FC2ブログ

ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

プンプン

娘が、私と主人を見ながら、うちは全員FAT FAMILY ねっていうんです。そういえば、お腹のぽっこりを気にしなくなってから、もう何年になるでしょうか。いえ、気にしないというのはちょっと違うかな。気にしているのだけれど、何もしないとか、ちょっとしているけれど、ほとんど何もしないとか。日本に行った時に、痩せる漢方を買ったのですが、やっぱりダメでした。主人は、FATと言われても、全く意に介さず、そんなことを心配するのは男の恥だとでもいうように、そっくり返っていますが、私は、気にしてはいるのです。しかし、気になっていても、これ以上どうしたらいいのでしょうか。娘は、週末2時間位のウオーキングに行っているようですが、もちろん、これもあまり効いているようには思えない。ただし、娘は上背があるから、まだ何とかみられるのですが、私は、小さいので、ますます、転がった方が早い感じになりつつあります。散歩?私は、とりあえず、毎日、サリーとの散歩を40分ぐらい。

☆ ☆
サリーと言えば、今日は、ちょっとショックなことがありました。雨が降っていたのですが、やっぱり散歩に行きたいだろうと、ピンクのコート着せて出かけたのです。娘が、サリーのピンクのコートを見て、「その品のないコートは止めてよ。サリーはまるで娼婦のようじゃないのって」言うのです。犬が娼婦のようだって!それにしても、今日の散歩は、ゲンが悪かった。歩いているうちに、サリーは、何度も肢を突っ張って、歩くのを拒否するのです。そうね。雨だからねって、でも歩きましょうねって、最初はまあそんな感じだったのですが、その拒否はますますひどくなりました。ちょうど、散歩のコースを半分位終えたところでしょうか。サリーは、ウンチをして、私がピックアップしようと思ったら、ミシェル・マンクから電話がかかったのです。雨の中で、しかもうんちの前で、そう、10分は話をしていたでしょうか。どうやら、それがサリーの頭にきたようなのです。それから、強引に、散歩拒否をし始めました。雨の中でますます混乱して惨めになるわ・た・し。

☆ ☆
道を渡ろうと思っても、サリーは動きません。仕方がないので、ヨッコイショと、サリーを持ち上げました。が、彼女もFAT FAMILYのメンバー。重いのなんのって。もしかして、無理やり引っ張らないで、少し明るい声でもかけたらと、「サリー、ホラ、もうすぐ家よ」って、彼女を励ます意味で、ちょっと走ったら、今度は、滑って転んでしまいました。イテテテ。そして、サリーはそんな私を冷たく見つめているのです。大変な思いをして、家にたどり着きました。私は頭にきて、サリーの顔をみたくありません。我々二人の間には、もう愛はありません!そんな私の気持ちを見透かすように、サリーは、ソファーで主人にぴったり寄り添っています。私は、まだプンプン。

☆ ☆
プンプンしたいことがもっとあります。娘と二人並んでテレビを観ていたら、クサーッ。「オナラしたでしょ」って言ったら、娘は何と「私、きっと、FOOD POISONING(食中毒)だわ。そうでなかったら、オナラなんかするはずがないわ」って、プンプンして言うのです。プンプンしたいのは私でしょう。そしたら、主人が娘に「よくやった」って。それどうして?主人が「昨日はな。俺は眠れなかったんだぞ。お前のイビキとオナラの二重奏で。12時半になったら眠れるかと思ったら、眠れない。1時半でも、まだうるさい。眠ったのは3時半頃だ」って。私は、まだ主人の話を本当に信じられません。証拠を出せ。

☆ ☆
オナラのことを、私が良く書くので、先日は、メルボルンのアルフレッドから、ディンゴのことを書いてもいいけれども、オナラの話とは一緒にしないで欲しいといわれました。アルフレッドは私のブログを読んでいるのかしら。それから、先日、ツイードへットで、一緒に、展示会の仕事をしたレーシングドライバー社の片山さんが、大阪弁で「ボク、真理子さんのブログ読みましたけれど、面白いですね。一番面白かったのはオナラのことでした。ホンマ、普通の人はあんなことか書かないでしょ。ムッチャ、オモロイワ」って。何度も言うので、私は、何といっていいか分かりませんでした。主人のお母さんとお姉さんは、大変上品な人で、オナラの話やウンチの話をすると気絶するのだそうです。私は何と言う嫁なんだろう。

☆ ☆
今日は理学療法士に行ってきました。若い男性でした。でも、正直言って、彼のアセスメントはなっていない。私の手の痛みの原因は、色々あって、複雑な問題が絡み合っているというところまでは分かったのだけれど、あとは、難しい筋肉のことなど、ムニャムニャムニャと英語で説明されて、ちょっと聞き取れませんでした。しかし、首の後ろを触診したときに、飛び上がるほど痛かったから、そこが原因かなと思ったら、彼もそうだと言いました。ミシェル・マンクの動物のアセスメントは完璧ですが、彼のは点数をつけると50点かな。マッサージとマニュアルトリートメントの後に、あとは4つのパターンのエキササイズをするように言われました。これはほとんど、ミシェルが犬の飼い主に言うことと同じでした。1日2回やるようにいわれたので、今日は3回しました。夜になって頭痛がしてきました。12時にベッドに入ったのですが、手の痛みもあって眠れません。また起きてきて、今、こうして..........主人はゴーゴーとイビキをかいています。
スポンサーサイト