ってパスタを食べました。とても美味しいパスタでしたが、やっぱり、調子が良くない。仕事も早々に切り上げて、ベッドに行きました。今夜は、主人はラムチョップと、コールドライスサラダを作ってくれる予定。お腹がそれまでよくなればいいのだけれど。

☆ ☆
夜も、暑さでかなり寝苦しい。一晩中、扇風機をかけて寝ました。できれば無理をしたくなかったので、家で仕事をすることにしました。ゆっくりするか、寝ていればいいのに、私は、やはりハイポアクティブ。この前、掃除機が壊れてしまってできなかった掃除をしてしまいました。そうです、掃除機は、奇跡的に直ったのです。リビングと台所と、私たちの寝室と娘の部屋を掃除したら、もう、汗がダラダラ。恐らく1キロは痩せたかも知れません(笑)。シャワーを浴びて、仕事を続けています。

☆ ☆
ところで、昨日、ミラクルが起きました。実は、お知らせしたとおり、昨日はサリーの手術日だったのです。朝に、彼女を獣医クリニックに連れていって、その後、同じビルディングの歯医者で私も、歯根管治療があったので(あ、その話もあるんです!)、終わってから、ちょっと獣医クリニックに寄ってみました。「今頃は、麻酔で寝ているかな」って。受付で、「サリーの手術はどうでしたか」って聞くと、獣医看護士が「手術をしなかったの。It disappeared! 消えちゃったの」というので、私は混乱。えっ、何が消えてしまったの。サリーが?看護士は「イアン(ドクター)を呼ぶわ」。手術室から、獣医師がやってきて、「あのさあ、イボをとろうと思ったのだけれど、何度調べても、イボがないんだよ」えっ。WHY?「よく、分からない!自分でかじりとっちゃったのかも知れない。そこらへんに落ちてなかった?あるいは、食べてしまったのかも知れないな」ええええ。イボを食べちゃうの?イボがあったという痕はあるんだよね。赤くなっているから。まあ、このクリームをつけてみるしかないな。そして、尻尾を嬉しそうに振っている、サリーを連れてきました。ああ、サリー。どうしたの。イボはどうしちゃったの。悪性かも知れないって、心配したのに。というわけで、何百ドルもとられなくて済んだのでした。貧乏な両親のために、手術費を節約した、偉い、親孝行犬です。これは、歴史に残ります。.........会社に戻って、HIROMIさんに言ったら、でも、昨日はイボがあったんですよね。もし、昨日手術だったら、やっぱり、手術しなければならなかったんでしょうね。そうですね。

☆ ☆
実は、ここ二日間、色々なBAD NEWSがありました。1つは、私の大切にしていたデジカメが壊れてしまいまったこと。落としてしまったのです。携帯は何度も落としたのですが、壊れませんでした。でも、デジカメは壊れてしまいました。デジカメを直す会社が、近くにはありません。あっても、いくらかかるのでしょうか。奇跡的に、手術費が助かったのに、デジカメのためにまた出費をしなければなりません。それだけではないのです。歯根管治療をし終わった後に、歯医者が「まあ、直してみたけれど、あんたのブリッジは、もう古いし、わずか一本で支えているのだから、いつ、落ちても仕方がないな。おまけに、四本も歯がないんだから、あとは、インプラントした方がいいな」インプラントって、スゴク高いのです。絶対、無理だと思いながら、値段を聞くと、1万5千ドルもするのだそうです。どんなにひっくり返ってもそんなの無理です。「それは、無理だわ。生活も、ビジネスも、今、本当に大変なんだから」「それは分かるけれど、君のブリッジはいつ落ちても不思議ではないんだ。マシュマロを食べているときに落ちるかも知れないんだよ。顧客と話をしている最中に落ちるかも知れないし・・・・・・・」彼の警告(脅迫)は続きます。会社に戻って、主人に言いました。と、主人は、「そうだよな。今は、無理だよなあ。でも、今すぐ落ちるという保証もないんだし。落ちたときに考えれば良いんじゃないか。もっとも、君の運だと、インプラントした翌日に死んだりするかも知れないな」........意味が分かりません。それは、運がいいということなのでしょうか。運が悪いということなのでしょうか。よく分かりません。ねっ、胃が悪くなるの分かるでしょう。

