FC2ブログ

ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

マジックミリオンセール

今、ゴールドコースト。マジックミリオンズセールに来ています。20年前に日本から最初のバイヤーを連れてきてから、未だに、日本の方をご案内しています。今年は、なんと、憧れの吉田照哉さんご夫妻に来ていただきました。彼らに来ていただくのは、実は、夢だったのです。もう何年もラブコールをしていました。なにせ、ヨーロッパやアメリカや超一流のセリ場で超一流の馬を買われているお二人に、オーストラリアの田舎のセリを見てもらいたかったんです。オバサンに騙されて?来てくださいました。昨日は、なんと4時おきで、ブリスベンまでお迎えにでました。でも、早起きしたら、サーファーズの朝日が上るのをみましたよ。Early bird catches worm, 早起きして、道をうろうろしている、鳥もみましたよお。DSCF3519.jpg朝日が昇るのを見たのは、久しぶり。何だかいいことがおきるような気がしました。朝早く起きて、頑張って餌を探している鳥たちにも励まされました。DSCF3521_convert_20090107212308.jpg
今年は、前よりも、もっとポジティブになろうと思います。ネガティブになっても得なことは何もないもんね。

☆ ☆
照哉さんご夫妻とご一緒に泊まっているのは、シェラトンミラージュ。オーストラリアの第一期バブルの時期に大枚かけて作ったウオーターをテーマにしたリゾートホテルです。DSCF3523.jpgこのホテルのロビーに座っているだけで、この風景が見えるのです。久しぶりにゆったりして気持ち。日本人がよくいう、プチホリデーかな?

☆ ☆
昨日は、セリ場で下見をして、夜は、コンラッドジュピターホテルで、ウエルカムパーティーに出席しました。今年は、いつもよりも人が少なかったような気がします。金融危機のために、アメリカのセリも含めて各地のセリの売り上げが、軒並み落ちています。今年の、マジックミリオンズは、この金融危機以来、オーストラリアで開かれる最初のセリ。セリ会社もかなりナーバスになっています。今年は主取りが多く、売却率は、80%を切りました。DSCF3524.jpg それでも、照哉さんはオーストラリアで人気の種牡馬、リドゥ―ツチョイスの牝馬を70万ドルで落札しました。日本円が今高いので、安い買い物だったのではないでしょうか。昨年なら200万ドルを行っていたと思いますから。今夜は、ゴールドコーストで人気のシーフードレストラン、オメロスブラザースで美味しい食事をしました。私も普通は、あまり飲まないのですが、今日は珍しくワインを2杯。今、酔っ払っています。そうそう、今日は、シンガポールから来た、日本のビジネスマンで、先日、シンガポールの重賞レースを勝ったOTANI氏のおごり。OTANI氏の馬は、日本人の高岡調教師が管理しているんですって。北海道競馬からシンガポールに移った高岡師。現在、トップ8に入っているといいますから、本当に良かった。彼はなにせ、パイオニアですからね。

☆ ☆
FUSAKOさんと、MIHOさんが、私のブログで、色々CHATしてくれています。嬉しいな。今度は、ぜひ皆一緒に会いましょうね。ああ、酔っ払った。それにしても、その昔ウイスキー半分あけた私が、ワイン2杯で酔っ払っちゃうとは。


A Happy New Year!!

年女なんですって。今年は丑年だったんですね。日本の習慣をすっかり忘れてしまっている私は、昨年末、今年が丑年だって教えられました。還暦ということは、つまり、自分の年なんだということも忘れていましたから。ところで、英語で、牛、つまり、COWっていうのは、あまりいいイメージがないようです。感覚の鈍いヤツとか、馬鹿なヤツとか、悪いイメージだらけのようです。上の娘が教えてくれました。いいじゃん、別に。

