FC2ブログ

ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

あかんなあ

今、梅田のスタバにいます。オーストラリアでは、80軒のスタバのうち60軒がクローズしてしまいました。ある日、閉鎖のニュースが入って、その日のうちのクローズ。早々の撤退でした。撤退の原因は、当然“不振”なわけですが、もともとスタバが進出してきた時には、なぜ、アメリカ人がコーヒーを持ってくるかと不審がられたものです。オーストラリアにはヨーロッパからの移民が多く、コーヒー文化は、とうにありましたから。おそらく、市場調査の不足でしょうね。それから、オーストラリア人は、アメリカ人やオアメリカの文化が、基本的に好きではありませんから、アメリカでなければ存在しないものならともかく、オーストラリアに既にあるものを持ってくるのであれば、それがよほどユニークであるとか、価格に競争力がなければ成功しないのです。残ったいくつかのスタバにサーファーズパラダイスのスタバが残っていますが、入っているのは観光客だけ。やっぱりね。


今朝の大阪は、大雨。雷も鳴っていました。例によって朝風呂に行ったのですが、さすがに、露天風呂には入れませんでした。お婆が裸で感電死なんて、それをみとる人も嫌でしょうし、死んでいるお婆も恥ずかしい!朝ごはんに、納豆ご飯、梅干し、豆腐に、おからと蓮根の煮物。美味しくいただいて、梅田に出ました。タクシーの中で、運転手さんから、大阪弁の講義を受けました。純粋の大阪弁も少なくなっているとか。「あの、さんまも、ほんまの大阪弁やないねんで。あれは、大和の方の言葉で、大和というのは、河内弁に似ているねん」といういうこと。私、大阪弁の「好きやねんという言葉が、好きやねん」と言ったら、「あれは、ほんま、ええ言葉でっせ。最近は、あまり言ってくれる娘がいないけど。中学の時など、好きやねんと言われたら、ほんま抱きしめたくなったな」と、ホンマもんの話をしてくれました。「奥さん(.....って、私のことらしいのですが、言われたいことがないので、最初誰のことか分かりませんでしたが、どうやら私のことのよう......)、好きやねんという時、もっと、やさしく言うねんよ」そうか、好きや(ん)ねん。おおきに。オーストラリアに戻ったら、もっと主人で練習しよう。逃げられるかも知れないから、ヤメテおき。


昨日の夜、ケアンズ経由で大阪に入りました。一度ケアンズで乗り換え。でも、結構楽でした。前の晩遅かったので、ゆっくり寝ようと思って乗りましたが、映画を2つもみてしまいました。観た映画は二つとも、オーストラリアの映画で、Death Defying Acts, オーストラリアの女流監督、ジリアン・アームストロング。主演は、オーストラリアのガイ・ピアスとキャサリン・ゼッタ・ジョーンズ。本当に素晴らしい映画でした。今でも、考えるとドキドキします。その昔世界中をうならせた奇術師のHOUDINIと、スコットランドの偽物の占い師との恋の話です。もうひとつは、Unfinished Sky. オーストラリアのアウトバックを舞台に、オーストラリア人と難民のアフガニスタン人の女性との愛を描くもの。全く異なる文化の人間が、文化の交流に相応しくないオーストラリアのアウトバック(内陸部)で出会います。傷ついた心が自然の中で触れ合います。この二つの映画が、日本で上映されているかどうかわかりません。上映されていたとしても、日本では映画のタイトルが変えられてしまうことが多いので、日本の題名はわかりません。でも、チョーお勧め映画です。


大阪に着いてから、心が渦を巻いていて、落ち着きません。原因は?不安感です。3年も前から計画していたバーバラ・フュージェーのセミナーがいよいよ実現するのだという興奮と、不安とが、心の中でとぐろを巻いています。声もうわっちょうし。心を落ち着かせようとコーヒーも飲むので、カフェインが逆に不安感に拍車をかけます。アカンナあ
今夜は、大阪のU夫妻と、栗東のトレーナーと食事をしてきました。競馬の話よりも、人生や恋の話になりました。U夫妻の笑顔のせいもありますが、お陰で大分リラックスしてきました。ホテルに戻って、ゆっくりお風呂に入りったせいもあって、これでよく眠れることでしょう。GOOD NIGHT!



スポンサーサイト