☆ ☆
宝くじがあたったら、そのお金で”すぐ”歯を治したいと思います。ブリッジが落ちた経験があるのです。ブリッジって、歯のブリッジのこと。仙台でアナウンサーしていた時に、最初のブリッジを作りました。アナウンサーなのに、前歯に穴があいてしまったからです。父の会社の(その頃、父は、N建設会社の役員をしていました)支店長の息子が、新しく歯のクリニックを出したというので、そこで、作ってもらいました。料金をかなりまけてもらったと思いますが。そのせいでしょうか。ある晩、同僚たちと飲みに行って、ししゃもを齧ったときのこと。ガリッ。変な音がしました。あっと思ったら、そのブリッジが落ちているのです。ロンドンブリッジ、falling dow, falling down,,,,,,,,,,,口を押さえながら、歯医者に電話して、翌日、早速仮のブリッジを作ってもらいました......あの時の感触、ガリッという感触は、40年近く経っても忘れられません。実際、ししゃもを、食べるたびに思い出します。そうか、もう、ししゃもは食べない方がいいな。アンラッキーだから。それにしても、宝くじが当りますように。まずは、宝くじを買わなくては。


年寄り夫婦

弟から、ぎっくり腰を心配してメールをもらいました。急性の痛みの時には冷やすのがいいんだけど......本当にその通り。でも、痛いのを緩和するには、暖めるということが頭にあって、ひたすら暖めていました。暑いんだから、冷やした方が助かったのに。でもまあ、ぎっくり腰は、まるで、嘘のように治りました。「結構、私は、若いんだわ」って、また自信がわいてきました。そしたら、今度は、主人が良くない。もともと、彼は背骨のジョイントがないので、時々、それが痛くなるのです。今日は、もう寝てしまっています。インディアナジョーンズの映画を衛星テレビで観ようかといっていたのに。

☆ ☆
娘は、田舎で、楽しくしているようです。私には、全く、連絡がありません。主人が時々連絡をして「元気だよ」って言っていますが、まあ、彼女もいつまでも家にいるわけではないでしょうから、これからはこういう、年寄り夫婦だけの、時間が多くなるのかも知れません。したがって、私も、それなりのライフスタイルを作らなければ。つまり、主人と二人きりになった時のための、時間割づくりです。昨日も、実は、夜、仕事があったのですが、主人が、"A FISH CALLED WANDA"を観ようというので、一緒に観ることにしました。この映画は前に観たことがあるのですが、ストーリーを忘れてしまっていたので、またゲラゲラ笑って観てしまいました。トニー・カーチスの娘のジェイミー・リー・カーティスが主演ですが、彼女は、不良で好きだったな。ジョン・クリースやマイケル・ペイランも。英国のコメディは大好きです。というわけで、仕事は出来ませんでしたが、楽しい時を過ごしました。

☆ ☆
週末にサリーの足をマッサージしてあげていたら、足のパッドの間に何だかおできのようなものがあります。左足と比べたら違う。左足にないものがついているのです。変だ!そういえば、何ヶ月も前から、ベッドが濡れていることがありました。オシッコではないだろうけれど、よだれかなと思っていたのです。サリーは、足のおできを舐めていたのでした。ということで、今日は、二人揃って、獣医クリニックに行ってきました。まるで、子供に付き添う親のようです。もちろん、そうなんだけれど。.........そして、明日手術することが決まりました。術後、悪性の腫瘍かどうか、検査にも出すって、獣医師が言います。主人が「獣医っていうのは、ペテン師だよな。良性に決まっているだろうが。恐らく、200ドルぐらい検査料がかかって、うち、半分は自分の懐に入るんだぜ」って。いいながら、恐らく、ない袖を振って、明日はそのお金を出すのです。主人は、このところ10年ぐらい靴を買っていないのです。シャツももう何年も新しいものを買っていません。でも、サリーのためにはやっぱり払うのです。良性だといいな。もちろん。

☆ ☆
今日は、6時過ぎて、風が出てきたので、サリーを連れて、公園に出かけました。この公園には、小さな砂浜があります。サリーは、早速、水に入りました。彼女は、水はあまり好きじゃないのに、やっぱり暑いんだあ。DSCF3762.jpg 戻ってきたら、主人が、私のリクエストしたラムチョップと、冷たいポテトサラダを作ってくれました。主人は、そういう訳で、具合が悪くて寝てしまいましたから、私は、この涼しいときに、ちょっとまとめて仕事をしてしまおうと思っています。

☆ ☆
明日の朝は、二回目の、root canal 治療です。歯根管治療!何千ドルも掛かるって聞いていたので、手術よりもお金が心配だったのですが、一本だけで、あまり難しくなさそうなので、300ドルぐらいで治療費が済みそうです。ホッ。本当にホッとしました。本当です。年をとるということは、こうして、医療費も心配しなければならないのですね。保険?歯ですから、年間500ドル位しかカバーしません。