☆ ☆
昨晩は、シドニー湾で花火がありました。hanabi_convert_20090101230826.jpg
12時に、娘たちと出て行きました。主人は、サリーと家に残るって言っていました。彼は、あまり花火が好きではないのです。「たまやあ」って喜ぶのは私だけ。hanabi1_convert_20090101231103.jpg
何分か見ていたら、とても、悲しい気持ちになりました。いたたまれないほど、とても寂しくて悲しくなったのです。変です。「お母さん、帰るわ」「どうしたの」「別に」1人で、5分ほど歩いて家に戻ったのですが、家に戻っても、メランコリーな気持ちが直りません。「戻ったのか」「うん」というと、私は、泣いてしまいました。「どうしたんだ」「よく、分からない」「そうか、60になったんで、悲しいんだな」「馬鹿」と、悲しいのだか、可笑しいのだか分からない会話をしていると、娘たちも戻ってきて、「お母さん、どうして泣いているの」「よく、分からない」「ああそうか。60になったからだ」「違うよ」全く!娘たちが、部屋に行っている隙に、主人が、ごちょごちょと耳元で言いました。「人前で繰り返したら、I kill you!」って、私が一番聞きたかった言葉をささやいてくれました。時には、泣いてみるもんだなあ。しかし、未だに、なぜ、花火を見ながら、泣きたくなったのか、分かりません。やっぱり、60歳になったからかも知れません。

☆ ☆
今日は、下の娘は、朝早く起きて、ビーチに行きました。我々は、ゆっくり起きて、映画に行きました。何年ぶりの家族揃っての映画でしょう。しかも、上の娘と、我々が一緒に行くなんて、恐らく、彼女の子供の頃以来ほとんどなかったことです。映画は、皆が嫌がった「Australia」。3時間もの長い映画で、しかも、主人が大嫌いな、ニコール・キッドマンが主演。バースデーガールの私が行きたがったので、皆、いやいやながら着いてきたようでした。結果は?皆、とても面白かったって。主人が、ニコール・キッドマンのあのプラスティックな感じが鼻につかなかったよって言っています。結構、ユーモアもあり、ストーリーの展開も速く、さながら、「風と共に去りぬ」のアウトバック版というところ。考えさせる映画ではないけれど、かなり楽しめたのは事実です。ホッ。それから、上の娘とボーイフレンドは、ゴールドコーストに戻っていきました。

☆ ☆
電話と携帯メッセージと、Eメールで新年のメッセージと誕生祝が届きました。ここ数日は、メールで、ペーパーフリーの新年の挨拶を出そうと思います。それから、年末にできなかった仕事をして、5日には、マジックミリオンズの仕事でゴールドコーストに行きます。しばらく、掃除や洗濯や、庭仕事など、フツーの生活をしていたら、もう出張に行くのは、億劫になりました。もう少し休みたいなあ。(愚痴)
。私の自慢?の野菜ガーデン。この年末は、かなり活躍してくれました。vegie+garden_convert_20090101235039.jpg


☆ ☆
今年は、これまで何年も考えていた主人のトーストの本を出そうと思います。今年は、全て、実行あるのみです。これまで頭で考えてきたことを、どんどん実行していくこと。あまり時間もないものね! 先日、編集者に相談したら、とてもいい考えだって言ってくれました。そこで、まずは、ブログ作りからするために、この休みに、主人に、たくさんのトーストを作ってもらいました。写真をいっぱいとって、もうすぐ、世界で初めてのトーストのメニューを集めたブログを作ります。特に、1人暮らしの人たちに送りたいのです。朝、昼、そして夕飯もトースト。トーストは、西洋人のご飯なのです。したがって、オンザトーストは、ドンブリ物というわけ。メニューはたくさんありますよ。独り者は、自分のためだけでなく、彼女や彼のためにも作ってみましょう。トーストは必ず愛を連れてきますよ。トーストを食べて結婚しよう。オバサンは、また、でしゃばりオヨネになろうとしています。toast+2_convert_20090101232544.jpgtoast+1_convert_20090101231813.jpg