FC2ブログ

ようこそ!ハイランド真理子のブログです。

オーストラリア在住。団塊の世代。海外の競馬や犬事情も含んだ日記です。

アゴとパンツ

もう、30年近く英語を使っているのに、英語は、本当に難しい!昨日はまた失敗してしまいました。既にブッキングされている部屋を空けてくれましたという表現をしかったのに、彼は、部屋で排泄をしてしまいましたと言ったらしいのです。部屋をあけるという意味で使った英語は、EVACUATE, 使わなくてはいけない英語は、VACATE。私の電話を部屋の外で聞いていた主人が、「お前、今、部屋にPOO(うんち)したと言ってたぞって..........ひゃあ........その後の電話で、言った相手に、ごめんあそばせ、と謝ったら、いえ、大丈夫です。想像がつきましたから.......と。冷や汗タラリ。それにしても、前にも、ひどい間違いをしたことがあります。本当に驚いたことを、英語では、ただし英語の文語では、Jaw-dropping といいます。顎をおとして、すごおおいという感じ。それを、私は、電話で、dropping my pants、つまりパンツを落としてしまったといったことがあるのです。電話口で、相手は、Oh, don't drop you pants! パンツを脱いではいけないよって。何とまあ恥ずかしい。したがって、主人から、私は、英語の難しい表現を使わないようにと指示を受けています。でも、使いますが。

☆ ☆
本当に言葉は、何年勉強しても難しいです。毎日が勉強。でも、それが楽しいのだと思います。私が、同年代の他人より、ほんの少しだけ、若いかなあと思えるのは、こうして毎日、何か新しいことを学んでいるからだと思います。だから、死ぬのが残念なのは、墓に入ると、新しいことが覚えられないこと。だから、死んだらお棺の中に、携帯電話か、PCを入れて欲しいな。これだと寂しくないでしょう。


☆ ☆
日本から戻ってきて、下の娘が、本当に優しい。お母さん、HUGって寄ってきてくれるのは、本当に一緒に旅をしたお陰です。一緒にいた時には、ぶん殴ろうと思ったことが何度も。でも、殴らなくてよかった。旅行から戻って、楽しかったわよと、あまり詳細を言わずに、上の娘に旅の報告したら、今度は、その娘が、一緒に、日本に来るっていうのです。ドキッ。私は、再来週、もしかして来週から、香港経由で日本に行くのですが、オーストラリアのゲストが帰ってからの後半に上の娘が日本に来ることになりました。彼女が日本に来るのは14年ぶり?その間、彼女の心の病気も含めて、色々あったので、まあ、快気祝いかな。そうなるといいな。娘は、自分で何とかお金を貯めたから、心配しなくていいと言っていましたが............。彼女は、私たちのようには、安い航空運賃は探せなかったようです。往復1200ドル。税込みだから、まあ順当なところ。一緒に仙台に行ってやろうと思います。


☆ ☆
私は、今まで、自分の夢を追い続けて、子供たちのことをほっぽらかしにした気がしています。でも、娘たちは何とかついてきてくれました。そんな娘たちに、今度は、私が少し、時間を作ってあげるのは当然のような気がしています。2ヶ月の間に、2度も、娘たちとの旅行。夢のようですよね。

☆ ☆
今日は、3日ぶりに、固形食を食べました。昼に、ミィーティングがあって日本食レストランに行ったので、鮨を3個ほど。豆腐も少し。夜は、主人が、クリームパスタを作ってくれました。量は食べませんでしたが、少しお腹の足しになったような気がします。その後、ミルクに、蜂蜜入れて、スリッパリーエルム(楡の木の粉)を溶かして飲みました。ショウガのお茶も。ストレス性の胃痛ですが、自然療法で直したいと思います。

SOUP THERAPY

胃の調子が悪いなということは、ここ何日か分かっていました。口が臭いのも1つ。ちょっと、もたれているような感じがしていることそうでした。それを無視して、仕事をしようとしたのが悪かったのでしょう。今朝、2時ごろ仕事を終えてベッドに行くと、キリキリと錐で裂かれるような痛みが。寝ている主人を起こさないように静かにベッドに入ったつもりでしたが、やっぱり起こしてしまいました。スミマセン。横になっても、なかなか痛みがとれません。3時ごろまた起きて薬を飲みましたが、やっぱりダメでした。うつらうつらと数時間。でも、痛みはとれません。コーヒーを4杯飲んだのは、私のオーマイミステイク!朝、サリーが、私のベッドに来て、痛みをこらえながら寝ていた私に、ずっと傍についてくれていたのは、何だかとても嬉しかった。

☆ ☆
今日は珍しく、半休をとりました。ご飯も食べられません。何が何でも食事をとるのが私のエネルギーのもとなのに、無理。ヨーグルトをちょっと食べて、どうしても、行かなければならない午後の仕事に。
主人が、今晩は、パンプキンスープを作ってくれました。痛みはありますが、スープなら喉を通ります。彼の心がこもった暖かいスープ。pumkin soup


そういえば、この前も、調子が悪くなったときに、主人は、カリフラワースープを作ってくれました。これも、本当に美味しかった。calif soup
それから、マッシュルームスープも。どうやって作るのか、食べるのに忙しくて、作り方を聞いたことがありません。今度聞いて、皆さんにお知らせします。主人は、スープに、いつもソージャー(兵隊さん)を付けてくれます。これは、トーストを細く木ってスープに添えるもので、見た目に、玩具の兵隊のような感じがします。冬は、身体の調子が悪くなくても、暖かいスープが一番。

☆ ☆
おおお、イタ。痛みがひどくなりました。今夜はこれで寝ます。ご心配なく。私は、いつもストレスや疲れが来ると、必ず、胃と腸が痛くなるのです。休みをとれば、すぐ直るんです。その休みが取れないのが、痛みのもと。でも、主人のSOUP THERAPYで、きっとすぐよくなります。