FC2ブログ

ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

だいじょう・び

具合が悪いとブログで書いたら、皆々様からご心配のメールをいただきました。有難うございます。もう、だいじょう・びです。昨日も、今日も、固形食を食べましたが、胃の調子は上々。先ほど、まるまる1週間ぶりに、ジャジャン、CAFEも、飲みました。しかも、大好きなマキアート。カフェイン中毒だった私は、今回のノン・コーヒー・ウイークで、コーヒーがなくても生きることができるんだということを実証しました。コーヒーの代わりに、ティーや、ホットチョコレートを飲んでいました。ほんと、それでも、生きていけるんだ。

☆ ☆
私のコーヒー中毒は、本当に長い長い歴史があります。それは、コーヒー好きな父親からの遺産です。彼はお金がなかったので、実質的な遺産を残さず、胃酸のでるコーヒー文化を私に渡してくれました。仙台のような田舎では、まだ誰も、サイフォンにコーヒーを入れて飲んだりしない時代に、彼は、「綾子、ブルーマウンテンを買ってきてくれ」「今日は、キリマンジャロを飲んでみるか」なんて、母親に挽いたコーヒーを買わせていました。アルコールランプに火をつけると、ブクブクと、お湯がサイフォンを上っていって、上にあるコーヒーと混じって出来上がる本格的なコーヒー。年頃には、体重を気にして砂糖を入れずに飲みましたから、今でも、砂糖を入れたコーヒーは飲めません。

☆ ☆
マキアートは、メルボルン生まれの主人から教えてもらいました。エスプレッソに、たらりと、ミルクを入れて、ほんのちょっとだけミルクの泡をのせるものです。メルボルンでは、もう何十年も前から、コーヒー文化があったのだそうです。ヨーロッパからの移民が多いせいでしょうね。シドニーでは、ここ数年。クインズランド州では、一流ホテルのカフェでも、なかなかいいものが飲めません。作り方もそうですが、豆が悪い。

☆ ☆
さっき、主人と娘と、サリーと一緒に、近所のカフェにブランチに行ってきました。新しいかフェで、人が一杯入っていましたが、味は、スカ。ナンだ、うちで食べた方が美味しかったねって、皆で帰ってきました。主人が「まあ、いかなければ、もうあそこには、行かない方がいいって分からなかっただろう」って、哲学的な感想。それもそうだ。付き合ってみなければ、付き合わなかったほうが良かったなって分からないのと同じ。でしょ。

☆ ☆
さあ、ブログなんか書いてないで、競馬ブックの原稿を書かなければ。愛犬の友の、犬の葬式の話も書かなくちゃ。私は、小学校から、締め切りがないと、勉強しないタイプ。それにしても、競馬の原稿、明日までできるかな。ドキドキ。あっ、また胃が悪くなる!
スポンサーサイト